メインメニューを開く

佐藤 方政(さとう かたまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期の武将佐藤秀方(六左衛門)の次男。通称才次郎。別名重秀とも。母は金森長近の姉。美濃国鉈尾山城主。

 
佐藤 方政
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 不詳
死没 慶長20年5月7日1615年6月3日
別名 才次郎(通称)。重秀(別名)
戒名 佐巌院殿以徳道隣大居士
幕府 江戸幕府
氏族 佐藤氏
父母 父:佐藤秀方、母:金森長近の姉
兄弟 清重方政
八兵衛(長男)、佐太郎(次男)
テンプレートを表示

生涯編集

文禄3年(1594年)、父・秀方の死により領地を継ぐが、代々の名乗りである六左衛門は兄の清重が継いでいる。しかし、小田原征伐へは方政が父の代理で出陣したともされるのは、当時秀方がすでに隠居しており、兄・清重は病弱だったためと考えられる[1]

慶長3年(1598年)の豊臣秀吉死後は、岐阜城主・織田秀信の帷幕にあった。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いに際しては西軍に属し、手兵を率いて岐阜城に入城して、戌亥出丸持口を守備した[2]。東軍が迫ると、木曽川で阻止するため秀信自らが出陣。方政は木造具正百々綱家と共にこれに従軍し、新加納に布陣するが、8月22日の米野の戦いで、福島正則池田輝政率いる大軍に破れた。岐阜城の戦いでは名前が見られないことから、そのまま戦線を離脱して敗走したと見られる[3]母の実家の金森家に居候したともいわれる[要出典])。関ヶ原の戦い後は流浪し、慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では豊臣方に加わって、籠城の末5月7日に戦死した[3]ただし、方政が、同じく大坂城に入城した佐藤春信と記録が混同していて、入城していないという説もある[要出典])。戒名は佐巌院殿以徳道隣大居士[3]

佐藤系図によれば、兄・清重は鉈尾山城滅亡後は養老郡上石津村乙坂に蟄居し、乙坂佐藤家の祖となった[3]。方政の嫡男・八兵衛は、大坂の陣の後、京都所司代板倉勝重に許され西国大名に仕官したが、程なく病死した。次男の佐太郎は出家し、尾張国熱田の円通寺の住持弧舟となったが、仔細あって遠島になったという[4]子孫は、岩村藩に仕えた。[要出典]また、儒学者の佐藤一斎も子孫という。[要出典]

脚注編集

  1. ^ 美濃市「三代佐藤才次郎方政」『美濃市史』通史編 上巻、美濃市、1979年、248 - 249頁。
  2. ^ 美濃市「関ヶ原の戦と佐藤方政」『美濃市史』通史編 上巻、美濃市、1979年、250 - 252頁。
  3. ^ a b c d 美濃市「佐藤氏の滅亡」『美濃市史』通史編 上巻、美濃市、1979年、253 - 254頁。
  4. ^ 美濃市「「佐藤金森由緒書」(清泰寺文書)」『美濃市史』通史編 上巻、美濃市、1979年、254 - 257頁。