伏見宮邦房親王

日本の皇族

伏見宮 邦房親王(ふしみのみや くにのぶしんのう)は、戦国時代から江戸時代初期の皇族式部卿伏見宮第9代当主。邦輔親王第二王子。

伏見宮邦房親王
続柄 伏見宮邦輔親王第二王子

身位 親王
敬称 殿下
出生 永禄9年4月4日1566年4月23日
死去 元和7年11月25日1622年1月6日
子女 伏見宮貞清親王
父親 伏見宮邦輔親王
母親 家女房
役職 式部卿
テンプレートを表示

天正3年(1575年)に親王宣下

皇子女
  • 家女房
    • 第一皇子:貞清親王(1596-1654) - 第10代伏見宮
  • 生母未詳
    • 良嶽聖久(?-1631)
    • 高秀尊覚(慈照院、1615-1693)