港区 (名古屋市)

愛知県名古屋市の行政区

港区(みなとく)は、名古屋市を構成する16区のうちの1つである。名古屋市南西部に位置し、区の南部には日本を代表する国際貿易港の名古屋港がある。名古屋市の区では最大の面積である。

みなとく ウィキデータを編集
港区
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
名古屋市
市町村コード 23111-8
面積 45.64km2
総人口 140,443[編集]
推計人口、2024年6月1日)
人口密度 3,077人/km2
隣接自治体
隣接行政区
名古屋市熱田区中川区南区
知多市東海市弥富市海部郡蟹江町飛島村
区の木 クスノキサザンカ
区の花 ハイビスカス
港区役所
所在地 455-8520
愛知県名古屋市港区港明一丁目12番20号
北緯35度6分27.9秒 東経136度53分7.9秒 / 北緯35.107750度 東経136.885528度 / 35.107750; 136.885528座標: 北緯35度6分27.9秒 東経136度53分7.9秒 / 北緯35.107750度 東経136.885528度 / 35.107750; 136.885528
港区役所
外部リンク 名古屋市港区
港区の県内位置港区 (名古屋市)位置図
ウィキプロジェクト

概要

編集

名古屋市港区は、名古屋市の南西部、市の中心部「」から南へ約10kmの場所に位置する。 区全域を概観すると、海抜ゼロメートル地帯が多い平野部で、区南部は名古屋港に所属する埠頭が占め、名古屋市で唯一伊勢湾に面している。

区内に流れる河川は西から順に弥富市海部郡蟹江町飛島村との境界線を流れる日光川福田川戸田川・東小川・新川庄内川荒子川中川運河堀川が縦断し、山崎川大江川東海市との境界線を流れ、区の最南東にある天白川が区東部を横断している。

道路は、区の交通の動脈である国道23号伊勢湾岸自動車道が横断し、鉄道は、名古屋市営地下鉄名港線が区の東部を縦断し、名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)や、かつてのJR貨物東海道本線の貨物支線(名古屋港線・2024年廃止[1])跡が区の中域を縦断しているほか、南東部には名古屋鉄道築港線が僅か1区間ながら横断している。

区の繁華街は、名古屋港の中心であるガーデンふ頭から東海3県に初出店で港区最大級でもあるららぽーと名古屋みなとアクルスを擁する名港線東海通駅付近までと、かつて存在したショッピングセンター「港品川ショッピングセンター(イオンモール名古屋みなと)」を擁する品川町・寛政町・砂美町界隈の2地域に集中する。 西部の大半は、水田が広がる穀倉地帯が広がり、北部・中域は、住宅・商業施設が大半を占める。 名古屋港を擁する東部・南部・湾岸エリアは、工業地帯だが、ガーデンふ頭・金城ふ頭・潮見町北部などには商業・観光・娯楽施設が存在する。名古屋市16区の中で最も人口密度が低く、唯一5,000人/km2を下回る。

地理

編集

地形

編集

河川

編集
主な川

海岸

編集
  • 伊勢湾
干潟

地域

編集

各町名は、堀川・中川運河・庄内川の3河川で分けた地域と、旧海部郡南陽町の計4区域に分け、五十音順で下記のとおり表記する。

旧港区(堀川より東区域)
旧港区(中川運河・庄内川間の区域)
旧港区(中川運河・堀川間の区域)
旧海部郡南陽町(庄内川より西区域)

人口

編集
港区の人口の推移
2000年(平成12年) 151,577人
2005年(平成17年) 152,029人
2010年(平成22年) 149,214人
2015年(平成27年) 146,831人
2020年(令和2年) 143,399人
総務省統計局 国勢調査より[2]
年齢構成

年齢5歳階級別人口
2004年12月1日現在推計人口
総計(単位 十人)

年齢 人口
0 - 4歳      758
5 - 9       764
10 - 14       761
15 - 19     837
20 - 24       989
25 - 29     1122
30 - 34       1266
35 - 39     1062
40 - 44      957
45 - 49      896
50 - 54      1071
55 - 59      1162
60 - 64    1054
65 - 69      845
70 - 74      682
75 - 79       471
80 - 84       297
85 - 89    152
90歳以上    84
年齢不詳   30

