メインメニューを開く

東大俳句会

東大俳句会(とうだいはいくかい)は、1922年(大正11年)にホトトギス発行所(牛込船河原町)にて誕生した俳句会。現在も活動中である。

設立当時は、高浜虚子を指導者として、中田みづほ山口誓子水原秋桜子高野素十山口青邨らが参加した。1932年(昭和7年)に会の名称を草樹会と改め、会員は学士会会員としていた。後日、名称は東大俳句会に戻り、他校在籍者でも参加できるようになった。東大ホトトギス会を吸収した形になっている。設立の経緯からホトトギス系が強かったが、出身者の所属結社は多岐に渡っている。ただし、出身者の大半は伝統俳句寄りである。

主な出身者編集

沿革編集