メインメニューを開く

会田 重雄(あいだ しげお、1945年2月16日 - )は、日本政治家。前埼玉県北葛飾郡松伏町長

会田 重雄
あいだ しげお
生年月日 (1945-02-16) 1945年2月16日(74歳)
出生地 日本の旗 埼玉県北葛飾郡松伏町
出身校 埼玉県立杉戸農業高等学校
称号 旭日小綬章

当選回数 3回
在任期間 2005年6月2日[1] - 2017年6月1日[2]

在任期間 1996年4月 - 1998年4月

当選回数 5回
在任期間 1988年4月 - 1989年3月
在任期間 1992年4月 - 2005年5月
テンプレートを表示

来歴編集

埼玉県北葛飾郡松伏町出身。埼玉県立杉戸農業高等学校卒業[3]

川崎重工業勤務、松伏町議会議員(5期)を経て、松伏町長(3期)を務める。町長に初当選後の2005年、自身の任期を「三期を超えて在任しないよう努める」とした多選自粛条例を町議会に提出し、制定される。2016年9月、同条例を廃止する条例を町議会に提出し、多選自粛条例は廃止される[4]。2017年5月、町長選としては12年ぶりとなる選挙戦に出馬し4選に挑んだが落選する[5]

2019年、旭日小綬章受章[6]

道路の拡幅工事の件で、単純ミスで甚大な税金の無駄遣いをしたのではないか、との指摘がある[7]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集