いとうせいこう

日本のタレント、クリエイター

いとう せいこう(本名:伊藤 正幸(読み同じ)、1961年3月19日 - )は、日本のタレント小説家作詞家ラッパー俳優、ベランダーとして幅広く活動するクリエイター。株式会社エムパイヤ・スネーク・ビルディング取締役。2008年3月より株式会社キューブに所属。身長170cm、体重63kg。

いとう せいこう
Seikoito-yoyogi-april21-2019.jpg
2019年
誕生 伊藤 正幸(読み同じ)
(1961-03-19) 1961年3月19日(61歳)
日本の旗 日本東京都葛飾区
職業 編集者小説家作詞家ラッパー俳優
ジャンル 小説随筆
代表作ノーライフキング』(1988年)
『想像ラジオ』(2013年)
主な受賞歴 講談社エッセイ賞(1999年)
野間文芸新人賞(2013年)
デビュー作 『ノーライフキング』(1988年)
パートナー あり
公式サイト WATCH SEIKO
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
いとう せいこう
出生名 伊藤 正幸
別名 MAC THE SEIKO
生誕 (1961-03-19) 1961年3月19日(61歳)
出身地 日本の旗 日本, 東京都葛飾区
学歴 早稲田大学法学部卒業
ジャンル ヒップホップ
職業 編集者小説家作詞家ラッパー
担当楽器 ボーカル作詞
活動期間 1985年
共同作業者 □□□
DUBFORCE
公式サイト WATCH SEIKO

経歴・人物編集

葛飾区鎌倉町出身[1]。父の伊藤郁男は元参議院議員民社党政審副会長を務めた。

東邦大学附属東邦高等学校を経て、早稲田大学法学部へ進学。在学中からピン芸人として活動を始める。学生時代より舞台活動としてドラマンスに参加。

ニッポン放送からパーソナリティとしてのオファーがあったが、逆に裏方でラジオの仕組みを勉強したいと頼み、タモリの「オールナイトニッポン」のADをした[2]。その傍ら、高原兄がパーソナリティだった時代の「ヤングパラダイス」では「穴ほりマン」として中継レポーターを務めていたこともある[3]

1984年の大学卒業後、大手総合出版社講談社に入社。『ホットドッグ・プレス』などの編集部を経て、1986年退社。以降もフリーランスの企画や商業ベースの編集を行う。

ヒップホップMCとして活動する傍ら、執筆活動も行い、1988年に発表した処女小説『ノーライフキング』は第2回三島由紀夫賞、第10回野間文芸新人賞の候補作ともなった。

2006年より、園芸ライフスタイルマガジン『PLANTED』(毎日新聞社)の創刊編集長を務める。

2013年、東日本大震災をテーマとした小説『想像ラジオ』が、第26回三島由紀夫賞および第149回芥川龍之介賞候補となり、第35回野間文芸新人賞受賞。「鼻に挟み撃ち」で、第150回芥川龍之介賞候補。現在は、近畿大学国際人文科学研究所の客員教授を務めている。

2022年3月25日twitterを更新し、末包昇大広島東洋カープ)であることを明らかにした[4]

音楽編集

1980年代、日本にヒップホップカルチャーを広く知らしめ、本格的にラップ・ミュージックで表現したアーティストの一人である。

アフリカン・アメリカンのラップというスタイルを単に模倣したのではなく、日本語の表現方法の可能性を意識的に追求した点で、その後の表現者たちに多大な影響を与えている(この点については日本のヒップホップを参照)。

後に、MCUKOHEI JAPANYOU THE ROCKスチャダラパー宇多丸らが影響された事実を語っている。

1985年、アーティスト・プロデューサーとして初めて手がけたアルバム『業界くん物語』を発売し、ヤン富田藤原ヒロシ、DJ K.U.D.O.、Dub Master X屋敷豪太らが参加[5]

1986年、いとうせいこう&タイニー・パンクスとして、アルバム『建設的』を発売[6]

1989年、ヤン富田プロデュースによる、初のソロ・アルバム『MESS/AGE』を発表。

1990年1月、長編小説の第二作『ワールズ・エンド・ガーデン』を刊行すると、その直後に湾岸戦争が始まった。いとうは、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人中上健次津島佑子田中康夫らとともに『湾岸戦争に反対する文学者声明』の発起人に名を連ね、『ビッグコミックスピリッツ』で読者参加型の緊急連載『戦争と平和』を立ち上げ、さらに「自宅闘争」と銘打ったファックスによる反戦活動も始めた。

