モータリゼーション

モータリゼーション (: motorization) とは自動車が社会と大衆に広く普及し、生活必需品化する現象である[1]国立国語研究所では、その「外来語」言い換え提案の中で「車社会化」という代替表現を提示している。

Keyaki-walk-maebashi.jpg

概要編集

モータリゼーションは、国家地域の枠において経済力・工業力が一定の水準に到達すると、急速な進展を見せることが多い。モータリゼーションの進展とGDPとの間には正の相関があり、国民の年収のおよそ1/3で自動車を購入できる水準になるとモータリゼーションが進む[2]。また所得格差を示すジニ係数が小さい程、普及率が高まるとされる[3]

先進国では20世紀にモータリゼーションが進んだ。モータリゼーション成立の背景には共通点もあるものの、第一次世界大戦時にすでに有数の工業国となっていたアメリカ合衆国や、第二次世界大戦敗戦で国力を失った日本など、各国で成立の背景は異なっている[4]

モータリゼーションによって自動車利用が増加し利用形態が発展・多様化することによって、都市の発展や基盤整備には大きな変革の圧力が発生する。例えば道路交通網はモータリゼーションの発生により急速な進歩が求められ、都市部は急激に拡大、周辺の衛星都市や都市間を結ぶ道路網の発達も加速させる。

また、「大衆車」の発達と普及は、モータリゼーション推進の上で重要な原動力となり、多大な影響を及ぼす。近年の例としては、東ドイツにおいて、ベルリンの壁崩壊前は一般大衆向けの乗用車(トラバント)が極めて入手し難い物であったため、西側経済圏で戦後の経済発展を遂げた当時の西ドイツほど交通網が大衆の自動車利用に対応していなかったところへ、東西ドイツ統合後は自動車利用が一気に拡大したことにより、都市の道路整備の拡充が追いつかずに大規模な渋滞が発生するようになり、日常生活にも支障をきたしているとされている。

モータリゼーションは、都市部や過密地だけでなく、地方や過疎地の生活にも大きな変化をもたらす。高規格道路の整備が進めばより大型の輸送車両が使用可能になり、流通コスト・所要時間が大幅に変動することで、産業やそれを支える物流の形態にも大きな変化を発生させるほか、人口の流入・流出(人口流動)も加速させ、さらには自動車産業の発達に伴う景気の上昇といった経済上の変化の発生要因ともなる。

この様な先進国の事例の他にも、現在でも多くの国でモータリゼーションが進行中である。しかし、特にモータリゼーション初期段階の国においては交通安全に寄与する社会的なインフラが、ハードウェア面(道路設備など)においてもソフトウェア面(交通に関するルールの周知とマナーの啓蒙と普及など)においても不足していることが多く、人口当たりの交通事故の発生率が急激に上昇する傾向がある(日本でも一時期「交通戦争」が大きな社会問題となった)。また、モータリゼーション初期の国においては排出ガス対策も往々にして不十分であり、大気汚染など、都市部を中心に深刻な環境問題を引き起こすことがある。

また、自国に大規模な自動車製造メーカーがある場合には、概してモータリゼーションの進展と共に主要自動車メーカーの経営陣や自動車業界団体財界政界で大きな発言力を持つようになり、自動車業界の動向が国家経済運輸国土整備などの成長戦略にも影響を及ぼすようになることもある。

狭義では、「自家用乗用車の普及[要出典]」という意味で言われることもある。

歴史編集

アメリカ合衆国編集

大量生産時代の幕開けの象徴とされるフォード社のT型(フォード・モデルT)の生産は1908年に開始された[5]1927年の生産終了までに約1,500万台が販売され、当時の馬車の数と入れ替わるほどの革命的商品であった[5]

フォードT型はベルトコンベア式の大量生産によって安価な価格を実現し、当時のアメリカでの労働者の平均年収600ドルに対してフォードT型は850ドル(のちにさらに値下げ)で販売された[6]。また、フォードT型は農機農具の修理技術があればユーザーが自身で修理できるような構造で設計された[6]

ところが、ヘンリー・フォードの品質の確かな商品を安く販売するという考え方は1920年代になって行き詰った[6]。自動車市場飽和状態によって買い手の中心が買い替え客へとシフトしたため、同じシンプルなスタイルのフォードT型は買い替え商品としての魅力に欠けていたためである[6]

フォードに対抗してゼネラルモーターズ(GM)は重複する車種体系を整理するとともに、定期的なモデルチェンジ(計画的陳腐化)による買い替え需要の喚起を促した[7]。また、ヘンリー・フォードは自動車はお金を貯めて買うものと考えていたが、GMのアルフレッド・スローン下取り販売や分割払いを積極的に導入し、1920年代後半にGMはフォードを抜いて世界一の自動車会社となった[7]

1937年にはアメリカでの自動車生産台数は約400万台に達し、この頃にはアメリカでのモータリゼーションが完成したとされる[7]

