メインメニューを開く

伊奈 忠政(いな ただまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名武蔵小室藩第2代藩主。関東代官

 
伊奈忠政
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正13年(1585年
死没 元和4年3月10日1618年4月5日
別名 通称:熊蔵
戒名 安養院殿前筑州大守万休一声大居士
墓所 埼玉県鴻巣市本町の勝願寺
官位 従五位下右馬助筑後
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠
武蔵小室藩
氏族 伊奈氏
父母 父:伊奈忠次、母:深津氏
兄弟 忠政忠治日誉源貞(忠武)忠公忠雪長直忠氏内藤正成室、宮田主馬室、
向井忠宗
正室:酒井重忠
忠勝忠隆加賀爪直澄正室、
片桐孝利正室

生涯編集

天正13年(1585年)、徳川氏の家臣・伊奈忠次の嫡男として誕生。

父に従って徳川家康の下で奉行職に就いていた。関ヶ原の戦いやその前哨戦である会津征伐などに従軍、主に小荷駄奉行などの後方支援などに従事したようである。家康が江戸に入ると父と共に検地や新田開発、河川改修に携わり、慶長15年(1610年)に父・忠次が死去すると、遺領を相続し関東代官職を継いだ。

その後も大坂の陣に従軍。冬の陣では外堀を埋め立てる際に普請奉行を務め、長柄川を堰き止める作業などに才を発揮、また夏の陣では首級を30挙げるなど活躍した。

元和4年(1618年)、死去。享年34。所領・家督は幼少の嫡男・忠勝が、関東代官職は弟の忠治がそれぞれ継いだ。

「日本一小さな東照宮」として知られる千葉県船橋市船橋東照宮は、家康の命を受けた忠政が建立したものと伝わる。