年齢5歳階級別人口
2004年12月1日現在推計人口
男女別(単位 十人)

年齢
392      0 - 4歳     366
390      5 - 9      373
385     10 - 14      376
426      15 - 19     411
519    20 - 24       470
578      25 - 29     543
658     30 - 34    608
559    35 - 39   502
492       40 - 44      465
462      45 - 49     433
558    50 - 54    512
607    55 - 59    554
540     60 - 64    514
417     65 - 69      427
321     70 - 74     361
200    75 - 79       270
100   80 - 84      197
50   85 - 89   101
18   90歳以上    65
20    年齢不詳   10

隣接自治体・行政区

編集
名古屋市行政区
他の市町村

歴史

編集

近世

編集

江戸時代、区域のすべてが尾張藩の領地であり、区の北部から南部は江戸時代初期に、湾岸部は名古屋港の開発により明治末期から昭和中期までに埋め立てによってできた土地である。

近代

編集
明治時代
  • 1907年明治40年)- 愛知郡小碓村(千年・熱田新田東組・稲永新田・熱田前新田)を名古屋市域へ編入する
  • 1908年(明治41年)- 4区制施行時に、南区として発足する
大正時代
  • 1922年大正11年) - 愛知郡小碓村を南区に編入する

近現代

編集
昭和時代(戦前)
昭和時代(戦後)

現代

編集
平成時代

政治

編集

行政

編集

行政機関

編集

港区役所のある港明を中心に数多くの施設が各地に点在している。区の西部、春田野に区役所の支所、保健センターの分室がある。

県政機関
 
名古屋競馬場
 
稲永スポーツセンター
 
名古屋市国際展示場(ポートメッセ名古屋)
愛知県庁
  • 愛知県競馬組合 名古屋競馬場
  • 愛知県スポーツ振興事業団 愛知県武道館
市政機関
  • 名古屋市港区役所
    • 名古屋市港区役所南陽支所
    • 名古屋市港保健センター
    • 名古屋市港保健センター南陽分室
    • 名古屋市港区南陽地区会館
  • 名古屋市環境局
    • 港環境事業所
    • 港作業場
    • 南陽工場
    • 大江破砕工場
  • 名古屋市上下水道局
  • 名古屋市緑政土木局
  • 名古屋市住宅都市局
    • 野跡駅交通広場
  • 名古屋市教育委員会
    • 港図書館
    • 南陽図書館
    • 稲永スポーツセンター
    • 南陽プール
    • 港サッカー場
    • 港南地域スポーツセンター
    • 港北地域スポーツセンター
    • 港明地域スポーツセンター
    • 東港地域スポーツセンター
    • 当知地域スポーツセンター
    • 南陽地域スポーツセンター
    • 南陽東地域スポーツセンター
    • 宝神地域スポーツセンター
  • 名古屋市交通局
    • 名港工場(車庫)
    • 築地口駅
    • 東海通駅
    • 名古屋港駅
    • 港区役所駅
    • 港区役所回転場
    • 名古屋港バスターミナル
    • 稲永スポーツセンター回転場
    • 多加良浦回転場
    • 河合小橋回転場
    • 南陽交通広場
    • 名城軌道事務所 東海通保線区
  • 名古屋市市民経済局
    • 名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)
    • 港文化小劇場
    • 中央卸売市場 南部市場
    • 築地公設市場
    • 南陽公設市場
  • 名古屋市健康福祉局
    • 名古屋市食肉衛生検査所
    • 名古屋市港区社会福祉協議会
    • 港福祉会館
    • きよすみ荘
    • とだがわこどもランド
    • 港児童館

出先機関・施設

編集

国家機関

編集
 
名古屋入国管理局
 
名古屋税関

環境省

編集

厚生労働省

編集

国土交通省

編集
海上保安庁

財務省

編集

農林水産省

編集

法務省

編集

施設

編集
 
愛知県港警察署
 
名古屋市港防災センター
 
中部労災病院
 
臨港病院
 
名古屋港郵便局
 
名古屋市港図書館
 
ガーデン埠頭
 
全域が喫煙・火気厳禁であることを示す看板(潮見町)
 
