メインメニューを開く

竹内 眉山(たけのうち びざん、天明元年〈1781年〉 - 嘉永7年7月21日1854年8月14日〉)とは、江戸時代後期の版元浮世絵師

来歴編集

通称孫八。東一、竹孫、万宝とも号す。江戸で質屋の竹内孫七の次男として生まれ、霊巌島塩町に住む。竹内孫八の名で地本錦絵問屋保永堂を営んでおり、小さな版元であったが、天保4年(1833年)から天保5年(1834年)にかけて初代歌川広重の横大判錦絵揃物「東海道五十三次之内」を版行したことで著名で、他に広重の「近江八景」、広重と渓斎英泉の合作「木曽海道六十九次」などを版行したことで知られている。後に南新堀1丁目に移った。その傍ら、天保の頃には自らも大判錦絵の人物画や風景画のほか、狂歌本や合巻の挿絵を描く。師系不詳だが画風は四条派の影響を受けたものとされている。享年74。

作品編集

  • 『俳諧歌六々画像集』1冊 狂歌本、天保3年(1832年)刊行 ※挿絵
  • 『戯劇百人一首闇夜礫』1冊 天保4年刊行 ※挿絵
  • 『御大相志目多発鬻』(ごたいそうしめたはつうり)四巻 合巻、天保4年刊行 ※挿絵
  • 『三国太郎再来伝』六巻 合巻、天保6年(1835年)刊行 ※歌川国直歌川国芳とともに挿絵を担当
  • 『職人尽花月集』1冊 天保8年(1837年)刊行 ※挿絵
  • 「江戸名所の内 隅田堤のさくら」 大判3枚続錦絵
  • 「天竺美人図」 紙本着色

参考文献編集