ヨーロッパ編集

ヨーロッパ各国でも、1930年代にはモータリゼーションが始まっていた。特にドイツアウトバーンの整備および国民車構想は、ヨーロッパのモータリゼーションを一気に加速させた。

日本編集

日本では、1964年東京オリンピックの直後からモータリゼーションが進んでいった。道路特定財源制度等を使った高速道路の拡張や鋪装道路の増加等の道路整備、一般大衆にも購入可能な価格の大衆車の出現、オイルショック後の自動車燃料となる石油低価格化などが自家用車の普及を後押しした。

まず高度経済成長期に大衆車の量産が開始され、1960年代後半から1970年代にかけて一般家庭にも普及していく。これに呼応するように路線バスの輸送人員が減少していく。いざなぎ景気時代には「三種の神器」としてカラーテレビ・自動車・クーラーが「3C」と呼ばれ庶民の夢となった。この時点での自家用車の普及はある程度収入のある壮年男性、しかも家庭を持つ一家の主から始まった。夫や父の運転する車でレジャーに出かけることが憧れの的となり、自動車メーカーもファミリー層に向けた宣伝広告を行った。まだこの時期には「一家に一台」のレベルであり、運転免許を持たない女性も多かった。この時代に20代から30代であった女性が2020年代には70代から80代の高齢者となっており、この世代の女性は運転免許を取得しないまま高齢となった人が多く、高齢化社会を迎えて買い物難民医療難民といった問題が深刻となっている。

1970年代には自家用車の普及に道路などのインフラ整備が追いついていなかったこともあり、交通事故件数・死者数がピークとなり「交通戦争」とまで呼ばれた。またこの時期には、国鉄の赤字経営のため度々運賃が値上げされる一方で、多くの既存路線の増発と高速化が進まなかったこと、労使対立による現場の綱紀の乱れやストライキ遵法闘争の乱発により運行が不安定化したこと、鉄道車両鉄道駅などにおけるサービスの軽視などにより鉄道離れを加速させた。1970年発売の流行歌老人と子供のポルカ』では世相を反映して「ゲバ・スト・ジコ」と、学生運動と国鉄のストライキと並んで交通事故が歌われている。

1980年代に入ると好景気を受け、自動車メーカーはいすゞ・ジェミニのテレビCMに代表されるような派手な広告を打つようになり、スポーツカーハイソカーのブームも起こるが、この時点でもまだその担い手は男性が中心であった。バブル時代においても高級車に乗せてもらってデートに行くのが女性のステイタスとされ、呼べば車で迎えに来る「アッシーくん」という流行語も生まれた。

一方で日本独自の規格として進化を遂げた軽自動車は、最初は「アルト47万円」のキャッチコピーで一世を風靡したスズキ・アルトに代表される低価格な自動車として普及する。当初は主に軽トラック軽バンとして業務用を中心に使われていたが、その後に軽自動車の性能や居住性が向上したことから、手頃な価格と税制による維持費の安さ、女性をターゲットにしたパステルカラーや可愛らしいデザインでセカンドカーとして普及した。1980年代後半から1990年代にかけては女性の社会進出が進み、1999年には男女雇用機会均等法が改正された。若い女性も男性と同じように働くため、運転免許を取得することが当たり前になっていく。

一般家庭での自家用車が「一家に一台」から「一人に一台」に変化するのに呼応して、路線バスの輸送人員が減少していく。東武鉄道(現:東武バス)の北関東からの大規模な撤退により、1986年には群馬県館林市が日本で唯一の路線バスが走らない市となったことが話題を呼んだ。また1980年代には赤字ローカル線の廃止が進み、1987年には国鉄分割民営化が行われた。1980年代後半から1990年代にかけては地方の公共交通の衰退が進み、交通が不便だから車に乗る、車に乗るから鉄道やバスが衰退するという悪循環が進んでいく。大手私鉄系バス会社が採算性の低下したバス事業を分社化し始めたのも1990年代からである。

また日本列島改造論により高度成長期からで道路整備が推進され、日本全国が大動脈のように高速道路で結ばれ、1988年青函トンネル瀬戸大橋の開通により日本列島がつながり「一本列島」と呼ばれた。国鉄の労働運動激化によるストライキの頻発もあり、貨物輸送の中心は鉄道からトラックへシフトしていくが、それを可能にしたのは全国を結ぶ道路網の整備であった。こうした道路網の整備もモータリゼーションに拍車をかけ、かつては庶民の夢や憧れであった自家用車は、世紀が変わる頃には日常の足としてどこへでも運んでくれる存在となっていた。