1992年には藤原ヒロシサブリミナル・カームを結成。ヴォーカルを中心としたアルバムを発表。収録された「かすかなしるし」は、須永辰緒によってカヴァーが出されている。

ラッパー時代は宮崎泉と共に、「MAC THE SEIKO & DUB MASTER X」を名乗っていた。

湾岸戦争以降は、いとうは小説をほとんど発表しなくなっており、2006年の「WB」(『早稲田文学』のフリーペーパー)のインタビューでは、湾岸戦争および小説に関して、以下のように語っていた[7]

あるときから、僕のコンピュータのデスクトップには「湾岸戦争しかなかった」ってタイトルの、二行だけしかまだないファイルがあるんです。ボードリヤールが「湾岸戦争はなかった」と書いた、あの吞気で80年代的なものから全く転換していない姿勢を、どうにかきちんと批判したいという気持ちが、いまだに強い(中略)あのあと『去勢訓練』という性愛小説を書きましたが、その間も湾岸戦争のことしか考えてないですから。あのときの異常な脱力感と、世界に向き合う立場がなくなった感じを「去勢」と呼び、それをなんとか対象として描いてみようとして性的なことを書いていた。もっとも社会的・世界的なことと、セックスのようにもっとも極私的なことを結びつけて書く以外に、文章が書けなかったんです

本というメディアの意味から考えてるから、自家中毒気味なんですね。ソシュールデュシャンレーモン・ルーセルという沈黙と言葉を扱った人たちのことを考えているうちに、自分も結局何もわからなくなって言葉それ自体については沈黙してしまった

2009年Dub Master Xかせきさいだぁ≡などと共に「THE DUB FLOWER」を結成。

2009年7月9日、何度かコラボレーションしていた□□□に加入することを発表[8][9]

2013年に16年ぶりの小説『想像ラジオ』を発表。

2016年3月にゲストとして参加していたDUBFORCEへ正式加入[10]

2018年、DUBFORCEから派生する形で生まれたダブ・ポエトリー・ユニット、いとうせいこう is the poetの活動を開始[11][12][13][14]

2019年8月、いとうせいこう is the poetの初音源「直して次に渡す/直して次に渡す(And The DUB goes on Mix)」が、限定アナログ盤としてリリース[15][16]

2021年3月、いとうせいこう is the poetの1st.アルバム『ITP 1』を発表[17][18]

エピソード編集

  • 『ホットドッグプレス』編集者時代は投稿コーナーを担当。お笑いライブプロデューサーヒロ吉田、詩人の小杉なんぎんらが常連だった。
  • 家庭菜園に凝っていて、様々な野菜を作っている。初心者へのお勧めはシシトウ。後にエッセイ『ボタニカル・ライフ 植物生活』がNHKで『植物男子ベランダー』としてドラマ化された。
  • 世界一受けたい授業』での特許の授業でが固くならない容器のアイデアを出して、優れたアイデアと認められたので特許を出願した[19][注釈 1]
  • みうらじゅん安斎肇と共に「バギナーズ」という女装ユニットを結成したことがある。
  • 着信御礼!ケータイ大喜利』の初代MCを担当。
  • ラヴァーズ・ロックを唄う際は裏声になる。
  • 同じ仏像好きのみうらじゅんとはテレビ番組で知り合い、意気投合し、翌日2人による月刊誌の連載が決定した。いとうの仏像好きは「般若心経」その他を読んでいた中学校時代から。通信空手の有段者であるが、同じく通信空手をしていたみうらじゅんが出会った通信空手家3人のうちの1人だという。
  • 車の運転免許を持っていない。
  • 再婚しているが、そのことを出演する番組スタッフに伝えていない。
  • みうらじゅんと共に「テープカッター(式典でのテープカットの専門家)」、「副音サー(あらゆる映像に副音声を付ける専門家)」など、新たな経歴・肩書きを増やし続けている。
  • 日本ふんどし協会がふんどし普及に貢献した人物に贈る賞である「ベストフンドシストアワード」を第1回の2011年度から3年連続で受賞している[20]。2014年度にて殿堂入りに認定された。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

