メインメニューを開く

仙台市消防ヘリポート

宮城県仙台市にある非公共用ヘリポート

仙台市消防ヘリポート(せんだいししょうぼうヘリポート)は、宮城県仙台市若林区荒浜にある非公共用ヘリポート。移転を計画中。

仙台市消防ヘリポート
仙台市消防航空隊「けやき」
宮城県防災航空隊「みやぎ」
IATA: なし - ICAO: なし
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 宮城県仙台市若林区荒浜字今切29-2
種類 非公共用
所有者 仙台市
運営者 仙台市消防局
運用時間 8:30-17:00
開設 2001年2月1日
所在部隊 仙台市消防航空隊
宮城県防災航空隊
標高 5.7 m (19 ft)
座標 北緯38度13分43秒 東経140度59分3秒 / 北緯38.22861度 東経140.98417度 / 38.22861; 140.98417座標: 北緯38度13分43秒 東経140度59分3秒 / 北緯38.22861度 東経140.98417度 / 38.22861; 140.98417
地図
仙台市消防ヘリポートの位置(宮城県内)
仙台市消防ヘリポート
仙台市消防ヘリポート
仙台市消防ヘリポートの位置(日本内)
仙台市消防ヘリポート
仙台市消防ヘリポート
滑走路
方向 長さ (m) 表面
? ?
ヘリパッド
番号 長さ×幅 (m) 表面
16/34 25×20 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

目次

概要編集

仙台市消防局が管理するヘリポートであり、仙台湾に面した防砂林の一角にある。仙台市消防航空隊及び宮城県防災航空隊が拠点を置いている。仙台市と宮城県の庁舎がそれぞれあり、消防防災ヘリコプターの整備・格納はそれぞれに行っている。

また、仙台市消防局では、ヘリポート内に若林消防署荒浜航空分署を設置しており、救助工作車消防ポンプ車高規格救急車を置いて、近隣地区の消防活動の拠点ともなっている。

2011年3月11日東北地方太平洋沖地震に伴う東日本大震災による大津波に襲われ、県の防災航空隊のヘリコプターや市の消防車両が津波に流されて使用不能となるなど壊滅的な被害を受けた。仙台市消防航空隊の2機のヘリコプターだけが津波の来る直前に飛び立ち、避難誘導や救出活動にあたっている[2]

移転計画編集

津波で被災した現在のヘリポートを移転する方針を宮城県消防課が打ち出し、2012年8月には新ヘリポートの基本設計業務について一般競争入札を実施している[3]2016年度に利府町グランディ21北側の県有林内に移転する方向で検討されていたが[4][5]、2014年11月、建設費用の高騰が見込まれることから利府への移転を断念し、別の場所への移転を進めるとした[6]2015年4月、宮城県は仙台市に対し、2017年度移転を目指し、岩沼市下野郷地区の仙台空港隣接地にある県有地への移転を提案した[7]。同年5月、仙台市は宮城県の提案を受け入れる方針を固めた。計画では、仙台空港隣接地に格納庫を建設し、仙台市と宮城県で共同利用する。ヘリの離着陸は隣接する仙台空港の滑走路を使用する予定である[8]

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集