メインメニューを開く

佐竹美保(さたけ みほ、1957年3月3日 - )は、富山県出身の画家

1975年に富山県立高岡工芸高等学校デザイン科を卒業、翌年上京する。雑誌「奇想天外」で挿絵画家としてデビュー[1]。主に児童書の挿絵を担当し、SFファンタジーの分野で活動している。 『魔法使いハウルと火の悪魔』(ダイアナ・ウィン ジョーンズ作)、『魔女の宅急便』(角野栄子作、その3以降を担当)など、よく知られた児童文学作品の数々の表紙や挿絵を描いている。

挿絵や表紙を手掛けた主な作品編集

  • 時間帝国(川又千秋、カドカワノベルス、1984年)
  • 騎士ローラン 妖魔の森の冒険 (武田邦人、朝日ソノラマ ハローチャレンジャーブック、1984年)
  • ランドルフィ物語 全7巻(清水義範、朝日ソノラマ文庫、1985~1988年)
  • おしゃれおばけの小さなデート(上崎美恵子、ポプラ社、1985年)
  • リトル・カントリー(チャールズ・デ・リント、創元推理文庫、1993年)
  • 私が幽霊だった時(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、創元推理文庫、1993年)
  • メニム一家の物語 全5巻(シルヴィア・ウォー、講談社、1995年~1997年)
  • 魔法使いハウルと火の悪魔(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、徳間書店、1997年)
  • シェーラひめのぼうけん 全10巻(村山早紀、童心社、1997~2002年)
  • 封神演義 全3巻(渡辺仙州編訳、偕成社、1998年)
  • 不思議を売る男(ジェラルディン・マコーリアン、偕成社、1998年)
  • 魔女の宅急便(角野栄子、3巻~6巻、特別編2巻、2000年~)
  • ネシャン・サーガ 全3巻(ラルフ・イーザウ、あすなろ書房、2000~2001年)
  • リンの谷のローワン 全5巻(エミリー・ロッダ、あすなろ書房、2000~2003年)
  • ブンダバー 全10巻(くぼしまりお、ポプラ社、2001~2006年)
  • 大魔法使いクレストマンシー 全7巻(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、徳間書店、2001年~2009年)
  • 虚空の旅人(上橋菜穂子、偕成社、2001年)
  • サラシナ(芝田勝茂、あかね書房、2001年)
  • 西の善き魔女 全4巻(荻原規子、中央公論新社、2001~2002年)
  • 未散と魔法の花 全3巻(松本祐子、小峰書店、2002~2006年)
  • 盗まれた記憶の博物館(ラルフ・イーザウ、あすなろ書房、2002年)
  • 黒い兄弟 (リザ・テツナー、あすなろ書房、2002年)
  • 新シェーラひめのぼうけん 全10巻(村山早紀、童心社、2003~2007年)
  • ドーム郡シリーズ 全3巻(芝田勝茂、小峰書店、2003~2005年)
  • ジュリー 不思議な力を持つ少女(コーラ・テイラー、小学館、2003年)
  • 西の善き魔女 全8巻(荻原規子、中公文庫、2004~2005年)
  • 蒼路の旅人(上橋菜穂子、偕成社、2005年)
  • 空色勾玉 (荻原規子、トクマ・ノベルズ EDGE、2005年)
  • うしろの正面(小森香折、岩崎書店、2006年)
  • 絵の中からSOS(赤羽じゅんこ、岩崎書店、2006年)
  • 見えざるピラミッド(ラルフ・イーザウ、あすなろ書房、2007年)
  • ミラート年代記 全3巻(ラルフ・イーザウ、あすなろ書房、2008~2010年)
  • 〈図書館版〉名探偵ホームズ 全8巻(ポプラ社、2012年?)
  • 竜が呼んだ娘(柏葉幸子、朝日学生新聞社、2013年)
  • 王様に恋した魔女(柏葉幸子、講談社、2016年 ISBN 9784062202527
  • 賢女ひきいる魔法の旅は(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、徳間書店、2016年)
  • 十年屋シリーズ 1~3巻(廣嶋玲子、静山社、2018年~)
  • 邪馬台戦記シリーズ 1~2巻(東郷隆、静山社、2018年~)
  • 作り直し屋 十年屋と魔法街の住人たち(廣嶋玲子、静山社、2019年)

絵本・児童向け編集

  • 絵本 千の風になって(新井満、理論社、2004年)
  • 6さいのきみへ(佐々木正美、小学館、2011年)
  • ヨーレのクマー(宮部みゆき、角川書店、2016年)
  • パン屋のイーストン(巣山ひろみ、河出書房新社、2016年 ISBN 9784309921037
  • イーストンと春の風(巣山ひろみ、出版ワークス、2017年)
  • イーストンと音楽会(巣山ひろみ、出版ワークス、2018年)
  • アーヤと魔女(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、徳間書店、2012年)
  • ぼろイスのボス(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、徳間書店、2015年)
  • 四人のおばあちゃん(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、徳間書店、2016年)
  • ビーおばさんとおでかけ(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、徳間書店、2017年)
  • こわいオオカミのはなしをしよう(ウィリアム・マクリーリー、岩波書店、2019年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 生年月日、略歴などについては大橋博之著「SF挿絵画家の時代」本の雑誌社、2012年、274~277ページを参照した

外部リンク編集