2000年代に入るとライフスタイルの郊外化が進み、日本各地の地方都市では駅前の中心市街地が衰退して「シャッター通り」と呼ばれるような空洞化が問題となり、バブル崩壊による百貨店の衰退がこれに拍車をかけた。かつての普段は徒歩で商店街に行き、ハレの日は鉄道やバスで駅前の中心市街地の百貨店に行くというライフスタイルが崩れ、自家用車を足代わりにして幹線道路のロードサイド店舗でまとめ買いし、百貨店の代わりに巨大ショッピングモールに行くというライフスタイルが普及し、地方都市のターミナル駅は急速にその求心力を失っていく。

また少子高齢化の進展により、地方だけでなく大都市部でもバス路線の廃止や減便が進み、1990年代後半から2000年代からは各地でブームのようにコミュニティバスの運行が開始されるが、それはすなわち民間企業の営利事業として公共交通が成り立たなくなっていったということでもあった。鉄道が廃止されバスに代わり、その一般路線バスも廃止や減便により廃止代替バスやコミュニティバスに置き換えられ、それすら利用者が少なく乗合タクシーデマンド型交通に代替されていく。こうしてもはや自家用車を手放しては生きていけないところまでモータリゼーションが進んでいった。

日本の現状編集

高度成長期に壮年男性から始まった自家用車の普及は、女性の社会進出に伴い「一人一台の足」となり、日常生活のあらゆる場面で使用されるようになった。その一方で少子高齢化東京一極集中による過疎化が進み、地方における公共交通の衰退はますます進み、車社会の弊害も問題視されるようになっている。コンパクトシティなども提唱されているが、実績が上がっていないのが現状である。

自動車検査登録情報協会の資料[8]によると、2010年3月末の都道府県別の自家用乗用車1世帯あたり保有台数は、福井県が1位となり、以下富山県、群馬県、岐阜県と続いている。一方、最下位は東京都で大阪府、神奈川県と続く。

上位となった県に共通する主な要素としては、農山漁村や小規模都市など鉄道路線バスといった公共交通機関が衰退してその利便性が低い地域が多いことが挙げられ、概してこの様な地域では、自宅や企業・事業所、小売店舗などで駐車場の付帯も進んでおり、通勤や買い物などの日常生活に自家用車が欠かせない[注釈 1]

また鉄道や路線バスはおろか、コミュニティバスですらすでに廃止された地域もあり[注釈 2]、地方における公共交通機関の衰退は著しいものがある。このような地域では、タクシー業者は存在するものの、地方では移動する距離が長くなるため、料金が高額になりやすい(1往復の利用に1万円以上かかることもある)という実情から日常の足として使用するには経済的負担が大きいことが多い。そのため、このような地域では、運転免許を返納した高齢者や免許を持っていない成人や未成人の場合でも上記のような実情から、身内や知人の車による送迎で通勤や買い物やレジャーを行うケースも多い。

これらの地域の学校(特に大学などの高等教育機関)では、公共交通機関の利便性の低さによりその学生の円滑な登下校に支障をきたして学生生活に悪影響が及ぶと学校側が判断した場合、運転免許取得対象年齢となったそれらの学生に対して条件付きではあるが、自動車による通学を許可する場合もある。これらの地域の公共交通機関において貴重な収入源となる運転免許を取得できない年齢の学生ですらも、公共交通機関ではなく、身内や知人の車で登下校するケースも少なくない。このように過度に車社会化の進んだ地域では精力的な道路整備が進められたにもかかわらず、通勤・帰宅ラッシュ時や登下校時間帯は道路混雑が慢性的に発生している。

一方で東京など下位の都府県は、人口の多い都市部を中心に鉄道を中心とした公共交通機関やタクシーが高度に充実し利便性が高いこと、それらの都心部では自動車を維持・運用するコストが高く付くうえ、自家用車の利便性が著しく低い(契約・時間貸し共の駐車場金料金の高額さ、利用先での駐車場難、渋滞および信号待ちに伴う自動車平均速度の低さなど)ことなどが理由として挙げられる。

2000年代以降は、失われた30年に代表される長期不況価値観の変化、都心回帰の流れなどを背景に、自家用車を保有しない傾向(車離れ)が大都市(特に首都圏京阪神)において目立つようになった。自動車保有率の低下は東京の都心周辺に住む若者に顕著だが、多摩地域阪神間など公共交通が比較的充実した大都市圏郊外部、あるいは都市部の中高年層にまでその傾向が及びはじめている一方、上述のとおり公共交通機関が衰退した地方では車がなければ生活できないまでにモータリゼーションが進んでいる。

1世帯あたりの都道府県別自家用乗用車保有台数(2010年3月末)
上位5県
下位5都府県

全国平均 : 1.080)