愛知県武道館

警察

編集

区内に所在する警察署・消防署は五十音順で以下のとおり。なお、港警察署は名古屋港ガーデンふ頭のJETTY前、港消防署は築地口の東部にある。また、特別消防隊(ハイパーレスキューNAGOYA) 第五方面隊は金城ふ頭にあり、名古屋港内の火災予防・水難救出や船舶、石油コンビナート等の沿岸施設、さらには、特定の河川沿岸部の火災の鎮火を担う名古屋市消防局の水上消防のエキスパート部隊である。

本部
交番
  • 港明交番
  • 東築地交番
  • 築地交番
  • 稲永駅前交番
  • 金城ふ頭交番
  • 汐止交番
  • 南陽東交番
  • 南陽交番
  • 当知交番
  • 小碓交番
  • 宝神交番

消防

編集
消防署
出張所
  • 荒子川出張所
  • 稲永出張所
  • 東海橋出張所
  • 南陽出張所
  • 東築地出張所
特別消防隊

医療・福祉

編集
主な区内に所在する救急指定病院

郵便局

編集

区内の郵便局は、港栄に所在する名古屋港郵便局(なごやみなとゆうびんきょく)を集配局とし、17ヶ所の郵便局が存在する。

  • 日本郵便株式会社 東海支社
    • 名古屋港郵便局
    • 名古屋秋葉郵便局
    • 名古屋惟信郵便局
    • 名古屋稲永郵便局
    • 名古屋大手郵便局
    • 名古屋木場郵便局
    • 名古屋港北郵便局
    • 名古屋港陽郵便局
    • 名古屋東海橋郵便局
    • 名古屋当知郵便局
    • 名古屋土古郵便局
    • 名古屋七番町郵便局
    • 名古屋南陽町郵便局
    • 名古屋西稲永郵便局
    • 名古屋福田郵便局
    • 名古屋港本町郵便局
    • 名古屋明正郵便局

文化施設

編集
図書館

運動施設

編集
主なスポーツ施設
公営競技

港湾施設

編集

名古屋港の中心を担うガーデンふ頭周辺には、港湾関係の庁舎や企業が多く立ち並び、埠頭内には、名古屋港(ガーデンふ頭)のシンボルである名古屋港ポートビルを始めとする多くの商業・娯楽・観光施設がある。また、潮見ふ頭と金城ふ頭にも、一部、商業・観光・イベント施設が存在する。汐止ふ頭は稲永公園の中にあり、現在は埠頭としての役目は果たしていない。他の埠頭は、工業地帯の中にあり、埠頭内は名古屋港管理組合や名古屋港運協会に所属する企業の敷地内となるため、企業関係者以外は立ち入り禁止区域となっている埠頭もある。過去に稲永ふ頭では、名古屋みなと祭り花火大会の日だけ、埠頭を開放していたこともあるが、現在は安全面から中止している。
なお、埠頭の並び順は埋め立ての際に付けられた号地番順で、追記は港湾に関連ある事務局や施設である。

築地ふ頭
ガーデンふ頭
  • 名古屋港湾合同庁舎
    • 名古屋税関
    • 動物検疫所 名古屋支所
    • 名古屋植物防検疫所
    • 第四管区海上保安本部
  • 名古屋港管理組合本庁舎
  • 名古屋港振興財団事務局
  • 名古屋港ポートビル乗船センター
  • 名古屋港湾会館(名古屋港文化センター)
  • ハーバーロッジなごや(名古屋船員会館)
大手ふ頭
  • 名古屋海上保安部灯台課分室
  • 名古屋検疫所

築地東ふ頭

大江ふ頭
昭和ふ頭
船見ふ頭
潮見ふ頭
稲永ふ頭・稲永第2ふ頭
  • 名古屋税関 稲永出張所
  • 名古屋税関 金城ふ頭出張所
潮凪ふ頭
空見ふ頭
  • 名古屋港フェリーふ頭
  • 名古屋港フェリーターミナルビル
    • 名古屋港埠頭公社事務局
汐止ふ頭
金城ふ頭
  • 名古屋港船舶通航情報センター
  • 名古屋港海上交通センター
  • 名古屋港湾管理組合 金城ふ頭分所
  • 名古屋港湾労働者福祉センター

