メインメニューを開く

香取市(かとりし)は、千葉県北東部の香取地域にある佐原を中心部とするである。

かとりし
香取市
Katori montage.jpg
Flag of Katori Chiba.JPG
香取市旗
2006年9月3日制定
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
団体コード 12236-0
法人番号 9000020122360
面積 262.35km2
総人口 74,382[編集]
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 284人/km2
隣接自治体 成田市匝瑳市旭市香取郡神崎町多古町東庄町
茨城県稲敷市潮来市神栖市
市の木 サクラ
市の花 アヤメハナショウブカキツバタ
市の鳥 ヨシキリ(オオヨシキリ、コヨシキリ)
香取市役所
市長 宇井成一
所在地 287-8501
千葉県香取市佐原ロ2127
北緯35度53分51.8秒東経140度29分57.1秒
香取市役所
外部リンク 公式ウェブサイト

香取市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

佐原は古くからの「街道」と「水運」が交差する交通の要衝であり、伊能忠敬が商人として活躍していた商家町として下利根随一の河港商業都市に発展する[1]。また、香取神社の総本社である香取神宮の参道の起点として参詣客を迎える鳥居前町としても賑わう。現在でも佐原重要伝統的建造物群保存地区に代表される水郷の町並みが色濃く残り、歴史的建造物が多く現存する。市は水の郷百選、歴史的町並みは商家町「佐原」として日本遺産に認定[2]水郷佐原あやめパークを始めとする水郷地帯は水郷筑波国定公園に指定されている。

目次

地理編集

 
佐原地区周辺の空中写真。
1984年撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

2006年平成18年)3月27日に、佐原市香取郡小見川町山田町栗源町合併して成立[3]。「水郷」と呼ばれる国道51号沿線の利根川付近の都市の一つであり、佐原商家町香取神宮鳥居前町として有名である。香取神宮は日本神話大国主の国譲りの際に活躍する経津主神(フツヌシ)を祭っていることで有名な神社であり、同じく国譲りの際に活躍する武甕槌神(建御雷神、タケミカヅチ)を祭っている鹿島神宮を擁する鹿嶋市との関係が深い。なお、「かとり」という地名の語源については、「梶取」「神鳥」「鹿取」など諸説ある。「香取」という表記は、現存の文書中最も古くにみえるのは、日本に現存する最古の和歌集である『万葉集』「第11巻2436番」に寄物陳思(ものによせておもひをのぶ)として、「香取海(香取の海)」と記されている[4]

 『万葉集』「第11巻2436番」より和歌の詳細については、以下を参照。

『万葉集』「第11巻2436番」より
原文
大船 香取海 慍下 何有人 物不念有
和歌
大船の 香取の海に いかり下ろし いかなる人か 物思はずあらむ
(訳)
大船の香取の海に碇を下ろし、いかなる人が物思いをしないでいられようか。

千葉県の北東部に位置し、利根川を挟んで対岸の茨城県と接する。市全体が低地部と台地部で占められていることから田畑に適しており、農業が基幹産業となっている。米の出荷量は千葉県で第1位である。成田市への通勤率は12.7パーセント(平成22年国勢調査)。

隣接している自治体編集

観光編集

佐原の町並み
小野川沿いの町並み
樋橋(とよはし)
水郷佐原あやめパーク
橘ふれあい公園(鯉のぼりまつり)
水郷おみがわ花火大会

名所等編集

百選編集

祭事・催事編集

民俗芸能編集

文化財編集

番号 種別 名称 所在地 所有者または管理者 指定年月日 備考
1 工芸品 海獣葡萄鏡 香取1697 香取神宮 明治37年2月18日
昭和28年3月31日
無し
2 歴史資料 伊能忠敬
関係資料
香取市
伊能忠敬記念館保管)
平成22年6月29日 地図・絵図・器具・文書など
合計2345点 
番号 種別 名称 所在地 所有者
または
管理者
指定年月日 備考
1 建造物 香取神宮 本殿 香取1697 香取神宮 昭和52年6月27日 棟札1枚 銘札1枚他 
2 香取神宮 楼門 香取1697 香取神宮 昭和58年12月26日 無し 
3 彫刻 木造十一面観音立像 佐原イ1110 荘厳寺 昭和34年6月27日 無し 
4 工芸品 古瀬戸黄釉狛犬 香取1697 香取神宮 昭和28年3月31日 無し 
5 双竜鏡 香取1697 香取神宮 昭和28年11月14日 無し 
6 銅造釈迦如来坐像
十一面観音坐像
地蔵菩薩坐像
薬師如来坐像
牧野1752 観福寺 大正2年8月2日 無し 
7 古文書 香取大禰冝家文書(381通) 香取 個人 昭和60年6月6日 無し 
番号 名称 伝承地 指定年月日 備考
1 佐原の山車行事 香取市 平成16年2月6日 無し
番号 名称 種別 所在地 指定年月日 備考
1 府馬の大クス 天然記念物 香取市府馬 大正15年10月20日
2 良文貝塚 史跡 香取市貝塚 昭和5年2月28日
3 伊能忠敬旧宅 史跡 香取市佐原イ 昭和5年4月25日
4 阿玉台貝塚 史跡 香取市阿玉台 昭和43年5月20日
番号 地区名称 種別 選定年月日 面積 備考
1 香取市佐原 商家町 平成8年12月10日 7.1ha

