メインメニューを開く

住吉スポーツセンター(すみよしスポーツセンター)は、大阪市住吉区にある、大阪市立のスポーツ施設(屋内競技施設)である。住吉屋内プール、トレーニングジムが併設されている。

サンエイワーク住吉スポーツセンター
Sumiyoshi130714-1.JPG
施設情報
愛称 すみすぽ
正式名称 住吉スポーツセンター
用途 体育館
収容人数 3,500(第1体育場)
管理運営 ティップネス
延床面積 1,850m²
竣工 2000年6月
所在地 558-0021
大阪府大阪市住吉区浅香1-8−15
位置 北緯34度35分31.7秒
東経135度30分41.3秒

2016年4月から施設命名権の売却によりサンエイワーク住吉スポーツセンター(サンエイワークすみよしスポーツセンター)に改称された[1]

歴史編集


概要編集

bjリーグ大阪エヴェッサのサブホームアリーナ[3]

  • 2010-11シーズンから14-15シーズンまで、プロバスケットボールbjリーグ大阪エヴェッサの公式戦を最も多く開催する「ホームアリーナ」として使用された。ただ新リーグ1部仕様である「5,000人収容」を満たさない点と、エヴェッサが舞洲アリーナを長期借用する契約を結んだ事から、15-16シーズンよりホームアリーナが舞洲に移転した。しかし舞洲移転後も、本施設での公式戦開催は続いている。
シーズン レギュラー プレイオフ 備考
10-11 - 2
11-12 10 2
12-13 10 -
13-14 12 -
14-15 8 -
15-16 4 -
  • エヴェッサの試合時にはスクリーンが設置され、会場には飲食ブースも設けられる。
  • 最多動員:2,791人(2012年3月18日(日)、島根戦)[4]

シュライカー大阪の試合会場

シーズン 試合数 観客
14-15 2 922人/1,310人
15-16 1 1,260人
16-17 3 -


また、日本ハンドボールリーグ[5]プロボクシング[6]の試合会場としても使用される。

施設概要編集

  • 第1体育場 1850㎡(50.9m×36.3m、天井高17.5m、会場備付けの1階席には約1,000人を収容可能)
  • 第2体育場 670㎡(35.1m×19.0m、天井高12.5m)
  • 多目的室 95㎡(12.3m×7.7m、天井高2.7m)
  • 会議室
  • 屋内プール (25m×8コース)
  • トレーニングジム

営業時間・休館日編集

  • 営業時間 9:00~20:30
  • 休館日 毎週月曜日(休日の場合は翌平日休館)および 年末年始(12月28日~1月4日)

アクセス編集

脚注・出典編集

外部リンク編集