各地の実例編集

北海道地方

広大な面積と希薄な人口密度により、元々モータリゼーションとの親和性が高い土地柄であったが、1970年代以降は産炭地の衰退とそれに伴う北海道自体の人口減少と相まって鉄道路線の廃止や減便が進み、北海道の国鉄の大半が赤字路線となり次々と廃線に追いやられた。1987年にJR北海道に転換後も、函館本線上砂川支線が1994年に、深名線が1995年に、旧池北線の経営を引き継いだ第三セクターのちほく高原鉄道が2006年に廃線となった。2011年にJR北海道の経営危機が顕在化してからは廃線の動きが加速し、2014年に江差線木古内駅江差駅間、2016年に留萌線のうち留萌駅増毛駅間が、2019年に石勝線新夕張駅夕張駅間が、2020年に札沼線北海道医療大学駅新十津川駅間がそれぞれ廃止された。また台風により2016年以降運休になっている日高本線の「鵡川-様似」間が2021年4月に正式に廃止・バス転換が決定した。将来的には留萌線全線の廃線も検討されている。その一方で高規格幹線道路の整備は着実に進み、廃止が検討されている留萌線の深川駅-留萌駅間に並行して深川留萌自動車道が1998年から、石北本線に並行する旭川紋別自動車道が2002年から順次開通していき、鉄道から自動車へのシフトが更に進んだ[9]

他地域同様、郊外型ロードサイド店舗が増える一方、中小都市中心部の商店街が衰退しシャッター通り化している。町村部においてもその自治体で唯一のスーパーマーケットが閉店し、生鮮食料品の購入できる店が地区内に全くなくなるかコンビニエンスストア(セイコーマート)のみとなるなど、俗に言う「買い物難民」の高齢者世帯の増加が深刻化している。「出前商店街」などの移動販売、宅配、買い物代行、「デマンドバス」によるアクセス支援、市民協働による店舗誘致活動など、行政その他で各種取り組みが行われている[10]

両毛デルタ地帯

関東北部における「両毛デルタ地帯」と呼ばれる地域は、日本でも早期からモータリゼーションが発達した経済圏を形成している。

この地域は関越道本庄児玉IC-高崎JCT区間・東北道佐野藤岡IC-加須IC区間・北関東道高崎JCT-太田桐生IC区間・国道17号国道125号国道50号といった道路群によってほぼデルタ形になるように囲まれており、その商圏は、群馬県南東部(うち太田伊勢崎館林前橋桐生南部の一部、高崎東部の一部)を中心に、栃木県安足地区(うち佐野足利南部の一部)、埼玉県北部(うち羽生行田加須の旧北埼玉郡域と概ね児玉郡大里郡およびこの2郡に属していた地域の深谷本庄熊谷の一部)に及んでいる。

館林市は1987年1月から市内の路線バスが全て廃止になり全国でも唯一の「バスなし市」になったのを始め(現在では広域公共路線バス が運行)、各地で廃止代替バスへの転換が相次いだ。

現在も群馬県民の交通手段は過度に自家用車に依存しており、例えば僅か100m先の場所に行くのも車を利用するのが26%、車を持っていない高齢者は他の人の車に同乗するのが主流、また高校生の通学には親に送迎してもらうのが約60%、という自家用車至上主義の為、群馬県の公共交通依存度はかなり低く3.5%でしかない[11]。これは、同県が愛知県や広島県と並んで自動車関連の製造が基幹産業となっていることも影響している。

東海地方

静岡県遠州で盛んであった織機業を原点に、日本最大の自動車メーカーであるトヨタ自動車が本社および工場(愛知県三河)、スズキが本社および工場(静岡県遠州)、ヤマハ発動機が本社および工場(静岡県遠州)を構えるほか、本田技研浜松市三重県鈴鹿市)や三菱自工(愛知県岡崎市)が工場を立地するなど、下請けなどの関連企業が多数所在し、自動車産業が経済基盤となっている東海地方では、日本で最も早くから都市型モータリゼーションが発達し、最も早くから郊外型ライフスタイルが浸透していった地域である。このような都市型モータリゼーションは東海地方に限らず瀬戸内地方でも観られる。こちらも自動車関連が基幹産業(東洋工業が広島県内および山口県内に、三菱自工が岡山県倉敷市にもそれぞれ工場を立地している)になっている背景がある。

そのため、かつては多数の鉄道路線が存在したが、現在では多くの路線が廃線となり、名古屋圏など需要が見込める地域のみに路線が集中している状況である。しかし、前述の背景から、東海地方を代表する大手私鉄名古屋鉄道ですらその輸送密度は、名古屋圏よりも人口の少ない福岡都市圏西日本鉄道に対して劣っている。静岡・浜松大都市圏を基盤に展開する静岡鉄道遠州鉄道においては準大手私鉄を抑え大手私鉄に次ぐ売上高を計上しながら主たる売上割合を占めるものは運輸業ではなく、静岡鉄道が自動車販売事業、遠州鉄道は商品販売事業[12][13]によるものである。過疎地域だけではなく大都市内やその近郊でも鉄道の廃線や存続問題はたびたび話題になり、2005年には名鉄岐阜市内線が、2006年桃花台新交通桃花台線が、それぞれ廃線になった。こうした現状に対し、名古屋市基幹バスの導入などを行い、公共交通の利用促進を図っている。

