メインメニューを開く

伊賦夜坂(いふやざか)は、島根県松江市東出雲町揖屋にある山道である

碑の西方にある山道。途中で塞(さえ)の神が祀られており、日本書紀イザナギ黄泉比良坂で『ここから入ってはならぬ』と言って投げた杖から出現した神であると記されている地元では、この道を通る時には、塞の神に小石を積んで通ると言う風習がある。現在でもその風習は続いていると伝えられている。