伏見 五郎(ふしみ ごろう、1919年 - 1945年5月[2])は、北海道函館市出身のプロ野球選手。ポジションは捕手

伏見 五郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道
生年月日 1919年
没年月日 1945年5月
身長
体重
167 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1937年
初出場 1938年
最終出場 1939年11月15日[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

父は函館太洋倶楽部で活躍した伏見勇蔵函館中卒業後、1937年イーグルスに入団する。1939年バッキー・ハリスの退団に伴い正捕手になるが、この年限りで退団、函館太洋倶楽部に入団する。試合中に送球を受けて死亡した久慈次郎に代わって、函館太洋倶楽部でも正捕手になった。翌1940年には、全道樺太実業団野球大会(前年に久慈が試合中に送球を受けて死亡したため、この年の大会が最後の大会〈第18回〉になった。)で、この年の都市対抗野球大会に北海道代表として出場した全旭川と延長27回の大熱戦を繰り広げた際には、捕手として出場し、3-2での勝利に貢献した[3]

その後応召され、1945年5月、フィリピンメレヨン島[4]で戦死。東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1938 イーグルス 6 5 4 0 1 1 0 0 2 0 0 -- 0 -- 0 -- 1 1 -- .250 .400 .500 .900
1939 66 242 225 12 41 4 3 0 51 4 5 -- 6 0 9 -- 2 32 -- .182 .220 .227 .447
通算 : 2年 72 247 229 12 42 5 3 0 53 4 5 -- 6 0 9 -- 3 33 -- .183 .224 .231 .456

背番号編集

  • 17 (1937年 - 1939年)

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 『北海の三球人』伏見敏郎著、函館春秋社、1956年5月

関連項目編集