伏見宮

日本の宮家、世襲親王家の一つ

伏見宮(ふしみのみや)は、かつてあった日本宮家の一つ。宮家御紋は伏見宮十四裏菊世襲親王家の4家の中では最も歴史が古く、持明院統の正嫡に定められた北朝第3代崇光天皇の第一皇子、伏見宮栄仁親王を初代とする。宮号はその所領だった伏見御領に因む。菩提寺広義門院創建の大光明寺家業琵琶[注釈 1]楽道

伏見宮家
家紋
伏見宮十四裏菊ふしみのみやじゅうよんうらぎく
家祖 栄仁親王
北朝第3代崇光天皇の第一皇子)
種別 皇族世襲親王家直宮家
出身地 京都山城国
主な根拠地 山城国伏見御領
東京府東京市麹町区紀尾井町
(現:東京都千代田区紀尾井町)
著名な人物 貞成親王
貞敬親王
邦家親王
貞愛親王
博恭王
支流、分家 梨本宮
山階宮
久邇宮
華頂宮
小松宮
北白川宮
東伏見宮
賀陽宮
朝香宮
竹田宮
東久邇宮
閑院宮
清棲家
伏見家
凡例 / Category:日本の氏族

第3代貞成親王庭田幸子庭田家出身)の第一皇子の彦仁王は、嗣子のない称光天皇の崩御の後、後小松上皇猶子となって後花園天皇として践祚し、この皇統が今日の皇室に連なっている。一方、第二王子の貞常親王(後花園天皇の弟)の系統は以後代々と伏見宮を継承し、明治になるとそこから数多くの連枝が新宮家を創設した。昭和22年(1947年)に昭和天皇及びその弟宮たる直宮3家(秩父宮・高松宮・三笠宮)を除いたすべての傍系宮家がGHQの指令に基づいて皇籍を離脱することになったことに伴い、第26代博明王が臣籍に下って伏見博明を名乗った。このとき皇籍離脱した旧皇族11宮家はいずれも第20代邦家親王を男系の祖として新たに創設された伏見宮家系統である(閑院宮家載仁親王の実父は邦家親王)。

歴史 編集

成立(中世) 編集

 
北朝天皇家系図

南北朝時代における持明院統の当主で、京都で北朝を開いていた光厳上皇は、かねてより名目上花園法皇の皇子とされる直仁親王(光厳上皇は直仁親王が実子であると崇光に告白していた)への皇位継承を望み、持明院統の将来の正嫡に定めた上で、第一皇子である北朝3代崇光天皇皇太弟とした[注釈 2]

しかし、正平一統後の三上皇及び廃太子直仁親王の拉致によって親王の皇位継承が困難となると、改めて第一皇子の崇光上皇を持明院統北朝天皇家)の正嫡と定めた。この際、光厳法皇は崇光上皇に持明院統正嫡が修得する琵琶の秘曲(石上流泉上原石上流泉太常博士楊真操啄木)を伝授し、持明院統伝来の膨大な記録類を継承させた[注釈 3]。さらに、長講堂領や法金剛院領などの持明院統の所領を相続させたが、伏見御領をそれらの所領とは分けて崇光上皇の子孫が管領するように命じた[2][3]

その後、崇光上皇が弟の後光厳天皇との皇位継承争いに敗れると、崇光上皇は伏見御領にある離宮の伏見殿に逼塞し、伏見殿と呼ばれるようになった[4]。崇光上皇の崩御後、崇光上皇の第一皇子である栄仁親王は、持明院統伝来の所領を持明院統の「嫡流」として相続していたが、長講堂領、法金剛院領、熱田社領、播磨国衙を[5]後光厳天皇の孫である後小松天皇に没収された(後小松院死後、長講堂領、法金剛院領は後花園天皇に、熱田社領は伏見宮に帰属した[6]。)消沈した栄仁親王は出家入道してしまった。近臣庭田経有朝臣は「凡そ天照大神以来一流の御正統、既に以て失墜、言語に絶するものなり。只、悲涙に溺れおわんぬ」と述べている[7]。また、伏見御領を後光厳天皇皇統の皇位継承を支持する足利義満に没収された。義満の死後に亡き光厳法皇の命令をもとに伏見御領は返還され、崇光の子孫も主に伏見殿に住む。

