余慶

919-991, 平安時代中期の天台僧。俗姓は宇佐氏。諡号は智弁。観音院僧正とも言われる。勅撰集『続千載集和歌集』に1首入集

余慶(よけい、延喜19年(919年)- 正暦2年閏2月18日991年4月5日))は、平安時代中期の天台宗の僧。俗姓は宇佐氏。筑前国早良郡の出身とされるが、一説によれば日向国の出身ともいう。諡号は智弁大雲寺(京都市左京区)の観音院にちなみ観音院僧正とも言われる。墓所も大雲寺に現存する。

比叡山明仙から天台教学を学び、行誉から灌頂を受けた。979年天元2年)に園城寺長吏となり、981年(天元4年)には法性寺座主となっているが、円仁の流れを汲む山門派の反対により辞任している。989年永祚元年)延暦寺座主に就任しているが、これも山門派の反対にあい3ヶ月で辞任している。しかし、同じ年には権僧正に任じられている。当時の宣命(天皇の命令書)の文中には山門派の門徒のことを獅子身中の虫と断じている。

円珍の門流である寺門流は余慶によって発展し、その後山門派・寺門派の対立が激しくなるきっかけとなった。