メインメニューを開く

伊号第三百七十潜水艦

日本の一等潜水艦
Japanese submarine I-370.jpg
回天を搭載して出撃する伊370
大津島基地、1945年2月21日[1]
艦歴
計画 昭和18年度計画(改マル5計画
起工 1943年12月4日
進水 1944年5月26日
就役 1944年9月4日
その後 1945年2月26日戦没
除籍 1945年4月10日
性能諸元
排水量 基準1,440t、常備1,779t
水中2,215t
全長 73.50m
全幅 8.90m
吃水 4.76m
機関 艦本式23号乙8型ディーゼル2基2軸
水上:1,850馬力
水中:1,200馬力
速力 水上:13.0kt
水中:6.5kt
航続距離 水上:10ktで5,000海里
水中:3ktで120海里
燃料 重油:282トン
乗員 55名
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm単装機銃2挺
53cm魚雷発射管 艦首2門、魚雷2本
備考 安全潜航深度:75m
物資搭載量:艦内65トン、艦外20トン[2]

伊号第三百七十潜水艦(いごうだいさんびゃくななじゅうせんすいかん)は、大日本帝国海軍潜水艦伊三百六十一型潜水艦の10番艦。

艦歴編集

1942年昭和17年)の昭和18年度計画(改マル5計画第5470号艦として建造が計画され、、三菱重工業神戸造船所1943年12月4日起工、1944年5月26日進水、1944年9月4日に竣工した。佐世保鎮守府籍となり、訓練部隊の第六艦隊第11潜水戦隊に編入。

11月4日、伊370は第7潜水戦隊に編入。

1945年、伊370はに移動して回天5基を搭載。

2月20日、回天特別攻撃隊(千早隊)として日米軍の戦闘が行われている硫黄島方面へ向かうべく光を出港していくのを最後に消息不明。

アメリカ側記録によると、26日日の出頃、硫黄島からサイパンへの帰途船団を護衛していた米駆逐艦フィネガン英語版は、硫黄島南方沖合で浮上航走中の潜水艦をレーダーで発見し、船団から分離して潜水艦に向かう。それから8分後、レーダーの光点が消え、潜水艦は急速潜航していった。0659、フィネガンはソナーで潜水艦を探知し、ヘッジホッグを投下するも失敗。続けて炸裂深度を深く設定した爆雷13発とヘッジホッグを投下。1000、炸裂深度を中深度に設定した爆雷13発を投下。5分後、深いところからくぐもった爆発音を聴取。まもなく大量の気泡が浮かび、続けて海中での小爆発を聴取。そして重油の流出と潜水艦のものと思われる残骸が浮かんでくるのを確認し、残骸を回収した[3]。これが伊370の最期であり、艦長の藤川進大尉以下回天搭乗員5名、回天整備員5名を含む乗員94名全員戦死。沈没地点は硫黄島南方沖合、北緯22度44分 東経141度26分 / 北緯22.733度 東経141.433度 / 22.733; 141.433

3月14日硫黄島付近で沈没と認定、4月10日に除籍された。

歴代艦長編集

艦長編集

  1. 藤川進 大尉:1944年9月4日 - 1945年2月26日戦死[4]

脚注編集

  1. ^ 『ハンディ判 日本海軍艦艇写真集20巻』69頁。
  2. ^ 数値は『写真 日本の軍艦』の解説より。『艦長たちの軍艦史』によると伊361型の搭載量は艦内65トン、艦外40トンで合計105トン
  3. ^ 小灘、片岡, 169ページ
  4. ^ 『艦長たちの軍艦史』446頁。

参考文献編集

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』光人社、1990年。ISBN 4-7698-0462-8
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ判 日本海軍艦艇写真集20巻』潜水艦伊号他、光人社、1998年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 小灘利春、片岡紀明『特攻回天戦 回天特攻隊隊長の回想』海人社、2006年、ISBN 4-7698-1320-1

関連項目編集