メインメニューを開く

佐保田 鶴治(さほだ つるじ、1899年2月11日[1]- 1986年9月11日)は、日本の宗教学者哲学者大阪大学名誉教授文学博士インド哲学宗教学専攻。

目次

人物編集

30数年に及ぶ教授生活を送ったが、若年の頃から虚弱体質で悩み続けていた。ところが、還暦を過ぎた62歳の時に、インド人の手ほどきによるヨーガに出会うことにより、健康をめきめき取り戻し、それまでの不健康な生活が一変し、周囲が驚くほどの健康体となった(典拠『ヨーガ入門』)。

年譜編集

著書編集

  • 『印度古代史』弘文堂 1943
  • 『印度の社会に就て』秋田屋 1944 
  • 『古代印度の研究』京都印書館
  • 『ウパニシァッド文学と其の哲学思想 印度神秘思想の古典』白揚社 1950
  • 『インド正統派哲学思想の始源』創文社 1963
  • 『解説ヨーガ・スートラ 根本教典によるヨーガの解明』恒文社 1966 改訂版平河出版社 1980
  • 『ヨーガのすすめ 現代人のための完全健康法』ベースボール・マガジン社 スポーツ新書 1972
  • 『ヨーガ根本教典(正・続)』平河出版社 1973-78
  • 『ヨーガ入門 ココロとカラダをよみがえらせる』池田書店 1975/ベースボール・マガジン社 2001
  • 『ヨーガの宗教理念』平河出版社 1976
  • ウパニシャッドからヨーガへ』平河出版社 1977
  • 般若心経の真実』人文書院 1982
  • 『ヨーガ禅道話(正・続)』人文書院 1982-83
  • 『八十八歳を生きる ヨーガとともに』人文書院 1986
  • 『ヨーガ入門 ココロとカラダを癒す』法蔵館 1998

共編著編集

翻訳編集

  • 『ウパニシャツド』弘文堂 1944 改訂版平河出版社 1979
  • 『ウパニシャツド註記』弘文堂 1945

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』