メインメニューを開く

住友軽金属男子排球団(すみともけいきんぞく だんしはいきゅうだん)は、愛知県名古屋市を本拠地に活動していた、住友軽金属工業(現:UACJ)の男子バレーボールチームである。

住友軽金属男子排球団
ホームタウン 愛知県名古屋市港区
創設年 1961年
廃部年 1982年[1]
チーム所在地 愛知県名古屋市港区
体育館所在地 愛知県名古屋市港区
 表示 

目次

歴史編集

1961年10月1日に、名古屋工場で創部。団長に志賀取締役(当時)、栗山重男監督、郡司彰三主将という顔ぶれであった[2]

1969年の日本リーグ出場決定戦で日本リーグ昇格を決めた[3]。チームのモットーは「仕事とバレーの完全両立」だが、日本リーグと実業団リーグの昇降を繰り返した。1975年5月に行われたサントリーとの日本リーグ入替戦では、勝敗、セット率で並び、得点率0.025%差で涙を飲んでいる。特に中心選手として活躍した濱野光之が引退したのちは、数年間実業団リーグに甘んじた。

1982年に廃部となっている。[1]

成績編集

主な成績編集

日本リーグ
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
実業団リーグ
全日本都市対抗
  • 優勝 1回(1972年
  • 準優勝 なし
国民体育大会一般男子(6人制)

年度別成績編集

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
日本リーグ 第3回 (1969/70) 5位 6チーム 10 3 7 0.300
実業団リーグ 第2回 (1970/71) 準優勝 6チーム 10 8 2 0.800
日本リーグ 第5回 (1971/72) 6位 6チーム 10 0 10 0.000
第6回 (1972/73) 6位 6チーム 10 1 9 0.100
実業団リーグ 第5回 (1973/74) 優勝 6チーム 10 9 1 0.900
日本リーグ 第8回 (1974/75) 5位 6チーム 10 3 7 0.300
実業団リーグ 第7回 (1975/76) 準優勝 6チーム 10 7 3 0.700
第8回 (1976/77) 4位 6チーム 10 4 6 0.400
第9回 (1977/78) 5位 6チーム 10 3 7 0.300
第10回 (1978/79) 4位 6チーム 10 4 6 0.400
第11回 (1979/80) 3位 6チーム 10 6 4 0.600
第12回 (1980/81) 優勝 6チーム 10 10 0 1.000
日本リーグ 第15回 (1981/82) 8位 8チーム 21 1 20 0.048

脚注編集

  1. ^ a b Vリーグ機構. “リーグのあゆみ - (3) Vリーグの10年・・企業チームの試練”. 2012年9月7日閲覧。
  2. ^ 日本社史全集 - 住友軽金属工業社史 - 140ページ 編纂:日本社史全集刊行会、発行:常盤書院 1977年8月15日刊行
  3. ^ 当時は実業団リーグがまだなく入替戦は行われていなかった。

参考文献編集

  • 月刊バレーボール 1977年1月号臨時増刊 102-103ページ
  • 昭和52年度全日本バレーボール選抜男女リーグ公式プログラム 財団法人日本バレーボール協会、日本実業団バレーボール連盟刊