発売日 タイトル c/w 規格 規格品番
キャニオン・レコード/T・E・N・T
1st 1987年4月21日 BODY BLOW HEALTHY MORNING
TOKYO BRONX (LIVE AT Mounkberys)
12inch C12A-0561
2nd 1987年7月21日 渚のアンラッキーボーイズ まんぼでGANBO! (パンツの穴シスターズ Tu-Tu) EP 7A-0752
DIRTY30 PRODUCTION
いとうせいこう is the poet 名義
3rd 2019年8月3日 直して次に渡す 直して次に渡す (DUB) EP HR7S145
4th 2019年11月3日 iuai iuai dub EP DIRTY30002
5th 2020年8月29日 怒りを吠えるけもの 怒りを吠えるけもの (inst) EP DIRTY30003

コラボレート・シングル編集

名義 発売日 タイトル c/w 規格 規格品番
Grand Trax
JUST A ROBBER 2008年9月6日 dub On The Beach Town To Town
The Conqueror -TDC Remix-
Maxi C12A-0473

アルバム編集

オリジナル・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
キャニオン・レコード/T・E・N・T
いとうせいこう & Tinnie Punx 名義
1st 1986年9月21日 建設的 LP C25A-0515
CD D30A-0221
ASTRO NATION
2nd 1989年7月25日 MESS/AGE CD ASTRO-001
Sony Records
3rd 1992年5月21日 OLEDESM CD SRCL-2398
DIRTY30 PRODUCTION
いとうせいこう is the poet 名義
4th 2021年3月3日 ITP 1 LP DIRTY-30004

トリビュートアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
キューブ
いとうせいこう & リビルダーズ 名義
1st 2016年9月21日 再建設的 CD QBIX-32
2016年10月26日 LP QBIX-35

コラボレーションアルバム編集

名義 発売日 タイトル 規格 規格品番
ビクター音楽産業
SUBLIMINAL CALM 1992年2月21日 SUBLIMINAL CALM CD VICL-2067
アミューズソフトエンタテインメント
いとうせいこう & POMERANIANS≡ 2008年5月21日 カザアナ CD ASCM-6022
GRANDFUNK
JUST A ROBBER 2008年5月28日 JUST A ROBBER 1 音楽配信

プロデュースアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
東芝EMI/EAST WORLD
1st 1985年12月21日 業界くん物語 LP WTP-72418

タイアップ編集

曲名 タイアップ 収録作品
BODY BLOW 日本テレビ系『ハイブリッド・チャイルド』テーマ曲 シングル「BODY BLOW
渚のアンラッキーボーイズ パンツの穴アニメビデオ・イメージソング シングル「渚のアンラッキーボーイズ

他のアーティストへの提供曲編集

客演編集

カヴァーされた楽曲編集

舞台編集

出演編集

テレビ編集

現在
過去

ラジオ編集

ウェブテレビ編集

CM編集

著書編集

小説編集

  • ノーライフキング』新潮社(1988年 ・第2回三島由紀夫賞候補作、第10回野間文芸新人賞候補作)のち新潮文庫、のち河出文庫
  • 『ワールズ・エンド・ガーデン』新潮社(1991年 ・第4回三島由紀夫賞候補作)、のち新潮文庫、のち河出書房新社より「いとうせいこうレトロスペクティブ」シリーズ収録
  • 『からっぽ男の休暇』講談社(1991年)のち講談社文庫、のち河出書房新社より「いとうせいこうレトロスペクティブ」シリーズ『南島小説二題』収録
  • 『解体屋外伝』講談社(1993年)のち講談社文庫、のち河出書房新社より「いとうせいこうレトロスペクティブ」シリーズ収録
  • 『アタとキイロとミロリロリ』 幻冬舎(1994年)のち幻冬舎文庫
  • 『スキヤキ』集英社(1995年
  • 『波の上の甲虫』求龍堂(1995年)のち幻冬舎文庫、のち河出書房新社より「いとうせいこうレトロスペクティブ」シリーズ『南島小説二題』収録
  • 『豊かに実る灰』マガジンハウス(1996年
  • 『去勢訓練』太田出版(1997年
  • 『想像ラジオ』河出書房新社(2013年・第26回三島由紀夫賞候補作、第149回芥川龍之介賞候補作、第35回野間文芸新人賞受賞、第2回静岡書店大賞小説部門大賞受賞、iBooks Best of 2013 今年のベストブック、第10回 ダ・ヴィンチ編集部が選ぶプラチナ本 OF THE YEAR 2013、紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30「キノベス!2014」1位、第11回本屋大賞候補作)のち河出文庫

