佐々木 中(ささき あたる、1973年8月2日 - )は、日本哲学研究者作家京都精華大学人文学部准教授。学位は博士(文学)東京大学)。専門は現代思想

佐々木 中
(ささき あたる)
誕生 (1973-08-02) 1973年8月2日(47歳)
日本の旗 日本青森県
職業 作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 博士(文学)
最終学歴 東京大学
ジャンル 現代思想
代表作 『夜戦と永遠 フーコー・ラカン・ルジャンドル』(2008年・以文社)
公式サイト atarusasaki.net
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

略歴編集

批判編集

福嶋亮大は、『切りとれ、あの祈る手を──〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』について、

おそらく本書は、文壇には好意的に受け入れられるだろう。「文学の勝利」を高らかに謳い上げているのだから。そして、情報の世界に背を向けていいと言っているのだから。とはいえ、その「勝利宣言」は20世紀に積み重ねられてきたさまざまな文学的実験の背景を、ことごとく無視したところで述べられている。むろん、佐々木氏一人が「反動」に走るのは一向に構わないし、読者がその語り口に耽溺するのも自由だ。だが、作家や編集者、批評家は、何がほんとうに文学の未来に資するのか、いかにして文学をこの民主主義的社会に対応させていけばいいのか、最低限の歴史的素養を持って知性的に考えていただきたいと思う。

と批判した[2]。また、東浩紀も、

仲間内にしか読まれない文章で「おれたちがいかに勝利しているか」を滔々と語り続ける文章ほど、無意味なものはない。そこにいくら装飾が加えられていても、無意味は無意味。人文書の棚がそういう無意味な本に占められるようになって久しい。

として、福嶋に賛同した[3][4][5][6][7]

人物編集

著書編集

評論編集

  • 『夜戦と永遠──フーコーラカンルジャンドル』(以文社、2008) - 博士論文 
    • 『定本 夜戦と永遠』(河出文庫(上・下)、2011)、増訂版
  • 『切りとれ、あの祈る手を──〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』(河出書房新社、2010)
  • 『足ふみ留めて──アナレクタ1』(河出書房新社、2011)
  • 『この日々を歌い交わす──アナレクタ2』(河出書房新社、2011)
  • 『砕かれた大地に、ひとつの場処を──アナレクタ3』(河出書房新社、2011)
  • 『この熾烈なる無力を──アナレクタ4』(河出書房新社、2012)
  • 『踊れわれわれの夜を、そして世界に朝を迎えよ』(河出書房新社、2013)
  • 『仝: selected lectures 2009-2014』(河出書房新社、2015)
  • 『戦争と一人の作家 坂口安吾論』(河出書房新社、2016)

小説編集

  • 『九夏前夜』(河出書房新社、2011)、初出は「早稲田文学増刊π」2010
  • 『しあわせだったころしたように』(河出書房新社、2011)
  • 『晰子の君の諸問題』(河出書房新社、2012)
  • 『夜を吸って夜より昏い』(河出書房新社、2013)
  • 『らんる曳く』(河出書房新社、2013)
  • 『短夜明かし』(河出書房新社、2014) 
  • 『神奈備』(河出書房新社、2015)

翻訳編集

共著編集

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ Kinokuniya (1291187144). “『切りとれ、あの祈る手を――<本>と<革命>をめぐる五つの夜話』佐々木中(河出書房新社)” (日本語). 書評空間::紀伊國屋書店 KINOKUNIYA::BOOKLOG. 2020年11月15日閲覧。
  3. ^ https://twitter.com/hazuma/status/11216914248372224” (日本語). Twitter. 2020年11月15日閲覧。
  4. ^ https://twitter.com/hazuma/status/11217211171536896” (日本語). Twitter. 2020年11月15日閲覧。
  5. ^ https://twitter.com/hazuma/status/11217465958735872” (日本語). Twitter. 2020年11月15日閲覧。
  6. ^ https://twitter.com/hazuma/status/11217563916705793” (日本語). Twitter. 2020年11月15日閲覧。
  7. ^ https://twitter.com/hazuma/status/11218381470437376” (日本語). Twitter. 2020年11月15日閲覧。
  8. ^ a b 私は産経新聞の今回の決定に抗議します。 2012年11月27日

 

外部リンク編集