メインメニューを開く
シェル エコマラソンの競技車両
HochschuleOffenburg-Schluckspecht
Ecorunner1

低燃費競技の記事では、世界各地で開催されている、ヴィークルの燃費を競う競技会等について述べる。1980年代まではもっぱら石油を燃料とした熱機関を原動機とするヴィークルで競われていたが、1990年代に始まったワールド・エコノ・ムーブのようにそれ以外のエネルギー源と動力方式によるものも増えている[1]

概要編集

オイルショックを契機として石油の消費に関する関心が高まり、各国でこの種の競技が開催されるようになった。ライトチューン程度の市販車によって競われることもあるが、著名な大会では、燃料を有効利用するために、空気抵抗を低減するカウリング、転がり抵抗を減らすための細く高圧なタイヤ、質量を減らすための複合材の使用、など、レギュレーションやチームの総合力にもよるが工夫が凝らされた車輛と、コース毎の適切な加速ポイントの把握と可能な限りブレーキを使用しない、運動エネルギーを無駄にしない操縦との総合により、リッターあたり数百kmを超えるような高燃費走行がおこなわれる。一般的なモータースポーツと比較し参入がしやすいという側面もあり、工業高校高等専門学校、大学の工学部等の学生といったチームも多く、またいわゆるワークス的チームでない愛好家の参戦もある。レギュレーションは概ね統一されているものの、細部においては大会によって異なる場合がある。

主な大会編集

その他編集

  • 6ストローク機関 - リッターあたり3000kmを超える記録を出したエンジン。通常の4ストロークの後に2ストロークの掃気行程を追加したもの。

編集

  1. ^ 観点にもよるが、ソーラーカーレースなどもこの競技の一種とも言える。

関連項目編集

外部リンク編集