後光厳天皇皇統の断絶によって、伏見宮貞成親王の第一王子彦仁王が後小松上皇の猶子として即位した(後花園天皇)。後小松上皇の崩御の際には、正嫡である崇光天皇皇統が皇位継承するべきとする貞成の本望が叶わず、後花園天皇が後光厳天皇皇統の後継であると再確認された[注釈 4]。しかし、後小松院の「遺詔」に「旧院仙洞は伏見宮の御所たるべからず」「貞成に尊号(太上天皇)あらば後光厳院の御流、たちまちに断絶せんか。尊号の御沙汰あるべからず」とされていたにもかかわらず[9]、貞成親王は将軍足利義教の申し出で京都の旧後小松上皇御所の隣の邸宅に移住し、やがて後花園の「兄」として尊号宣下がなされ[注釈 5]、貞成は皇位を踏まずして太上天皇となった[10]

その後、貞成の第二王子で後花園天皇の実弟にあたる貞常親王が4代目となったが、貞常親王は後花園天皇から永世「伏見殿」と称することを勅許され[11]、伏見宮には天皇との「水魚」の関係、すなわち天皇を支える立場となることが期待された[12]

近世 編集

江戸時代において、伏見宮の歴代当主は、その時々の天皇の名目上の養子(猶子)として親王に叙せられた。江戸中期から幕末にかけて、実際に天皇の候補とされた当主も2名存在する[要出典]。また、天皇家と伏見宮は縁戚関係も築いており、天皇の皇女2名(福子内親王秋子内親王)が伏見宮家に降嫁している[13]

他の宮家とは異なり、伏見宮は邦忠親王まで全て実系で宮家を継承してきた。しかし、宝暦10年(1760年)に当主の邦忠親王が王子を残さず薨去すると、世襲親王家との血縁を近くしたい天皇の意向もあって、桃園天皇の皇子である貞行親王が伏見宮を嗣いだ。貞行親王が夭逝したのちも、朝廷はまだ誕生していない後桃園天皇の皇子を伏見宮の後継者とするように定めた。ところが、崇光天皇以来持明院統の嫡流であり、しかも実系で宮家を継承してきたという矜持を持つ伏見宮家側は、幕府との血縁を利用して、実系継承に戻すよう幕府に工作する。そして、邦忠親王の弟である寛宝法親王を還俗させ、邦頼親王として家督を継承させることに成功した。伏見宮は15年ぶりに崇光上皇以来の実系に戻ったのであった[14]

幕末の宮廷においても、伏見宮は「伏見殿」と呼ばれ近世歴代天皇の祖である後花園天皇の出身宮家として天皇と同様な存在とみなされていたという[15]。幕末には朝彦親王孝明天皇に信頼され側近として天皇を補佐し、天皇の意向を受けて八・一八の政変を主導するなどの活躍をした[16]戊辰戦争の際には、伏見宮出身の輪王寺宮公現法親王奥羽越列藩同盟の盟主として「東武皇帝」として即位していたという説もある[17]

近代以降 編集

幕末から明治維新の時の19代貞敬親王および20代・23代邦家親王は多くの子女に恵まれ、守脩親王からは梨本宮家、邦家親王からは山階宮家久邇宮家華頂宮家小松宮家北白川宮家東伏見宮家がそれぞれ創設されたほか、幕末に断絶していた閑院宮家も継承して再興している。また久邇宮からはさらに賀陽宮家東久邇宮家朝香宮家が創設され、北白川宮家からはさらに竹田宮家が創設された。これらの宮家が永世皇族として成立した背景に明治天皇の意向があったことを、伊藤博文はほのめかしている。(「枢密院会議議事録」等)

邦家親王の跡を継いだ24代貞愛親王は、元帥陸軍大将に累進。明治天皇および大正天皇の信任も厚く、皇族の重鎮として、大日本農会在郷軍人会総裁を歴任した。

貞愛親王が薨去すると、博恭王が当主となった。博恭王は当初、華頂宮家を継承していたが、伏見宮家の継嗣とされていた弟の邦芳王の不治の疾患のため、伏見宮に復帰して継嗣となった。元帥・海軍大将軍令部総長として昭和期の海軍における実力者であった。博恭王は、日本の敗戦後の1946年(昭和21年)8月16日に薨去すると、博恭王の第一王子の博義王は父よりも早く薨去していたので、博義王の第一王子の博明王が26代となった。

