メインメニューを開く

仲宗根 政善(なかそね せいぜん、1907年4月26日 - 1995年2月14日)は、日本教育者言語学者琉球大学名誉教授。

目次

概要編集

沖縄県今帰仁村生まれ。旧制福岡高等学校を経て、1929年(昭和4年)東京帝国大学国文科卒。沖縄第一高等女学校沖縄師範学校女子部で教え、1945年(昭和20年)ひめゆり学徒隊の引率教官となる。戦後沖縄の教育行政に当たり、琉球大学教授、副学長、1978年(昭和53年)沖縄言語センター代表。1984年(昭和59年)「沖縄今帰仁方言辞典」で日本学士院賞恩賜賞受賞。服部四郎外間守善とともに『伊波普猷全集』を編纂した。

著書編集

  • 沖縄の悲劇 華頂書房 1951
  • 実録ああひめゆりの学徒 文研出版 1968
  • 沖縄の悲劇 ひめゆりの塔をめぐる人々の手記 東邦書房 1974
  • ひめゆりの塔をめぐる人々の手記 角川書店 1980.6 のち文庫
  • 石に刻む 沖縄タイムス社 1983.5
  • 沖縄今帰仁方言辞典 今帰仁方言の研究・語彙篇 角川書店 1983.2
  • 琉球方言の研究 新泉社 1987.12
  • 蚊帳のホタル 沖縄タイムス 1988.10
  • 琉球語の美しさ ロマン書房本店 1995.7
  • ひめゆりと生きて 仲宗根政善日記 琉球新報社 2002.8

記念論集編集

  • 琉球の言語と文化 仲宗根政善先生古稀記念編 論集刊行委員会 1982.6

参考編集