四国地方

四国は高速道路の整備が遅れ、1980年代末になっても香川県・高知県のごく一部の区間しか開通していなかったが1990年代に入ると高速道路の整備が急速に進み2000年3月には井川池田IC - 川之江東JCTが開通したことで四国の高速道路ネットワークは完成の域に達した(四国8の字ネットワーク)。さらに1998年に明石海峡大橋が開通したことで岡山県を通らずに京阪神地区に直接道路で行けることになり、鉄道・航路のマイカー・高速バスシフトに拍車をかけた。高速道路網整備と反比例するようにJR四国の輸送人員は減少を続け2018年度は1988年度に比べて3割も減少した[14]

沖縄県

沖縄県は戦前には沖縄県営鉄道などの軌道系交通機関があったが、沖縄戦により破壊され戦後も復活することはなく、2003年8月の沖縄都市モノレール開業まで軌道系交通機関がなかった。その為沖縄の交通は道路に一元化され、1970年代まではバス交通が発達したが、1978年の右側通行→左側通行への通路帯変更(所謂730)からは自家用車が急激に増加し、それと反比例してバス利用客が減り沖縄の主要交通の大半を自家用車またはレンタカーに依存する形となった為、現在那覇市の渋滞は全国でもワースト1にまでなっている[15]。また沖縄県には主要バス事業者が4社あったが、2000年代に沖縄バスを除いて倒産する事態にもなった。沖縄県では渋滞を解消する為、モノレールを軸とした公共交通機関の再編、パークアンドライドの推進等を進めている。

モータリゼーションの影響編集

自動車によるモータリゼーションの進展によって、以下のような現象が発生している。

事故・健康被害編集

交通事故
  • 自動車の交通量の増加は事故の増加をもたらした。1990年代後半からは交通事故による死亡者数は減少傾向にあるが、自動車事故件数自体は増加している(詳しくは交通事故#統計の項を参照)。さらに2010年代になってから日本では高齢化を背景に運転中の高齢ドライバーの事故が問題となっている。警察や地方自治体は高齢ドライバーに免許返納を勧めているが、モータリゼーションの進行に伴って公共交通機関が崩壊してしまった地方では高齢者を含めてほとんどの住民はハンドルを手放すことができず(当然、返納後の運転は無免許運転になる)、悲惨な事故を防ぐためにも公共交通の整備が求められている[16]
  • 歩行者自転車などの軽車輌オートバイミニカーを軽んじた政策がときに見られる。自治体によってはクリーンでエコロジーな車両として自転車利用が推進されているが、自転車の立場は自動車から見れば交通弱者、歩行者から見れば交通強者であり、自転車通行帯や法規等の整備が遅れていると事故が起きやすい。
道路交通を原因とする環境汚染
  • 大気汚染騒音などが、特に幹線道路の周辺において深刻である。現状では、世界一厳しい排出ガス規制などで対応するなどしているが、通行量そのものの増大もある。
  • また、地球温暖化の要因と言われている二酸化炭素の排出源として、自動車の存在は無視できない。自動車は単位輸送量当たりの二酸化炭素排出量が鉄道や飛行機よりも格段に多い。工場での排出は規制のために改善が進んだが、自動車排気ガス対策は進んでいるとはいえず、個々の車の燃費は向上しているとはいえ利用の増加に到底追い付けるものではなく、世界的に二酸化炭素の排出量は増加を続けている。
運動不足
  • 自動車による急激なモータリゼーションは、遠い場所の移動を簡易にしたが、その結果運動不足、肥満をはじめとする成人病を増加させてしまった。東京や大阪など、公共交通機関の発達している地域の住民は歩いて行ける箇所はタクシーを使わずに歩くが、地方都市など公共交通網が脆弱で車に依存した地域は近場でも自動車や、自動車を運転していない場合(高齢や妊娠中などの理由によって自動車の運転ができない場合など)は高額のタクシーを利用せざるを得ず、また身内・知人のマイカーで送迎してもらうことが多い(いわゆる「ドア・ツー・ドア」)。

