メインメニューを開く

松平正容

会津藩主
保科正容から転送)

松平 正容(まつだいら まさかた)は、江戸時代前期から中期にかけての大名陸奥国会津藩3代藩主。官位正四位下左近衛権中将会津松平家第3代。

 
松平正容
Matsudaira Masakata.jpg
松平正容像(土津神社所蔵)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文9年1月29日1669年3月1日
死没 享保16年9月10日1731年10月10日
改名 重四郎(幼名)→保科正信→正容→松平正容
神号 徳翁霊神
墓所 福島県会津若松市院内御廟
官位 従四位下侍従肥後守左近衛権少将正四位下左近衛権中将
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
陸奥会津藩
氏族 保科氏会津松平家
父母 父:保科正之、母:沖氏娘・栄寿院
養父:保科正経
兄弟 幸松、保科正頼、媛姫、中姫、将監、
菊姫、保科正経、摩須、石姫、風姫、
亀姫、保科正純、金姫、正容、算姫
正室:阿部正武娘・竹姫
継室:栄光院
側室:智現院、吉、れつ、本妙院、佐久
元姫、正邦、春之助、正甫、栄之丞、
順姫、正房、万吉、養姫、政五郎、容貞、常姫、容章
テンプレートを表示

生涯編集

保科正之の六男として誕生。延宝8年(1680年)、異母兄・正経に子がいなかったため、その養嗣子となる。天和元年(1681年)に正経の隠居に伴い家督を相続する。初め保科正信(ほしな まさのぶ)を名乗り、のちを正容と改める。元禄9年(1696年)、松平姓三つ葉葵の永代使用を許され、名実ともに徳川一門(御家門)として遇されることになる。

藩主在職中に死去した。長男・正邦、三男・正甫が先だって死去したため、家督は八男の容貞が継いだ。

吉川惟足の弟子で、惟足の子と父の神式での葬儀を行った坂本義邵を会津藩士として召抱え、その指導の下で徳川吉宗の理髪を行ったという。

経歴編集

官歴編集

  • 1681年(天和元年):従四位下侍従兼肥後守に叙任
  • 1687年貞享4年):左近衛権少将
  • 1712年正徳2年):正四位下左近衛権中将に叙任

系譜編集

栄光院(ゆらの方)はもとは側室であり、継室に上げられた。

正容は側室を家臣に下げ渡す、いわゆる拝領妻が多かった。継室となった栄光院の権勢を憚ってのことといわれる。容貞の母、本妙院(伊知、塩見氏)は、14歳で側室となり、翌年容貞を出産した。16歳で家臣・笹原忠一に下げ渡され、娘も生まれたが、容貞が兄たちの早世により嫡子となったため、強制的に離縁となった。当初離縁を拒否した笹原家は処分を受け、また本妙院は23歳で病没した。このことが『拝領妻始末』の題材となっている。