伝統工芸編集

  • 佐原太鼓(千葉県指定伝統的工芸品)
  • 佐原張子(千葉県指定伝統的工芸品)
  • 佐原ラフィア(千葉県指定伝統的工芸品)
  • 佐原和傘(千葉県指定伝統的工芸品)

名物編集

歴史編集

香取郡佐原町 E 佐原市 I 香取市
香取郡香取村 B 香取郡香取町
香取郡相根村 A 香取郡香西村
香取郡東大戸村
香取郡新島村 H
香取郡津宮村
香取郡大倉村
香取郡瑞穂村
香取郡小見川町
香取郡豊浦村 F
香取郡神里村
香取郡森山村
香取郡良文村 H
香取郡府馬村 D 香取郡府馬町 G 香取郡山田町
香取郡山倉村
香取郡八都村
香取郡栗源村 C 香取郡栗源町
  1. 1890年明治23年)5月23日
  2. 1897年(明治30年)5月5日
  3. 1924年大正13年)4月10日
  4. 1925年(大正14年)10月1日
  5. 1951年昭和26年)3月15日
  6. 1951年(昭和26年)4月1日
  7. 1954年(昭和29年)8月1日
  8. 1955年(昭和30年)2月11日
  9. 2006年平成18年)3月27日

沿革編集

香取市発足前編集

香取市発足後編集

行政区域変遷編集

  • 変遷の年表
  • 変遷表

人口編集

平成27年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、6.48パーセント減の77,499人であり、増減率は県下54市町村中42位、60行政区域中48位。

 
香取市と全国の年齢別人口分布(2005年) 香取市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 香取市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
香取市(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

行政編集

市長編集

役所編集

  • 香取市役所(旧佐原市役所)
    香取市佐原ロ2127番地
  • 小見川支所(旧小見川町役場)
    • 香取市羽根川38
  • 山田支所(旧山田町役場)
    • 香取市仁良300-1
  • 栗源支所(旧栗源町役場)
    • 香取市岩部700

警察編集

  • 香取警察署(旧佐原警察署。香取市、東庄町、神崎町、多古町を管轄。)
    • 香取警察署小見川幹部交番(旧小見川警察署)

消防編集

国の機関編集

県の機関編集

  • 千葉県香取合同庁舎
    • 千葉県香取地域振興事務所
    • 千葉県香取県税事務所
    • 千葉県香取健康福祉センター(香取保健所)
    • 千葉県農林総合研究センター病害虫防除課北総分室
    • 千葉県香取農業事務所
    • 千葉県香取土木事務所
    • 千葉県教育庁北総教育事務所香取分室

産業編集

特産品編集

農業編集

  • 農林統計(千葉県内市町村別・関東農政局平成18年産作物統計、平成18年2月畜産統計より)
全耕地面積(ha) 田耕地(ha) 畑耕地(ha) 水陸稲収穫量(t) 甘藷作付面積(ha) 甘藷収穫量(t) 豚飼養頭数(頭)
県1位 11700(香取) 7950(香取) 3750(香取) 36600(香取) 1690(香取) 43100(香取) 176700(旭) 
県2位 6780(成田) 3940(旭) 3550(八街) 18700(旭) 1300(成田) 32100(成田) 104350(香取)
  • 農業算出額(千葉県内市町村別・関東農政局千葉農政事務所平成18年農業産出額より)
(千万円) 農業産出額 いも類 野菜 牛(肉用、乳用の計)
県1位 4183(旭) 823(香取) 665(香取) 1772(旭) 376(南房総) 1090(旭) 384(旭)
県2位 3213(香取) 418(旭) 485(成田) 1543(銚子) 197(袖ヶ浦) 651(香取) 356(銚子)
県3位以下 550(香取) 144(香取) 236(香取)

商業編集

高度経済成長期より佐原市街には地元百貨店の清見屋の他、東日本の地方都市に百貨店を展開していた十字屋が進出し、北総や東総における商業の中心として栄えてきたが、近年周辺市町村に郊外型大型スーパーマーケットが進出し、上記の2店舗もそうした時代の煽りから近年閉店した。幹線道路沿いには道の駅・川の駅水の郷さわら道の駅くりもと 紅小町の郷など道の駅が開駅され、農産物直売所や食堂など地産地消に力を入れている。