  2014年3月9日、ニッポン放送開局60周年記念ラジオドラマとして放送。出演:西田敏行小泉今日子

  • 『存在しない小説』講談社(2013年)のち講談社文庫
  • 『未刊行小説集』河出書房新社(2014年)「いとうせいこうレトロスペクティブ」シリーズ
  • 『鼻に挟み撃ち』集英社(2014年)のち集英社文庫
  • 『我々の恋愛』講談社(2016年)のち講談社文庫
  • 『どんぶらこ』河出書房新社(2017年)
  • 『小説禁止令に賛同する』集英社 (2018年)のち集英社文庫
  • 『夢七日 夜を昼の國』文藝春秋(2020年)

随筆編集

  • 『難解な絵本』 角川書店、1990 のち文庫
  • 『ワールドアトラス』太田出版(1990年)のち幻冬舎文庫
  • 『全文掲載』新潮社(1992年)のち文庫
  • 『世界のポップス1991』JICC出版局(1992年
  • 『そんなにまでして』世界文化社 1996
  • 『岩だらけの懐かしい星』 角川書店 1996
  • 『ボタニカル・ライフ 植物生活』紀伊国屋書店(1999年 のち新潮文庫・講談社エッセイ賞受賞・『植物男子ベランダー』としてドラマ化)
  • 『職人ワザ!』新潮社(2005年)のち文庫
  • 『自己流園芸ベランダ派』毎日新聞社(2006年・上記『ボタニカル・ライフ 植物生活』とともに『植物男子ベランダー SEASON2』としてドラマ化)

戯曲編集

  • 『ゴドーは待たれながら』太田出版(1992年
  • 『幻覚カプセル』(1992年)※コント集
  • 『怪しの世界』紀伊国屋書店(2001年夢枕獏橋本治と共著

共著編集

  • 『コンビニエンス物語』泉麻人 太田出版 1990 のち新潮文庫
  • 『ハプニングみたい』岡崎京子 講談社 1992
  • 『西麻布ダンス教室 舞踊鑑賞の手引き』桜井圭介,押切伸一共著 白水社 1994
  • 見仏記』中央公論社(1993年)みうらじゅん絵 のち角川文庫
  • 『秘見仏記』みうらじゅん絵 中央公論社 1995 「見仏記2 仏友編」角川文庫
  • 『世紀末は世紀末か』赤間啓之 早川書房 1995
  • 『見仏記 海外篇』みうらじゅん 角川書店 1998 のち文庫
  • 『ダンシング・オールナイト グルーヴィーな奴らを探せ!』押切伸一,桜井圭介共著 NTT出版 1998
  • 『哲学』中村雄二郎 岩波書店 1999
  • 『禅繪魂 是は何ぞ。』川崎ぶら共著 小学館 2000
  • 『他流試合 兜太・せいこうの新俳句鑑賞 』金子兜太 新潮社 2001
  • 『見仏記 親孝行篇』みうらじゅん 角川書店 2002 のち文庫
  • 『文芸漫談 笑うブンガク入門』集英社(2005年奥泉光渡部直己共著
  • 見仏記 ゴールデンガイド篇 みうらじゅん 角川書店 2009.4
  • 世界文学は面白い。 文芸漫談で地球一周 奥泉光 集英社 2009.6
  • 江戸のセンス 職人の遊びと洒落心 荒井修 集英社新書 2009.7

翻訳編集

その他編集

  • 『「国境なき医師団」を見に行く』講談社、2017年11月。ISBN 978-4-06-220841-3 

映画編集

テレビドラマ編集

アニメ編集

  • ドラえもん - セイコー役#2011年9月9日放送のドラえもん誕生日1時間スペシャル。

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 同特許公報の「発明者」は、いとうの本名である「伊藤正幸」となっている[19]
  2. ^ 2010年3月までは『天才てれびくんMAX ビットワールド
  3. ^ 2019年9月発売のメガドライブ ミニにおいては、プロモーションビデオのナレーションを担当。