最後の当主である博明王は、連合国占領下において1947年(昭和22年)10月14日、臣籍降下(いわゆる皇籍離脱)[注釈 6]し、伏見姓を名乗る。

いわゆる皇位継承問題では、女系天皇の容認とともに、伏見宮を起源とする旧宮家男系男子の皇籍復帰が検討されているが、伏見博明は「天皇陛下に復帰しろと言われ、国から復帰してくれと言われれば、これはもう従わなきゃいけないという気持ちはあります」と、自身に復帰する覚悟があることを表明している[18]

伏見宮家邸宅 編集

江戸時代の伏見宮家は京都御所周辺に2ヶ所の邸宅を有しており、その時の当主の都合で、どちらかを本邸として使用していた。御所東部と御所北部に、その邸宅は存在した。御所北部の邸宅は現在、同志社女子大学の敷地の一部となっている。周囲には桂宮家五摂家二条家近衛家の邸宅があった。

御所東部(出町北鴨口)の邸宅は戦後に了徳寺になったが、現在は廃寺になっている。邸宅跡地付近には、「妙音弁財天」を祀る伏見宮家の鎮守社が今も残る。

明治時代初期以降の伏見宮邸の跡地は、ホテルニューオータニとなっており、庭園にその名残がある。なおこの場所には、はじめ加藤清正の下屋敷があり、後には井伊家中屋敷があった。

別邸として千葉県銚子市に瑞鶴荘を有していた[19]

東京都中野区小淀町(現・中央1-17-3)にも別邸があり、廃嫡された邦芳王が主に暮らしていた。元は山岡鉄舟の邸宅で、1886年に伏見宮家に献上され、邦芳王薨去後、1935年に豊島区の祥雲寺などに移築され、跡地は2018年現在、高歩院鉄舟会禅道場になっている[20]

夏の別荘として長野県軽井沢町雲場池近くにも邸宅があった(1929年購入)[21]。現在は消失し、その跡地は新たな別荘地となっている。静岡県熱海市にあった別荘は、戦後熱海ホテル別館として使用されていたが1977年に解体された。

歴代当主 編集

  1. 栄仁親王(大通院) - (北朝第3代崇光天皇第一皇子
  2. 治仁王(葆光院)
  3. 貞成親王(後崇光院) - (後小松天皇猶子
  4. 貞常親王(後大通院) - (後花園天皇猶子
  5. 邦高親王(安養院) - (後土御門天皇猶子
  6. 貞敦親王(妙荘厳院) - (後柏原天皇猶子
  7. 邦輔親王(後安養院) - (後奈良天皇猶子
  8. 貞康親王(後葆光院) - (正親町天皇猶子
  9. 邦房親王(桂昌院) - (正親町天皇猶子
  10. 貞清親王(後妙荘厳院) - (後陽成天皇猶子
  11. 邦尚親王(乾徳院) - (後水尾天皇猶子
  12. 邦道親王(後桂昌院) - (後水尾天皇猶子
  13. 貞致親王(円実照院) - (後水尾天皇猶子
  14. 邦永親王(得解脱院) - (霊元天皇猶子
  15. 貞建親王(後乾徳院) - (東山天皇猶子
  16. 邦忠親王(円定明院) - (桜町天皇猶子
  17. 貞行親王(真浄明院) - (桃園天皇第二皇子
  18. 邦頼親王(究竟覚院) - (桜町天皇猶子
  19. 貞敬親王(勝光明院) - (後桃園天皇猶子
  20. 邦家親王 -(光格天皇猶子)※
  21. 貞教親王 -(仁孝天皇猶子
  22. 貞愛親王 - (孝明天皇猶子元帥陸軍大将
  23. 博恭王 - (元帥海軍大将、軍令部総長)
  24. 博明王 - (皇籍離脱、伏見氏を名乗る)

※ 正確には、邦家親王 → 貞教親王 → 貞愛親王 → 邦家親王(再継承) → 貞愛親王(再継承) → 博恭王という継承が行われた。そのため、系図によっては邦家親王を20代・23代、貞愛親王を22代・24代、博恭王を25代と数えているものもある。

また11代邦尚親王については、その父である10代貞清親王よりも7か月早く薨去しているので歴代当主に数えない説もある。同様に、24代博明王の父の博義王については、その父である23代博恭王よりも早く薨去しているが、博義王については歴代当主に数えていない資料が多い。

系図 編集

皇室系図 編集


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
93 後伏見天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光厳天皇 北1
 
