メインメニューを開く

佐怒賀 正美(さぬか まさみ、1956年昭和31年)- )は俳人。俳句結社「秋」主宰。

略歴編集

茨城県古河市に生まれる。茨城県立古河第三高等学校を経て、東京大学文学部仏文科卒業。小学館辞典編集部に勤務し、2014年4月早期退職。[1]

中学時代に牧辰夫により俳句を知り、大学時代は東大学生俳句会、東大本郷句会に参加、山口青邨小佐田哲男有馬朗人の指導を受ける。1978年、石原八束主宰の「秋」に入会、師事。1990年、有馬朗人主宰の「天為」創刊に参加。二代目「秋」主宰、文挾夫佐恵にも学ぶ。「秋」副主宰を経て2006年主宰。[2]第74回現代俳句協会賞受賞。

現在「秋」主宰、「天為」特別同人。インターネット句会「椨の木句会」主宰。現代俳句協会副幹事長・広報部長。東京都区現代俳句協会副会長、全国俳誌協会顧問、日本現代詩歌文学館評議員、 日本文藝家協会会員、日本ペンクラブ会員。専修大学客員教授。[3]

句集編集

評論編集

  • 『らくだ日記-石原八束一日一句』(『秋』2010年7月号)

脚注編集

  1. ^ 「秋」主宰プロフィール[1]
  2. ^ 『句集 天樹』P127
  3. ^ 「学習院さくらアカデミー」佐怒賀正美プロフィール[2]