服部四郎

1908-1995, 言語学者。東京大学名誉教授。

服部 四郎(はっとり しろう、1908年〈明治41年〉5月29日 - 1995年〈平成7年〉1月29日)は、日本言語学者東京大学名誉教授。

服部 四郎
人物情報
生誕 (1908-05-29) 1908年5月29日
日本の旗 日本三重県鈴鹿郡亀山町(現・亀山市)
死没 (1995-01-29) 1995年1月29日(86歳没)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学
学問
時代 昭和
研究分野 言語学
研究機関 東京大学
指導教員 藤岡勝二
橋本進吉
金田一京助
小倉進平
学位 文学博士
主な業績 言語研究の基盤を強化
主要な作品 『日本語の系統』
『言語学の方法』
『邪馬台国はどこか』など
影響を
受けた人物
安藤正次
学会 日本言語学会
主な受賞歴 勲二等旭日重光章
NHK放送文化賞
文化勲章
テンプレートを表示

人物 編集

1908年、三重県鈴鹿郡亀山町(現・亀山市)生まれ。第一高等学校時代に読んだ安藤正次の『言語学概論』で、日本語の起源が不明であることを知り、言語学を志すようになった。 1931年東京帝国大学文学部言語学科卒業。言語学、国語学アイヌ語朝鮮語モンゴル語満洲語トルコ語中国語などを、藤岡勝二橋本進吉金田一京助小倉進平らに教わる。大学での同期には有坂秀世がいた。また、学部時代に、琉球(沖縄)出身の仲宗根政善インフォーマントとして言語調査を行っている。

1933~1936年には、日本学術振興会の援助を受け、旧満洲国北部ハイラルなどで、モンゴル語、ブリヤート語やタタール語などのアルタイ諸語の研究を行った。1943年、文学博士の学位を取得(学位請求論文:「元朝秘史蒙古語を表はす漢字の研究」)。

職歴 編集

業績・評価 編集

言語学者として、日本語琉球語アイヌ語朝鮮語モンゴル諸語満州語テュルク諸語アルタイ諸語)、中国語英語ロシア語など多岐に渡る言語を研究した[1]。これは言語学を「各個別言語を通して究極的に人間の言語能力の解明を目指す学問」と捉えていたからとされる[1]。それら研究対象言語には話者インフォーマント)に直接学び、フィールドワークでの言語学の方法論を取った。また、無文字社会の言語の研究のみならず、万葉集元朝秘史などの文献に基づく言語学も行っていることから、文献学もまた言語の解明に不可欠なものと見ていた[2]歴史言語学比較言語学の方面においても、日本語諸方言アクセントの比較研究、厳密な音声学に基づく日本語と琉球語の同系関係の証明、古モンゴル語の音韻史の解明などもある[2]

従来の外国の言語理論や学説をただ輸入するのではなく、厳密な実証主義経験科学に基づき、独自に理論や学説を修正、精密化した[2]。輸入学問の側面が強かった言語学を改め、日本におけるサイエンスとしての言語学の確立を成したとされる。業績は、国内外を問わず、言語学そのものの進展に貢献した。

1955年頃からは少数言語として、アイヌ語・琉球語の研究に本格的に着手している。危機に瀕する言語としての認識を持ち、精力的に研究を行ったほか、急務を要する重要性の高い研究であることを度々主張した[3]危機言語研究の先駆けをなすものとして評価されるものである。1964年に公刊された『アイヌ語方言辞典』はその成果である。教育者としても多くの研究者を指導した。

デニス・サイナー英語版は「東方学」(2002年)所収の「常設国際アルタイ学会(PIAC)の四十五年――歴史と回想」の中で、1995年には「二人の偉大な日本人アルタイ学者、服部四郎と村山七郎が亡くなった。」と述べている。2003年に国際日本文化研究センターより刊行された『日本語系統論の現在』(アレキサンダー・ボビン/長田俊樹 共編)の冒頭にも、「This book is dedicated to the four scholars who contributed the most to the study of the origins of the Japanese language in the 20th century: Hattori Shiro, Samuel E.Martin, Murayama Shichiro, and Osada Natsuki.」(本書を20世紀における日本語の起源・系統研究に最も貢献した服部四郎、サミュエル・E・マーチン村山七郎長田夏樹の4人の先達に捧ぐ。)とある。