対外関係

編集

国際機関

編集

領事館

編集
名誉総領事館

経済

編集
 
三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所大江工場時計台

第二次産業

編集

工業

編集

区内にある名古屋港すべての埠頭は、中京工業地帯の区域にあり、同工業地帯の一角を成す主要地区となっており、多くの企業の本社・拠点や工場・倉庫などが立地している。

拠点を置く主な企業

第三次産業

編集

商業

編集
 
名古屋南部卸売市場

区内の商業はかつて築地口を基盤としたユニーの前身である西川屋を中心とし、区内に所在する7商店街を支点に栄え、区の大半はまだ中小規模商店が活躍していた。

1992年に、イオンが国道302号線沿いの春田野に「ジャスコシティ南陽(現:イオン南陽店)」が開業させると、1993年にはユニーが当知に「ポートモールアピタ港(現:ポートウォークみなと)」、1997年には港明に「アピタ東海通店(現:MEGAドン・キホーテUNY東海通店)」が開業するなど、大型スーパーが区内に多数出店するようになる。

その後、1999年に「港品川ショッピングセンター」(「イオンモール名古屋みなと」に改称後、2021年に営業終了)、2014年には西茶屋地区に「イオンモール名古屋茶屋」、2018年9月にはららぽーととして東海3県初出店となる「ららぽーと名古屋みなとアクルス」が港区役所近くにオープンするなど、区内各地に大型スーパーならびにショッピングモールが立地している。

商店街
  • 築地口商店街
  • 東海通商店街
  • 土古商店街
  • 錦町商店街
  • 南陽商店街
  • 名港通商店街
  • ポートオブナゴヤ商店街
GMS・総合スーパー
ホームセンター
主な家具・家電量販店
主な食料品スーパー

金融機関

編集
銀行

区内には、7銀行の窓口業務を行う支店・出張所がある。

農業協同組合
  • JAなごや
    • 稲永支店
    • 小碓支店
    • 善進支店
    • 南陽町支店
    • 南陽町北支店
    • 南陽町東支店
信用金庫

本社を置く企業

編集
上場企業
その他の主な企業

情報・生活

編集

マスメディア

編集

中継局

編集

ライフライン

編集

電力

編集

ガス

編集

上下水道

編集

電信

編集

教育

編集

各教育機関は五十音順で下記のとおり、大学は区内には存在しない。

専修学校

編集

高等学校

編集
県立

中学校

編集
市立

小学校

編集
市立

特別支援学校

編集
県立

交通

編集

鉄道

編集
 
築地口駅

名古屋市営地下鉄名港線名古屋臨海高速鉄道あおなみ線の各駅を経由しつつ、隣接区の中川区熱田区南区や、より遠方の中村区中区などにあるJR東海名古屋鉄道名古屋市営地下鉄の駅まで運行している。

これ以外に、中村区の名古屋駅から港区内のサンビーチ日光川や三重県桑名市内の南桑名(1便のみ)への三重交通の路線バスが、区内の名古屋市道名古屋環状線や国道23号を経由しているが、名古屋市営バスに比べ運行する路線規模は小さい。また、名鉄築港線は南区の常滑線大江駅から港区の工業地帯である大江町への支線で、朝・夕方のみ運行をしている。

鉄道路線

編集
 名古屋鉄道(名鉄)
CH 築港線:(名古屋市南区)-(名電築港駅) - 東名古屋港駅
  名古屋臨海高速鉄道
あおなみ線:(名古屋市中川区)- 港北駅(旧名古屋競馬場前駅) - 荒子川公園駅 - 稲永駅 - (潮凪信号場) - 野跡駅 - 金城ふ頭駅

この他に駅はないが名鉄常滑線が大江駅 - 大同町駅で区内を僅かに通過している。

地下鉄

編集
  名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)
  名港線:(名古屋市熱田区)- 東海通駅 - 港区役所駅 - 築地口駅 - 名古屋港駅

