メインメニューを開く

伊勢 史郎(いせ しろう、1961年 - )は、日本の工学者、東京電機大学教授。音響工学専攻。

目次

略歴編集

東京都生まれ。1984年早稲田大学理工学部電気通信学科卒業後、コルグに入社。早稲田大学大学院修士課程、1991年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、「建築音響におけるアクティブノイズコントロールに関する研究」で工学博士奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科助手、ケンブリッジ大学研究室客員研究員、2003年京都大学工学部准教授[1]。2013年東京電機大学情報環境学部教授[2]。JST CREST研究代表者。

著作編集

  • 『快感進化論 ヒトは音場で進化する』現代書館、2003年
    マイケル・ポランニーらの概念「創発」と、「自己組織化」という概念をほぼ同じものとみなしている。また、ドーキンスの概念「ミーム」は比喩ではなく物理的実体であるとする。伊勢が学んだ経済人類学者・栗本慎一郎も「快感進化論」を提起しているが、栗本の場合それはウイルス進化論である。いっぽう伊勢の本書では事項索引に「ウイルス」も「レトロウイルス」も出てこず、「進化」とは必ずしも遺伝子レベルの生物進化のことではなく、「暗黙知の階層を上がる」ことを表している。
  • 『知の場の理論―身体論の音響学的アプローチ』ぶQ出版センター・有明双書、2013年

共著編集

栗本慎一郎との関わり編集

科学者とは何か、大学とは何かと考えていたポスドク時代に、『週刊朝日』に連載された栗本慎一郎の「間違いだらけの大学選び」を読んで関心を持ち、1993年栗本慎一郎自由大学に入学した[3]。伊勢が自著の題名に用いた「快感進化論」は元々、栗本の『パンツを捨てるサル』での造語であった。栗本はそもそも、経済人類学カール・ポランニーの市場社会論の延長で、「非市場社会から市場社会への転換は生物進化であった」という仮説として快感進化論を提起したが、伊勢の著書は経済問題には軽く触れる程度であり、カールの弟の物理化学者で科学哲学者マイケル・ポランニーについては人名索引に10個以上もページ番号が並ぶのに対して、カールについては全く触れていない。自著『快感進化論』は「栗本ミーム」の複製だ、と付録で述べている。栗本も前書きとして解説文を寄稿している。

出典編集

  1. ^ 「快感進化論」著者紹介
  2. ^ 情報環境学部 教員・研究室一覧
  3. ^ 『快感進化論』付録

外部リンク編集