経済編集

国家、地方財政の負担
  • 道路の維持管理には非常にコストがかかり、その結果財政の悪化にも繋がっている。道路は、有料道路以外は無料で通行(フリーライド)できるものの、アスファルトの補修や清掃等の維持費はかかる。この費用は国道なら国が、県道市道は地方自治体の負担であるが、道路の総距離数は年々伸長しており、それに伴い維持費も膨張している。ただし、道路の維持管理は原則として揮発油税軽油引取税などから拠出されているため、道路の維持費が直ちに財政を圧迫しているとは云えない。
  • 自動車の利用者の数は多く、また自動車メーカーなどの自動車関連企業から巨額の広告費を貰っているため、マスメディアも高速道路の建設批判には及び腰になる。特に地方紙は道路建設見直しを「地方軽視」と全面的に反対するところが多く、結果的に、未開通の高速道路は原則全線開通という土壌作りに加担したともいえる。[要出典]
  • 新規の高速道路の建設方式の一環として「新直轄方式」が具体化されているが、無料開放されて収支が計上されない分だけ、自治体の負担が増える。
  • 道路族議員による利用頻度の低い道路建設問題。
スプロール現象
  • 公共交通機関を使わずに移動することが容易になったため、住宅地がそれまでの市街地を離れて設けられるようになった。また、自家用車での来店を前提とした大型駐車場を有するロードサイドショップイオンなどに代表される大型ショッピングセンターが、バイパス道路沿いに進出するようになっている。また同様にこれらの商業施設は国道沿いのほか、住宅街の幹線道路を中心に広がり、「郊外に行けばどこへ行っても同じ風景(ファスト風土)」という錯覚さえ覚える結果となってしまった。
  • これらは逆に、大型ショッピングセンター進出により買い物客がそこに流れ地方都市中心部の商店街はさらに寂れるといった中心市街地の空洞化、特に小型店鋪の衰退(いわゆるドーナツ化現象シャッター通り)を促しているとされ、また交通弱者にとって、こういった地域で自立した生活を行うことは不可能に近い。米国では1920年代の自動車ブームにより、店舗が歩行者用の通りから車道沿いに移転し、車で通り過ぎる人々の目につきやすい風変わりな建造物の店舗が現れはじめ、ロードサイド建築(プログラミック建築、ノベルティ建築などとも)と呼ばれて1930年代に大流行した[17]
  • 高速道路等の開通により、地方から都市へ人口が流出するストロー現象も起きている(もっともこれは新幹線等にも共通する)。

生活編集

生活様式の変化
  • さまざまな事柄が挙げられるが、個人の移動の自由を拡大したという点が大きい。
  • 他人と乗り合わせる公共交通機関と違って、自家用車は「走る個室」として受け容れられたという点もある。
宅配便の発達
交通渋滞
  • 自動車の量が増えたことで、渋滞が頻発するようになった。その解消のために各地で道路の新設・改良が進められているが、かえって自動車の需要を増加させるという意見が見られる。車間距離を含めて大きな空間を必要とする自動車が、一人乗りの移動手段として利用されることが多く無駄が大きい。
  • お盆や年末年始の時期の高速道路の渋滞も問題となっている。
自家用車偏重・公共交通機関の衰退
  • 赤字ローカル線を中心に廃線とバス転換が進み、国鉄の分割民営化直前の時期(全国で特定地方交通線に指定された多くの赤字ローカル線が廃止された時期)には、「(赤字ローカル線は)廃止対象線に指定してもらい、転換交付金を受けてバス転換に踏み切るべき」(1986年10月、北海道新聞)と鉄道廃止を肯定するような論評もあった[18]
  • 自動車輸送(夜行高速バス)が躍進した引き替えに夜行列車は衰退した。
  • 特に地方では、鉄道のローカル線や路線バスが利用者の減少によって経営状況が悪化し、廃止される路線も続出している。のと鉄道穴水-蛸島の廃止が決定したとき、石川県知事は「道路整備の進展が皮肉なことにのと鉄道を廃止に追い込んだ[19]」とコメントしたが、過去の鉄道廃線の例を出すまでもなく、モータリゼーションの進展が公共交通機関を衰退させる要因になることは多い(ただし、大都市における定員を超える乗車を前提とした交通機関の通勤輸送に対する姿勢をそのまま地方に当てはめることはできないとの指摘もある[誰によって?]。また、この問題については少子化過疎化の問題についても考慮する必要がある[なぜ?])。
  • 2005年の名鉄岐阜市内線廃止の際の報道に関しては路線に対する思い出など郷愁一色で、行き過ぎたモータリゼーションに対しての見直し論・路面電車の再生論は殆ど報じられなかった。上記の岐阜市内線の廃止についても海外メディアでは「今どき、珍しい廃止」と皮肉混じりに報道されたが、この事実ですらは日本のマスコミではスポンサーへの配慮から全く報じられなかった。[要出典]
  • 国土交通省や地方自治体の将来の交通計画を見ても道路建設を主としていたが、超高齢社会の進展に対し公共交通機関のさらなる活用を提案する地方自治体も増えてきた。対して、地方によっては、公共施設を、公共交通機関でのアクセスが不便でも自家用車でのアクセスおよび駐車場の確保が容易な、鉄道駅やバスターミナルから離れた幹線道路沿いに移転、新設するなど、「あらかじめ車を所有している家庭を前提にした」街づくりを行っている場合もみられる。
  • 結果、公共交通機関の衰退によって下記の買い物難民の問題を含めた「交通弱者」の問題が拡大していたが、地域の公共交通の再生に向けた法整備が成され、見直しが進んでいる。
買い物難民の増加
  • 上記理由が重なり合い、もはやクルマなしでは食料品・日用品の買い物すらできない地域が存在するようになった。
  • 特に広大な土地を抱える北海道では他地域同様、郊外型ロードサイド店舗が増える一方、都市中心部の商店街が衰退し、郊外においても地区唯一のスーパーマーケットが閉店するなど、買い物難民の高齢者世帯や低所得世帯の増加が深刻化している。「出前商店街」などの移動販売、宅配、買い物代行、「デマンドバス」によるアクセス支援、市民協働による店舗誘致活動など、行政その他で各種取り組みが行われている[20]

