低リン血症(ていりんけっしょう、英:hypophosphatemia)は、血液中リン酸塩濃度が低い状態による電解質障害である[1]。症状は、脱力感、呼吸困難、食欲不振などである[1]。合併症には、発作昏睡横紋筋融解症骨の軟化などがあげられる[1]

低リン血症
別称 Low blood phosphate, phosphate deficiency
Phosphate group chemical structure
診療科 Endocrinology
症候学 Weakness, trouble breathing, loss of appetite[1]
原因 Alcoholism, refeeding in those with malnutrition, hyperventilation, diabetic ketoacidosis, burns, certain medications[1]
診断法 Blood phosphate < 0.81 mmol/L (2.5 mg/dL)[1]
合併症 Seizures, coma, rhabdomyolysis, softening of the bones[1]
治療 Based on the underlying cause, phosphate[1][2]
頻度 2% (people in hospital)[1]

原因には、アルコール依存症飢餓/栄養失調からの過食で発症するリフィーディング症候群糖尿病性ケトアシドーシスやけど過換気症候群、特定の薬の使用などがあげられる[1]。また、副甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症クッシング症候群の状況においても発症する場合がある[1]。 基本的に血中リン酸塩濃度が0.81mmol/L (2.5mg/dL)未満のだと低リン血症と診断される[1]。濃度が0.32mmol/L(1.0mg/dL)未満の場合は重度の低リン血症と診断される[2]

治療法は根本的な原因によって異なる[1]。リン酸塩は経口または静脈への注射によって投与できる[1]。低リン血症は、病院内の約2%の患者と集中治療室(ICU)の70%の患者に発症する[1][3]

出典 編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Hypophosphatemia”. Merck Manuals Professional Edition. 2018年10月28日閲覧。
  2. ^ a b Adams, James G. (2012) (英語). Emergency Medicine: Clinical Essentials (Expert Consult - Online and Print). Elsevier Health Sciences. p. 1416. ISBN 1455733946. https://books.google.ca/books?id=rpoH-KYE93IC&pg=PA1416 
  3. ^ Yunen, Jose R. (2012) (英語). The 5-Minute ICU Consult. Lippincott Williams & Wilkins. p. 152. ISBN 9781451180534. https://books.google.ca/books?id=hlDABaeQukIC&pg=PA152 

外部リンク 編集

分類
外部リソース(外部リンクは英語)