光明天皇 北2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
崇光天皇 北3
 
 
 
 
 
後光厳天皇 北4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)栄仁親王
 
 
 
 
 
後円融天皇 北5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(2)治仁王
 
(3)貞成親王
(後崇光院)
 
100 後小松天皇 北6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
102 後花園天皇
 
(4)貞常親王
伏見宮家
 
101 称光天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
103 後土御門天皇
 
(5)邦高親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


伏見宮系図 編集

崇光天皇
 
(1)栄仁親王
 
(2)治仁王
 
 
後花園天皇
 
後土御門天皇
 
後柏原天皇
 
後奈良天皇
 
正親町天皇
 
A
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(3)貞成親王
(後崇光院)
 
 
(4)貞常親王
 
(5)邦高親王
 
(6)貞敦親王
 
(7)邦輔親王
 
(8)貞康親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(9)邦房親王
 
B
 
 

A
 
誠仁親王
 
後陽成天皇
 
後水尾天皇
 
霊元天皇
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
C
 
 
 
 
 
 
 
 
 
B
 
(10)貞清親王
 
(11)邦尚親王
 
 
福子内親王
 
 
(閑院宮1)直仁親王
 
D
 
 
 
 
 
 
 
 
(12)邦道親王
 
 
 
 
 
(15)貞建親王
 
E
 
 
 
 
 
 
 
 
(13)貞致親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(14)邦永親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

C
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
(17)貞行親王
 
D
 
(閑院宮2)典仁親王
 
(閑院宮3)美仁親王
 
(閑院宮4)孝仁親王
 
(閑院宮5)愛仁親王
 
 
 
 
 
 
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(16)邦忠親王
 
 
E
 
 
(18)邦頼親王
 
(19)貞敬親王
 
F
 
 
 

F
 
(20/23)邦家親王
 
(山階宮1)晃親王
 
(梨本宮2/山階宮2)
菊麿王
 
(山階宮3)武彦王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
(梨本宮1)守脩親王
 
 
(久邇宮1)朝彦親王
 
(賀陽宮1)邦憲王
 
(賀陽宮2)恒憲王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(久邇宮2)邦彦王
 
(久邇宮3)朝融王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
(梨本宮3)守正王
(皇籍離脱)
 
 
香淳皇后
 
 
 
 
 
 
多嘉王
 
 
第125代天皇
明仁上皇
 
第126代天皇
徳仁今上天皇
 
 
 
 
 
(21)貞教親王
 
 
(朝香宮)鳩彦王
(皇籍離脱)
昭和天皇
 
 
 
 
 
 
(東久邇宮)稔彦王
(皇籍離脱)
 
 
 
小松宮彰仁親王
 
 
(竹田宮1)恒久王
 
(竹田宮2)恒徳王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
(北白川宮2)能久親王
 
 
(北白川宮3)成久王
 
(北白川宮4)永久王
 
(北白川宮5)道久王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小松輝久
 
 
 
(華頂宮1)博経親王
 
(華頂宮2)博厚親王
 
 
 
 
(北白川宮1)智成親王
 
 
(25/華頂宮3)
博恭王
 
博義王
 
(26)博明王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
(22/24)貞愛親王
 
 
邦芳王
 
 
(華頂宮4)
博忠王
 
 
 
 
 
(閑院宮6)載仁親王
 
(閑院宮7)春仁王
(皇籍離脱)
 
 
華頂博信
 
 
 
 
 
(東伏見宮)依仁親王
 
 
伏見博英
 
 


幕末の領地 編集

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の伏見宮領は以下の通り。(12村・1,022石余)

  • 山城国愛宕郡のうち - 2村
    • 千本廻りのうち - 19石余
    • 花園村のうち - 7石余
  • 山城国葛野郡のうち - 4村
    • 西院領のうち - 6石余
    • 西京村のうち - 5石余
    • 朱雀村のうち - 9斗1升8合
    • 聚楽廻りのうち - 331石余
  • 山城国乙訓郡のうち - 5村
    • 上久世村のうち - 3石余
    • 鶏冠井村のうち - 50石
    • 今里村のうち - 269石余
    • 下海印寺村 - 214石余
    • 金ヶ原村 - 60石余
  • 山城国紀伊郡のうち - 1村
    • 吉祥院村のうち - 52石余

