メインメニューを開く

伊達 宗曜(だて むねてる、明治13年(1880年5月11日 - 大正11年(1922年7月16日)は、明治時代から大正時代華族。正四位。男爵貴族院議員。伊予宇和島藩主・伊達宗城の十男。幼名は鉤一郎。明治25年(1892年)に兄・伊達宗倫の養子となり、宗曜と改名した。妻は伊予吉田藩主・伊達宗孝(宗城の実弟)の娘・富貴子。子に宗光宗克、宣子(藤沢威雄夫人)、城善、直子(大浦康信夫人)、菊子(高津奈良夫人)、欽子(秋元順朝夫人)、美知子(初名孝子)。

学習院中退後、築地文海学校に入るが中退し、家庭教師に勉学を学ぶ。大正9年(1920年)に貴族院議員となる。大正11年(1922年)に43歳で没した。家督は宗光が継いだ。

参考文献編集

  • 日本人物大辞典(講談社刊)
日本の爵位
先代:
伊達宗倫
男爵
宇和島伊達家(分家)第2代
1892年 - 1922年
次代:
伊達宗光