家族・親族 編集

「私生活では、モンゴルタタール族の王女を娶った[4]」との記述があるが、これはスキャンダルを好むマスコミのサービス的報道に基づく認識であり、服部四郎が残した記録には王女である証拠はない。また、モンゴルではなく、現ロシアペンザ州から満州ハイラルへ亡命したタタール族である。「満州・ハイラルに言語のフィールド調査に来ていた服部四郎は、インフォーマントとして、亡命したタタール族からタタール語を教わっており、その時出逢った女性を娶った」というのが、記録に基づく正確な事実である。なお、娶った女性の国籍は、行政等の資料では「無国籍人」となっている。

受賞・栄典・顕彰 編集

著書 編集

単著 編集

  • 『アクセントと方言』 明治書院 1933年
  • 『現代語の研究と土耳古諸方言』 帝国学士院 1941年
  • 『蒙古とその言語』 湯川弘文社 1943年
  • 『元朝秘史の蒙古語を表はす漢字の研究』 文求堂 1946年
  • 『蒙古字入門』 文求堂 1946年
  • 『国語ローマ字の綴字法の研究』 研究社 1947年
  • 『金と銀のさいころ[アルタイ系諸族昔ばなし]』 彰考書院 1948年
  • 『音声学』 岩波書店 1951年
  • 『音韻論と正書法』 研究社 1951年
  • 『服部四郎教授 言語学論文集 I・II』 東京大学言語学教室 1954年。謄写版刷
  • 『基礎語彙調査表』 東京大学言語学教室 1957年
  • 日本語の系統』 岩波書店 1959年
  • 『言語学の方法』 岩波書店 1960年
  • 『英語基礎語彙の研究』 三省堂 1968年
  • 『服部四郎退職記念 論文集』1969年。私家版
  • 『新版 音韻論と正書法-新日本式つづり方の提唱』 大修館書店 1979年、再版1990年
  • 音声学-録音カセットテープ、同テキスト付-』 岩波書店 1984年
  • 『服部四郎論文集 第1巻 アルタイ諸言語の研究 I』 三省堂 1986年
  • 『服部四郎論文集 第2巻 アルタイ諸言語の研究 II』 三省堂 1987年
  • 『服部四郎論文集 第3巻 アルタイ諸言語の研究 III』 三省堂 1989年
  • 『邪馬台国はどこか』 朝日出版社 1990年
  • 『一言語学者の随想』 汲古書院 1992年
  • 『服部四郎論文集』 第4巻 アルタイ諸言語の研究 IV』(英文) 三省堂 1993年
  • 『日本語の系統』 岩波文庫 1999年(1959年版を改訂、全12篇。大江孝男解説)
  • 『服部四郎 沖縄調査日記』 汲古書院・汲古選書 2008年。服部旦編
  • 『日本祖語の再建』 上野善道補注、岩波書店 2018年

共著 編集

編著 編集

  • 『蒙古文鈔』 文求堂 1939年
  • 『アイヌ語方言辞典(第1刷)』岩波書店 1964年
  • 『言語の系統と歴史』 岩波書店 1971年
  • 『アイヌ語方言辞典(第2刷)』岩波書店 1981年
  • 『言語学ことはじめ』 (私家版)1984年
  • 『アイヌ語方言辞典(第3刷)』岩波書店 1995年

共編著 編集

  • 『蒙文元朝秘史 (一) 』 都○爾扎布 文求堂 1939年
  • 『世界言語概説 下巻』 (市河三喜博士と共編) 研究社 1955年
  • 伊波普猷全集』(全11巻、仲宗根政善外間守善と編集委員)平凡社 1974-76年
  • 『日本の言語学 第3巻:文法I』(大野晋阪倉篤義松村明と共編)大修館書店 1978年
  • 『日本の言語学 第4巻:文法II』(大野晋、阪倉篤義、松村明と共編)大修館書店 1979年
  • 『日本の言語学 第1巻:言語の本質と機能』(川本茂雄、日下部文夫、柴田武と共編)大修館書店 1980年
  • 『日本の言語学 第7巻:言語史』 (亀井孝築島裕と共編)大修館書店 1981年
  • 『日本の言語学 第8巻:総索引』(川本茂雄、柴田武と共編)大修館書店 1985年
  • Proceedings of the 13th International Congress of Linguists, August 29-September 4, 1982, Tokyo』 (Shiro HattoriKazuko Inoue 編)Proceedings Publishing Committee 1983年
  • Language Atlas of the Pacific Area. Part I.II』 (S.A WurmShiro Hattori 編) The Australian Academy of the Humanities in collaboration with the Japan Academy 1981年、1983年 NCID BA03264272