小野川周辺に広がる「小江戸」とも称される古い街並みを観光資源として活かすべく様々な取組みがなされている。

地域編集

教育編集

高等学校編集

公立高等学校

私立高等学校

中学校編集

小学校編集

かつて存在した市立小学校

  • 東大戸小学校石納分校
  • 香取市立沢小学校(2009年栗源小・高萩小と統合)
  • 香取市立高萩小学校(2009年栗源小・沢小と統合)
  • 香取市立新島小学校大東分校(2013年新島小と統合)
  • 香取市立小見川北小学校利北分校(2014年小見川北小と統合)
  • 香取市立湖東小学校(2015年新島小と統合)
  • 香取市立小見川南小学校(2018年小見川中央小・小見川東小・小見川西小・小見川北小と統合)
  • 香取市立八都小学校(2019年山田小と統合)
  • 香取市立八都第二小学校(2019年山田小と統合)
  • 香取市立府馬小学校(2019年山田小と統合)
  • 香取市立第一山倉小学校(2019年山田小と統合)
  • 香取市立山倉小学校(2019年山田小と統合)

幼稚園編集

市立幼稚園

  • 佐原幼稚園
  • 香取市立津宮幼稚園
  • 香取市立伊地山幼稚園
  • 香取市立小見川幼稚園

私立幼稚園

  • 佐原みどり幼稚園
  • 白百合幼稚園

交通編集

南西方面の成田市(約20キロメートル)、千葉市(約50キロメートル、千葉県庁所在地)、東京都心(約90キロメートル)と、北東方面の鹿嶋市(約27キロメートル)や水戸市(約75キロメートル、茨城県庁所在地)へは、市内を縦断する国道51号や、成田線(東京方面)、鹿島線大洗鹿島線(水戸方面)にてアクセスが可能である。

北西方面の土浦市(約42キロメートル。旧新治県庁所在地)へは、利根川を渡ってから国道125号で向かうこととなる。また、南東方面の銚子市(約40キロメートル)と西方面の柏市(約55キロメートル)へは、国道356号総武本線成田線などを通じて向かうことが出来る。

鉄道編集

 
JR東日本「佐原駅」

中心駅は佐原駅

道路編集

佐原PA展望台からの眺望
大利根サイクリングロードと筑波山

道の駅・川の駅編集

道の駅・川の駅 水の郷さわら
道の駅くりもと 紅小町の郷

路線バス編集

高速バス編集

一般路線バス編集

香取を舞台やロケ地とした作品編集

ドキュメンタリー編集

  • NHK 新日本紀行 女たちの十六島 〜千葉県佐原市〜(1979年)
  • NHK 新日本紀行ふたたび 花菖蒲の咲く水辺 〜千葉県香取市佐原〜(2008年)

映画編集

TVドラマ編集

CM編集

  • docomoショッピングのCM「川辺の二人篇」(2012年NTTドコモ
  • 三幸製菓 松平健「大盤振る舞い篇」(2011年 三幸製菓)
  • ヤマト運輸「電子マネー」篇
  • NIKE Bukatsu「毎朝の対決」編(2007年 ナイキジャパン)
  • ネスカフェ「夏の香り。神輿」篇(2006年 ネスレ日本

関連人物編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 平安時代以前、「神宮」の呼称使用の他例には『古事記』『日本書紀』で「石上神宮」があるが、『延喜式』神名帳では「石上坐布留御魂神社」と記される (岡田精司 & 2011年)。

出典編集

  1. ^ 北総四都市江戸紀行 商家の街 佐原 https://hokuso-4cities.com/about/sawara/
  2. ^ 北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」として2016年4月25日に認定
  3. ^ a b “新4市・町 誕生祝う 香取市 県内初の自治区制導入 山武市 旧4町村、テープカット 新・成田市 NARITAナンバーを交付 横芝光町 2町合併、喜びかみしめ”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2006年3月28日) 
  4. ^ たのしい万葉集 第十一巻”. art-tags.net. 2019年4月22日閲覧。
  5. ^ 岡田精司 「6 東国の鎮守 <鹿島・香取神宮>」『新編 神社の古代史』 学生社、2011年。ISBN 4311203020
  6. ^ 「トピックス」、『ニューライフちば』第126号、千葉県広報協会、1973年9月、 16頁。
  7. ^ “東総有料道路山田町―大栄町盛大に開通式 発展支える“大動脈”に大きな期待”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 12. (1988年4月22日) 
  8. ^ “観光農業の拠点開設 栗源町に県内11番目の「道の駅」 貸し農園、研修室など施設充実”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (2002年8月11日) 
  9. ^ “「水の郷さわら」 きょうオープン 道の駅 川の駅 山車登場など多数催し”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 20. (2010年3月27日) 
  10. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より
  11. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 12 千葉県』、角川書店、1984年 ISBN 4040011201より

関連項目編集

外部リンク編集