メインメニューを開く

伊能忠敬旧宅

千葉県の史跡

伊能忠敬旧宅(いのうただたかきゅうたく)は、千葉県香取市佐原にある伊能忠敬の佐原在住時代の家で、国の史跡に指定されている。

伊能忠敬旧宅
Inou-tadataka-house,katori-city,japan.JPG
所在地 千葉県香取市佐原イ1899
位置 北緯35度53分17.54秒 東経140度29分52.56秒 / 北緯35.8882056度 東経140.4979333度 / 35.8882056; 140.4979333座標: 北緯35度53分17.54秒 東経140度29分52.56秒 / 北緯35.8882056度 東経140.4979333度 / 35.8882056; 140.4979333
類型 商家
形式・構造 木造平屋建て、切妻造瓦葺
文化財 国の史跡
テンプレートを表示
帳場

概要編集

伊能忠敬旧宅は、平屋造の瓦葺で、正門・炊事場・書院からなる母屋店舗土蔵からなる。

母屋は玄関、書斎、納戸などの5室、建坪は24坪で、店舖は店および居間などがあって建坪32坪である。

伊能家は佐原の有力な家の一つであり、酒造業や米穀売買業などを営んでいたが、忠敬は1762年宝暦12年)に17歳で伊能家に婿養子に入り、1795年寛政7年)50歳で江戸に出るまでこの旧宅に住んでいた。店舗・正門は忠敬が来る前に建てられ、書院は忠敬が設計したと伝えられている。

旧宅の南側の奥には観音開きの戸が広まる以前の引き戸形式の戸を持つ土蔵が建っており、かつては忠敬の遺品の多くが納められていた。

以前は旧宅の敷地内に伊能忠敬記念館があったが、現在は旧宅前の小野川をはさんで向かいに建っている。また、旧宅の敷地内には旧宅前の樋橋により対岸に水を渡していた水路が残っている。

1930年(昭和5年)4月25日、国の史跡に指定された。

所在地編集

  • 千葉県香取市佐原イ1899

交通編集

  • JR佐原駅 徒歩15分
  • 高速バス 東京駅-佐原駅北口-銚子 千葉交通バス、佐原駅北口バス停下車 徒歩15分
  • 高速バス 東京駅-佐原駅-鉾田駅 関鉄グリーンバス、八坂神社バス停下車 徒歩8分

周辺情報編集

外部リンク編集