メインメニューを開く

伝法大橋

大阪市の淀川下流部に架かる橋
国道43号標識

伝法大橋(でんぽうおおはし)は、大阪市西淀川区福町と此花区伝法間の淀川に架かるである。国道43号(第二阪神国道)に指定されている。この記事では並行して架けられている新伝法大橋についても記述する。

伝法大橋
基本情報
日本
所在地 大阪市西淀川区此花区
交差物件 淀川
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

基礎データ編集

伝法大橋
  • 橋長 - 765.1m
  • 幅 - 17m
  • 径間 - 19
  • 形式 - ランガー鋼橋
  • 竣工 - 1942年1月
新伝法大橋
  • 橋長 - 860.3m
  • 幅 - 15.5m
  • 径間 - 13
  • 形式 - 鋼箱桁橋
  • 竣工 - 1969年3月

歴史編集

伝法大橋は第二阪神国道の建設に伴い1942年に架けられた。戦後、経済成長とモータリゼーションの影響で交通量が増加したため、新伝法大橋が伝法大橋の下流に架けられた。

年表編集

交通アクセス編集

参考文献編集

  • 大阪都市協会『西淀川区史』1996年3月15日、p.224。

関連項目編集