メインメニューを開く

佐竹 義方(さたけ よしかた、宝暦4年(1754年) - 文化6年2月10日1809年3月25日))は、出羽国久保田藩の第7代藩主佐竹義明の次男。第8代藩主佐竹義敦の弟。幼名は幸之助、通称は左近。芳洲と号する。子女は、長女八重(谷衛量室、のちに離縁)、佐竹義冨(家臣佐竹東家養子)、佐竹義路(幕臣今大路家養子、のちに離縁)、那須資礼(幕臣那須家養子)。

明和6年(1769年)2月21日、元服する。天明2年(1782年)8月29日、1年間の生活費が約3435両(石高で1万石に相当)に及んでおり、翌年から5千石に切り詰めるように命じられる。同年11月21日、翌年から6千石の支給に改められる。天明5年、兄義敦の死去により、藩主となった甥義和の補佐にあたる。文人であり、漢詩をよくした。正存中は藩主舎弟として武鑑にも登場していた。