伊藤清 (島根県知事)

伊藤 清(いとう きよし、1903年明治36年)1月28日[1] - 1980年昭和55年)2月16日[2])は、日本の内務官僚国会職員。官選島根県知事

経歴編集

東京府出身[3]。伊藤徳次郎の三男として生まれる[1]第一高等学校を卒業。1925年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し兵庫県属となる[1][4]

以後、和歌山県課長、大阪府課長、京都府課長、東京府課長、厚生省児童課長、和歌山県総務部長などを経て、兵庫県部長・内政部長となる[1]

1945年9月、島根県知事に就任。戦後の復興に尽力。1946年1月、東京都次長に転じた。後に公職追放となる[1][4]

その後、特別調達庁契約局長[4]参議院事務局内閣委員会調査室長[2]東京家庭裁判所参与[1]を務めた。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』795頁。
  2. ^ a b 『現代物故者事典 1980-1982』29頁。
  3. ^ 『内務省、東京都、庁府県高等官職員録』9頁。
  4. ^ a b c 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』250頁。

参考文献編集