モータリゼーションからの転換編集

排気ガスからの二酸化炭素排出や高齢化社会の進展による運転事故の多発など、車社会の問題点が近年多く浮上している。そこでモータリゼーションからの脱却への動きが起こっている。

日本はモータリゼーションが進んでいるものの、東京、大阪の両大都市圏で公共交通の利用度が高いことなどから、2002年現在でG7(カナダを除く)中では自動車への依存度が最も低い水準となっている(旅客輸送人キロでみた鉄道のシェアは、日本が27.0%、イギリス6.4%、フランス5.6%、アメリカ0.6%などとなっている[21])。大都市圏の都市鉄道は非常に利便性が高い一方で、地方部[注釈 3]では鉄道は’’’運転免許が持てない’’’通学生向けのダイヤになっている事が多く、地元在住者にとっては不便で自動車なしには生活が困難な場合が多い。

日本では気候変動対策(地球温暖化防止)、超高齢化社会への対応から車社会からの脱却を図る動きが出ている。一方で、日本国内では自動車関連の産業が国内経済のうち重要な役割を占めるため、モータリゼーションからの転換が進めば自動車の販売、自動車用品の販売およびガソリンスタンドの売り上げが低迷することにも繋がる。特に自動車製造業は多くの従業員と多くの協力会社によって支えられているため、自動車の販売不振は多くの労働者が失業することにも繋がる。実際に平成21年には多くの期間従業員雇い止めになって、深刻な社会問題になった。

鉄道改良編集

世界的に鉄道高速化が積極的に推進されている。自動車依存度が非常に高いアメリカにおいても、高速鉄道を新設する計画が打ち出されている。日本では新幹線の高速化、新線延長はなされる一方、生活と密着している在来線の最高速度については一部の例外を除いて130km/hに限定され、最高速度のさらなる向上は困難な状況である。

都市内交通では路面電車の進化型であるライトレール(LRT)が注目されており、多くの都市で復活・新設が行われている。日本でも、国土交通省がLRT(次世代型路面電車)導入を支援[22]している。日本では富山市が路面電車に熱心であり、2006年富山ライトレール2009年富山都心線が開業[注釈 4]。その後宇都宮市が導入に積極的に動いたことで、宇都宮ライトレールの新設に至っている。諸外国では都市内公共交通は完全公営化がほぼ完了しており、その費用に社会保障費を投入する流れである。日本では明治・大正からの続きで民間事業者の運営が多く[要検証]、または公営でも運賃収入で採算を取ることが各方面から求められている。

マスメディアの報道編集

テレビ・全国紙などの大手メディアは自動車メーカーなどの自動車関連企業から巨額の広告費を貰っているため、モータリゼーションを肯定する報道になりがちである。2009年3月から2011年6月までETC搭載車に限った大幅な料金割引、いわゆる「千円高速」が実施され、更に社会実験として2010年6月~2011年6月まで高速道路無料化が一部路線で実施されたが、その時の特にテレビ報道はこの施策を肯定する報道一色で、渋滞多発や公共交通機関への影響を報じる事は殆どなかった[注釈 5][注釈 6]。また、徳島新聞は社説で「整備新幹線の建設は見合わせてはどうか」(2013年12月25日付)と主張する一方で、「新たに税金を注入しても千円高速を存続すべきだ。」(2011年6月15日付)、「更なる高速道路建設を望みたい」(2015年3月14日付)などと道路中心主義の傾向が見られた。更に、政府の公的支援で道路関係に比べて公共交通に対する支援額が極めて少ないが[23][注釈 7]、鉄道やバスの各会社がスポンサーになっていないメディアはこの不平等を報じることはない。

 中日新聞の地盤である東海三県にはトヨタをはじめとする複数の自動車メーカーが存在する為、上記のモータリゼーションの影響に対する解決策としてエコカー自動運転車の普及等モータリゼーションを推進する報道は頻繁になされるが[24]、バス運転士不足など公共交通機関が抱えている問題についても報道は極めて少ない[注釈 8]。また、中日新聞に限らず各紙にはパブリシティという形で高速道路建設の有用性についての全面広告がしばしば掲載される[25]


