橋本喜典

日本の歌人

橋本 喜典(はしもと よしのり、1928年11月11日 - 2019年4月8日)は、歌人

橋本 喜典
誕生 (1928-11-11) 1928年11月11日
東京
死没 (2019-04-08) 2019年4月8日(90歳没)
職業 歌人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学第一文学部卒業後
主な受賞歴 日本歌人クラブ賞(1995年)
短歌四季大賞(2004年)
詩歌文学館賞(2009年)
短歌新聞社賞(2009年)
短歌研究賞(2015年)
斎藤茂吉短歌文学賞(2017年)
迢空賞(2017年)
所属 まひる野
テンプレートを表示

生涯編集

東京生まれ。早稲田大学第一文学部国文学専修卒業後、早稲田中学校・高等学校教諭。大学在学中は早稲田大学短歌会に参加し、後輩の篠弘来嶋靖生らとともに活動した。1948年窪田章一郎に師事、『まひる野』に入会。師没後の2001年より2014年まで運営、編集委員長を務めた。1995年、歌集『無冠』で第22回日本歌人クラブ賞受賞。2004年、歌集 『一己』で第4回短歌四季大賞受賞。2009年、歌集『悲母像』で第24回詩歌文学館賞短歌新聞社賞を受賞[1]2015年、「わが歌」で第51回短歌研究賞受賞。2017年、歌集『行きて帰る』で第28回斎藤茂吉短歌文学賞、第51回迢空賞を受賞[2]。2018年、旭日小綬章受章。

2019年4月8日、慢性閉塞性肺疾患による呼吸不全のため東京都内の自宅で死去。90歳没[3]

著書編集

  • 『地上の問 歌集』新星書房 まひる野叢書 1984
  • 『橋本喜典歌集』芸風書院 日本現代歌人叢書 1987
  • 『無冠 歌集』不識書院 まひる野叢書 1994
  • 『歌人窪田章一郎 生活と歌』短歌新聞社 1998
  • 『短歌憧憬 評論とエッセイ』短歌新聞社 2000
  • 『一己 橋本喜典歌集』短歌新聞社 まひる野叢書 2003
  • 『一処の生 橋本喜典歌集』短歌新聞社 新現代歌人叢書 2005
  • 『悲母像 歌集』短歌新聞社 まひる野叢書 2008 
  • 『な忘れそ 歌集』角川書店 まひる野叢書 2012
  • 『自然と身につく 名歌で学ぶ文語文法』KADOKAWA 2016
  • 『行きて帰る』短歌研究社 まひる野叢書 2016
  • 『聖木立 橋本喜典歌集』まひる野叢書 2018

共著編集

編纂編集

  • 『窪田章一郎二百首』編 短歌新聞社 2006

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 蛇笏賞・迢空賞紹介ページ
  3. ^ “歌人の橋本喜典氏死去”. 時事通信社. (2019年4月14日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041400279&g=obt 2019年4月15日閲覧。