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 「琵琶」は皇室の中世以来の王権を象徴する楽器である[1]
  2. ^ 第一皇子である崇光天皇ではなく、名目上は花園法皇の皇子で持明院統の傍系にあたり、実子だとしても光厳の第二皇子である直仁親王に皇位継承させようとしていた光厳上皇の皇位継承計画は、伏見天皇以来男系での直系継承を重視していた持明院統にとって不自然であった。光厳の狙いについては、幼少期に光厳が花園より受けていた帝王教育に対する報恩説、直仁親王の足利将軍家との外戚関係を利用しようとした説などがある。
  3. ^ 以降、伏見宮は琵琶を家芸とし、記録類も一部は明治時代まで継承され、現在は宮内庁書陵部にて伏見宮本として管理されている。
  4. ^ 天皇の実の父母の崩御に対しては、諒闇という服喪が執り行われる。後小松上皇の崩御の際、後小松上皇の「猶子」として即位した後花園天皇を後小松上皇の「実子」と見なして諒闇を実施するか、あくまで後小松上皇の「養子」として後小松上皇との親子関係を認めず諒闇を実施しないかで、後花園天皇を後光厳天皇皇統の後継としたい後光厳天皇皇統支持者と、後花園天皇を崇光天皇皇統からの即位と確定させたい伏見宮とそれを支持する足利義教との間で意見が割れた。最終的には籤引きで諒闇の実施が決定し、後花園天皇は血縁上崇光天皇の子孫でありながらも、後光厳天皇皇統の後継者と定まった[8]
  5. ^ 後花園天皇自身にも後光厳天皇系統の後継者としての意識があったため、あえて貞成親王を実の父としてでなく、兄として尊号宣下を行った。この際、熙成王が後小松天皇の親族として尊号宣下された先例が参考にされたという。(田村航「伏見宮貞成親王の尊号宣下」2018年、参考)
  6. ^ 形式上、自発的な意思により現行皇室典範の規定に基づく降下。

出典 編集

  1. ^ 「天皇と芸能」講談社学術文庫 2018 125‐148頁
  2. ^ 深津睦夫『光厳天皇』2014、p.234。
  3. ^ 秦野『乱世の天皇』2020,p.75
  4. ^ 桃崎有一郎『室町の覇者足利義満』2020、p.83。
  5. ^ 「室町時代の一皇族の生涯」講談社学術文庫 2002‐11‐10 44‐45頁
  6. ^ 「室町時代の一皇族の生涯」328頁
  7. ^ 「室町時代の一皇族の生涯」45‐46
  8. ^ 秦野裕介『乱世の天皇』2020、pp.151-152。
  9. ^ 「室町時代の一皇族の生涯」320‐323
  10. ^ 田村航「伏見宮貞成親王の尊号宣下」『史学雑誌(127編11号)』2018, p.4(1672)
  11. ^ 田村航「伏見宮貞成親王の尊号宣下」『史学雑誌(127編11号)』2018年、p.13(1681)
  12. ^ 田村航「伏見宮貞成親王の尊号宣下」『史学雑誌(127編11号)』2018年、p.14(1682)
  13. ^ 『安定的な皇位継承の在り方を検討する有識者会議』(第4回・令和3年5月10日)議事次第・配付資料・議事録 国士舘大学特任教授 百地章氏説明資料 資料②
  14. ^ 以上、浅見雅男『伏見宮 もうひとつの天皇家』(講談社、2012年)ISBN 978-4-06-218005-4ちくま文庫、2020年、pp.39-43
  15. ^ (下橋敬長『幕末の宮廷』平凡社 1995年9月30日 231頁)
  16. ^ 浅見雅男 2012, p. 100‐110.
  17. ^ 令和 3 年度 筑波大学附属図書館特別展 時を数 よ む -紀年・暦法・元号- 18頁 コラム幻の元号「大政」
  18. ^ 伏見博明『旧皇族の宗家・伏見宮家に生まれて』2022年、p.177。
  19. ^ 鈴木誠「旧伏見宮家別邸銚子瑞鶴荘の庭について」『造園雑誌』第48巻第5号、日本造園学会、1984年、61-66頁、doi:10.5632/jila1934.48.5_61 
  20. ^ 伏見宮家の別邸についての資料を探しているレファレンス協同データペース、2019年02月21日
  21. ^ 『町勢要覧軽井沢: 1963年版』(軽井沢印刷, 1963年)4頁

参考文献 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集