バス

編集

路線バス

編集

道路

編集
 
名港中央大橋
 
木場出入口
 
名古屋高速4号東海線港明出入口付近

隣接区の中川区を横断する国道1号バイパスの役目を果たす国道23号名四国道)は、港区の大動脈で多くの大型トラックやトレーラーが行き交う。この国道23号の交通量を削減するためのバイパスとして、伊勢湾岸自動車道名港トリトン)が整備されたが、通行料の高さから敬遠されがちで、国道23号のバイパスとしては役目を十分に果たしていない。しかし伊勢湾岸道自体は2004年度に東名高速道路および東名阪自動車道と接続されて以降、通年混雑する東名・名神高速道路のバイパスとして交通量が増加傾向にある。一般道では、庄内川、新川を渡る手段が国道23号の庄内新川橋と、名古屋十四山線の明徳橋・日の出橋の2手段しか無かったが、新たに両橋の中間地点を通る戸田荒子線、南陽大橋が開通し、2道路の交通量の緩和に大きく貢献している。また、堀川を渡る手段も、国道23号の港新橋と、東海橋線(東海通)の紀左エ門橋の2手段しか無かったが、新たに両橋の中間地点に、港楽木場町線、きらく橋が開通し、港区役所・中部労災病院などがある港明と木場町の行き来が非常に便利になった。

高速道路

編集
中日本高速道路(NEXCO中日本)
名古屋高速道路

国道

編集

県道

編集
主要地方道
一般県道

市道

編集

幹線道路の道路通称名

編集
<南北の道路>
<東西の道路>
<金城埠頭中心部>
  • 南京大路
  • メキシコ大通
  • ロサンゼルス大通

港湾

編集
 
接岸中の太平洋フェリー「いしかり」
 
名港トリトンをくぐる太平洋フェリーいしかり
航路

水上交通手段であるが、フェリー・定期船は、名古屋港の金城ふ頭にある名古屋港フェリーターミナル、水上バス・観光遊覧船は、名古屋港のガーデンふ頭にある名古屋港ポートビル乗船センターと、乗船場が分かれていた。名鉄海上観光船がかつて運営していた水上バス(名古屋港ポートビル乗船センター - ブルーボネット)は、同園の休園日は運航していなかった。みなとめぐり遊覧船は、名古屋港を30分間ほど遊覧して、名古屋港ポートビル乗船センターに戻る遊覧船で、以前は金のシャチホコを象った金鯱号(3代目)が役目を担っていた伝統のある遊覧船であった。また、観光遊覧船の貸し切りクルーズ・貸し切り堀川遊覧船は、宴会・パーティー専用船のため、乗船する際は各運営会社に予約する必要がある。さらにこれ以外に、季節限定の貸し切りクルーズもある。

フェリー・定期船
観光遊覧船
  • 名鉄海上観光船(2006年廃止)
    • みなとめぐり遊覧船(heisei1号)
    • 貸し切りクルーズ(heisei1号・アルカンシェル号)
      • 名古屋港ポートビル乗船センター
  • 東山ガーデン
    • 貸し切り堀川遊覧船 宮の渡し公園・白川公園・納屋橋航路(御座船 義丸号)
    • 貸し切り堀川遊覧船 宮の渡し公園航路(エンジェルハープ号)
    • 貸し切り堀川遊覧船 朝日橋(名古屋城)・納屋橋(都心)・白鳥(日本庭園・国際会議場)・宮の渡し公園航路(サムライクルーズ「信長」「秀吉」「家康」)
      • 名古屋港ポートビル乗船センター

観光

編集
 
辯天寺
 
築地神社
 
レゴランド・ジャパン
 
名古屋港シートレインランド
 
名古屋港ポートビル
 
リニア鉄道館

名所・旧跡

編集
主な寺院
主な神社
その他

観光スポット

編集
ガーデン埠頭
金城埠頭
潮見埠頭
公園
博物館

文化・名物

編集

祭事・催事

編集
主な祭事

スポーツ

編集
  • F.C.ゴール - 当地が本拠地のアマチュアサッカークラブ

出身関連著名人

編集

芸能

編集

スポーツ

編集

その他

編集

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ この出入口は隣の熱田区とまたがって位置している。

出典

編集

関連項目

編集

外部リンク

編集