出典編集

  1. ^ seikoitoのツイート(403041422388899842)
  2. ^ Vol.118 いとうせいこう ロングインタビュー 2/3 R25 2006年10月26日
  3. ^ 上柳昌彦 『定年ラジオ』三才ブックス、2018年、85-86頁。ISBN 978-4-86673-068-4 
  4. ^ https://twitter.com/seikoito/status/1507299219660365824”. 2022年3月26日閲覧。
  5. ^ 渡辺祐『ラップのことば』P-Vine Books刊、2010年4月2日発行(254ページ)
  6. ^ 帆苅智之 (2016年10月5日). “『建設的』に見る日本語ラップ、ヒップホップの夜明けと、多くのフォロワーを生み出した、いとうせいこうのマルチな才能”. OK MUSIC/JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.. 2019年1月4日閲覧。
  7. ^ WB 06. (2006). 
  8. ^ □□□(クチロロ)にいとうせいこうが正式メンバーとして電撃加入!!(2009年7月9日閲覧)
  9. ^ いとうせいこう、 □□□に正式メンバーとして加入 - 音楽ナタリー
  10. ^ 今語られるその魅力とは?話題の大御所ミュージシャン集合体Dubバンド”Dubforce”にインタビュー block.fm (2016年3月17日)
  11. ^ 【インタビュー】いとうせいこう「俺がラップでぶつかって悩んだことは自然なことだったんだ」 | BARKS
  12. ^ いとうせいこうis the poet 偶然を必然に変え鳴らすダブポエトリー - インタビュー : CINRA.NET
  13. ^ 下北沢駅前に新ライブハウス「Flowers Loft」オープン。2月2日の柿落とし公演には、いとうせいこうis the poet、Mars89らが出演 | UROROS
  14. ^ いとうせいこうis the poet、8月8日開催ワンマンの配信料金を無料に。青山月見ル君想フのリニューアル記念として開催 | UROROS
  15. ^ いとうせいこう is the poet、8月3日に限定7inchレコードをリリース | BARKS
  16. ^ いとうせいこう、ダブ・ポエトリーユニットでスタジオライブ【日本語ラップとの関係性への言及も】 | TBSラジオ
  17. ^ いとうせいこうis the poet 偶然を必然に変え鳴らすダブポエトリー - インタビュー・テキスト 天野史彬 撮影:前田立 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)(2019年6月26日)
  18. ^ いとうせいこう子ども誕生「子育て第一主義」育休へ : 日刊スポーツ
  19. ^ a b “公開特許公報(特開2008-189375)” (プレスリリース), 日本国特許庁, (2008年8月21日), http://www6.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjsogodbk.ipdl?N1001=A&N2001=2008-189375&N0000=401&N0005=8GVnNLA2yS3EMNuhxm0s 2013年6月5日閲覧。 
  20. ^ ベストフンドシストアワード”. 日本ふんどし協会. 2018年11月29日閲覧。
  21. ^ 月ノ美兎の1stアルバムに堀込泰行、大槻ケンヂ、いとうせいこう is the poet、長谷川白紙ら豪華作家陣”. 音楽ナタリー (2021年6月18日). 2021年11月4日閲覧。
  22. ^ バカリズムらが、番組で認めた【秘】情報をSNSで拡散!”. ウォーカープラス. 2014年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月3日閲覧。
  23. ^ “せいこうの歴史再考 | BS12 トゥエルビ”. トゥエルビ. (2015年12月19日). http://www.twellv.co.jp/program/documentary/rekishisaikou.html 2015年12月19日閲覧。 
  24. ^ “ユースケ&せいこうの新番組「オトナに!」スタート、初回ゲストに大友啓史と大森南朋”. 映画ナタリー. (2016年7月26日). https://natalie.mu/eiga/news/195476 2016年7月26日閲覧。 
  25. ^ “NGT48中井りか、大人の世界をいとうせいこうから学ぶ フジ新番組『白昼夢』”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2098484/full/ 2017年10月6日閲覧。 
  26. ^ “いとうせいこうとみうらじゅん雑談だけの番組会見”. 日刊スポーツ. (2016年9月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1706880.html 2016年9月8日閲覧。 
  27. ^ Nihon bungaku zenshū. Ikezawa, Natsuki, 1945-, 池澤夏樹, 1945- (Shohan ed.). Tōkyō. ISBN 978-4-309-72871-1. OCLC 910879978. https://www.worldcat.org/oclc/910879978 

関連項目編集

外部リンク編集