豚肉を使用した「開化丼」(関東)

他人丼(たにんどん、たにんどんぶり)とは、鶏肉以外の肉(牛肉豚肉など)をタマネギなどと一緒に割下で煮て、鶏卵でとじて丼飯の上に乗せた、丼物の一種である[1]。牛肉を用いたものは牛とじ丼とも呼ばれる。親子丼が肉、玉子ともに鶏を使用し親と子に見立てて由来されたのに対し、他人丼は別の種を使用していることに由来する。

呼称編集

主として西日本で使用される名称で、基本的に牛肉が用いられる[2]関東地方では牛肉や豚肉を使用した同種の料理を「開化丼」と呼称する。これは明治初年に始まった文明開化の象徴となる畜肉料理であったからといわれている[3]

脚注編集

  1. ^ 広辞苑 第六版【他人丼】
  2. ^ 開化丼じゃない? 牛肉の入った丼を「他人丼」と呼ぶ関西”. ITmedia NEWS (2013年3月16日). 2019年8月22日閲覧。
  3. ^ 広辞苑 第六版【開化丼】

関連項目編集

  • 親子丼 - 同様の方法で鶏肉を用いて調理した料理
  • 玉子丼 - 同様の方法で肉を用いずに調理した料理