訳書 編集

  • 『「音素」の定義』 トワデル英語版著 研究社 1959年
  • 『失語症と言語学』 ロマーン・ヤーコブソン著 (編・監訳) 岩波書店 1976年
  • 『ロマーン・ヤーコブソン選集 II :言語と科学』 (編・監訳) 大修館書店 1978年
  • 『ロマーン・ヤーコブソン選集 I:言語の分析』 (編・監訳) 大修館書店 1986年
  • 『構造的音韻論』 ロマーン・ヤーコブソン著 (編・監訳) 岩波書店 1996年

論文 編集

  • 服部四郎「日本祖語について」-『月刊言語』7巻1号-8巻12号 大修館書店 1978-79年
    『日本祖語の再建』(岩波書店)の元版で、上野善道が校訂・補注
    • 服部四郎(1978.01)「日本祖語について・1」『月刊言語』7巻1号
    • 服部四郎(1978.02)「日本祖語について・2」『月刊言語』7巻2号
    • 服部四郎(1978.03)「日本祖語について・3」『月刊言語』7巻3号
    • 服部四郎(1978.04)「アルタイ諸言語・朝鮮語・日本語の母音調和」『月刊言語』7巻4号
    • 服部四郎(1978.06)「日本祖語について・4」『月刊言語』7巻6号
    • 服部四郎(1978.07)「日本祖語について・5」『月刊言語』7巻7号
    • 服部四郎(1978.08)「日本祖語について・6」『月刊言語』7巻8号
    • 服部四郎(1978.09)「日本祖語について・7」『月刊言語』7巻9号
    • 服部四郎(1978.10)「日本祖語について・8」『月刊言語』7巻10号
    • 服部四郎(1978.11)「日本祖語について・9」『月刊言語』7巻11号
    • 服部四郎(1978.12)「日本祖語について・10」『月刊言語』7巻12号
    • 服部四郎(1979.01)「日本祖語について・11」『月刊言語』8巻1号
    • 服部四郎(1979.02)「日本祖語について・12」『月刊言語』8巻2号
    • 服部四郎(1979.03)「日本祖語について・13」『月刊言語』8巻3号
    • 服部四郎(1979.04)「日本祖語について・14」『月刊言語』8巻4号
    • 服部四郎(1979.05)「日本祖語について・15」『月刊言語』8巻5号
    • 服部四郎(1979.06)「日本祖語について・16」『月刊言語』8巻6号
    • 服部四郎(1979.07)「日本祖語について・17」『月刊言語』8巻7号
    • 服部四郎(1979.08)「日本祖語について・18」『月刊言語』8巻8号
    • 服部四郎(1979.09)「日本祖語について・19」『月刊言語』8巻9号
    • 服部四郎(1979.10)「日本祖語について・20」『月刊言語』8巻10号
    • 服部四郎(1979.11)「日本祖語について・21」『月刊言語』8巻11号
    • 服部四郎(1979.12)「日本祖語について・22」『月刊言語』8巻12号

目録 編集

  • 『服部四郎著書論文目録』 服部四郎先生の古稀をお祝いする会 1980年
  • 『服部四郎著書論文目録 増補改訂版』 汲古書院 1991年

その他 編集

  • Studies in general and oriental linguistics, presented to Shiro Hattori on the occasion of his sixtieth birthday』 (Roman Jakobson、Shigeo Kawamoto 編) TEC Co、1970年
  • 『現代言語学』 服部四郎先生定年退官記念論文集編集委員会 三省堂 1972年

関連施設等(データベース・危機言語研究関係等) 編集

関連組織等 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 同僚には西脇順三郎松本信広辻直四郎福原麟太郎市河三喜井筒俊彦らがいた。
  2. ^ 琉球方言研究クラブ発足の契機となる。

出典 編集

  1. ^ a b 上野善道 2020, p. 47.
  2. ^ a b c 上野善道 2020, p. 48.
  3. ^ 上野善道 2020, p. 49.
  4. ^ 鈴木孝夫田中克彦『対論 言語学が輝いていた時代』(岩波書店2008年

参考文献 編集

  • 上野善道「新日本語学者列伝・服部四郎」『日本語学』第31巻第12号、明治書院、2012年10月、74-84頁。 
  • 上野善道「服部四郎」『日本語学』第39巻第1号、明治書院、2020年3月、46-49頁。