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ これらの地域における鉄道やバスは、地域内輸送よりも対大都市圏輸送に重点が置かれているケースがほとんどであり、地域内輸送でも運転免許を持たない学生の通学利用に合わせてダイヤを設定している路線が多い。
  2. ^ 一例として群馬県太田市が挙げられる。太田市はかつて市内に多数のコミュニティバス路線を有していたが、2010年3月31日で新田線・尾島線を除く路線が全廃された。太田市はスバルの発祥・本拠の地であり、いわゆるモーター・タウンの一つである。
  3. ^ 特に道県庁所在地やその地方を代表する有力都市以外の地域
  4. ^ 両路線は2020年(令和2年)に直通運転を開始した。
  5. ^ これは広告の影響を受けないNHKも同様で、例えば2011年2月18日放送分の「あさイチ」での高速道路利用者へのインタビューでは、ほとんどが「実施が継続されて嬉しいです」「渋滞は仕方がない」といった主に肯定的な回答を取り上げていた。
  6. ^ 大手マスコミでは2011年3月4日放送のテレビ朝日報道ステーション」が、千円高速の影響で減収となった西鉄バスが大幅な路線廃止に踏み切り、交通弱者の足が奪われた事を報じたのが数少ない事例だが、その時の番組のコメンテーターは「この様な影響がある事は初めて知った」とコメントしていた。スポンサーの影響を受けやすい民放局では異例の報道と云える
  7. ^ 一方の韓国では政府が積極的に投資した結果、2025年には道路の投資額を上回る見通しとなった。-韓国政府の鉄道投資、この20年で初めて道路投資を上回る中央日報日本語版2021年12月28日付記事 2022年1月2日閲覧
  8. ^ 中日新聞はバス運転士の不祥事は度々載せるものの、その背景になっているバス運転士の慢性的な人手不足または公共交通機関の問題は取り上げる事は少ない-寝過ごした児童、別の停留所で降ろす 岐阜バス「反省」 – 中日新聞2020年1月11日付記事 2020年1月12日閲覧。

出典編集

  1. ^ 『精選版 日本国語大辞典』【モータリゼーション】
  2. ^ 「国民車構想」とモータリゼーションの胎動
  3. ^ アジアのモータリゼーションと環境負荷
  4. ^ 広田民郎『21世紀クルマのリサイクルのすべて』リサイクル文化社、2000年、12頁
  5. ^ a b 広田民郎『21世紀クルマのリサイクルのすべて』リサイクル文化社、2000年、13頁
  6. ^ a b c d 広田民郎『21世紀クルマのリサイクルのすべて』リサイクル文化社、2000年、14頁
  7. ^ a b c 広田民郎『21世紀クルマのリサイクルのすべて』リサイクル文化社、2000年、15頁
  8. ^ マイカーの世帯普及台数 自動車検査登録情報協会
  9. ^ JR三江線に続く「廃線危機」の路線はどこだ?東洋経済ONlINE 2018年4月16日 2018年5月13日閲覧
  10. ^ 北海道内での買い物弱者対策及び流通対策の取組事例集 - 北海道経済部経営支援局中小企業課
  11. ^ 群馬県、交通弱者の「足」確保へ PT調査で車依存浮き彫り – 産経ニュース2017年6月3日付記事 2017年7月15日閲覧
  12. ^ [1]
  13. ^ [2]
  14. ^ JR四国、30年で輸送密度3割減 非鉄道事業の育成急務 – 日本経済新聞2018年5月8日付記事 2018年6月2日閲覧
  15. ^ 那覇の渋滞全国最悪 車保有・レンタカー増 – 沖縄タイムスプラス2014年12月18日付記事 2017年7月15日閲覧
  16. ^ 納得できる免許証の自主返納を – NHKニュース「おはようにっぽん けさのクローズアップ」2016年12月27日放送分、 2018年6月2日閲覧
  17. ^ 巨大ドーナツからゆがんだ家まで、カリフォルニアで奇妙な建物が再流行CNN, 2018.07.27
  18. ^ 鉄道ジャーナル248号108頁
  19. ^ 2004年2月4日付け北國新聞記事
  20. ^ 北海道内での買い物弱者対策及び流通対策の取組事例集 - 北海道経済部経営支援局中小企業課
  21. ^ 社会環境報告書2002 JR東日本
  22. ^ 国土交通省道路局 LRT(次世代型路面電車)の導入支援
  23. ^ 「1年以内に鉄道会社の半分が潰れる」コロナ禍に進行する"交通崩壊"の深刻さ – プレジデントオンライン 2021年5月13日付記事 2021年5月15日閲覧
  24. ^ トヨタ、自動運転「レクサス」今秋発売 高速道路で合流、追い越し – 中日新聞2020年1月4日付記事 2020年1月12日閲覧-中日新聞はトヨタの話題をしばしば1面に掲載している。
  25. ^ 中日新聞 2019年10月12日など

関連項目編集

外部リンク編集