メインメニューを開く

佐野 真由子(さの まゆこ、1969年-)は、日本の文化学者。専攻は文化交流史・文化政策。京都大学教授

目次

来歴・人物編集

東京都出身。1992年東京大学教養学部教養学科国際関係専攻卒業後、国際交流基金勤務。その後、ケンブリッジ大学に留学し、1999年に国際関係論修士を取得。2002年国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)本部文化局勤務を経て、2005年静岡文化芸術大学専任講師、2008年准教授、2010年4月国際日本文化研究センター准教授、2017年長崎県立大学地域創造学部教授(クロスアポイントメント)。2014年「幕末外交儀礼の研究 欧米諸国外交官による登城・将軍拝謁式を中心に」で東大学術博士(地域文化研究アジア)[1]。2018年京都大学教育学研究科教授となる。

2003年著書『オールコックの江戸』でヨゼフ・ロゲンドルフ賞を受賞、2018年『幕末外交儀礼の研究』で日本比較文学会賞受賞。

夫は岡本拓司・東大教授(科学史)[2]

著作編集

単著編集

  • 『オールコックの江戸 初代英国公使が見た幕末日本』(中公新書2003年
  • 『幕末外交儀礼の研究 欧米外交官たちの将軍拝謁』(思文閣出版2016年
  • 『日記で読む日本史18 クララ・ホイットニーが綴った明治の日々』(臨川書店2019年

編著編集

  • 『万国博覧会と人間の歴史』(思文閣出版、2015年

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ 『幕末外交儀礼の研究』あとがき

外部リンク編集