メインメニューを開く
リトアニア駐箚チェコスロバキア大使の信任状。慣習に従ってフランス語で書かれ、ヴァーツラフ・ハヴェル大統領書の署名が添えられている。

信任状 (フランス語: Lettre de créance英語: Letter of credence) は、自国の外交官を別の主権国家に派遣する大使に任命する際に発給される正式な外交文書である。一般には外交資格証明と呼ばれ、一国の元首から他国の元首に対して、大使が自国を代表して為すいかなる発言についても信用 (フランス語: créance) を置くよう依頼するものである。信任状は、大使が着任する際に接受国の元首に正式な外交式典 (信任状捧呈式) において捧呈され、これをもって大使の任期が始まることとなっている。

信任状は、伝統的に外交における世界共通語であるフランス語で書かれる[1]が、派遣国の公用語で書かれる場合もある[2][3]

信任状捧呈編集

 
ロシア駐箚ルワンダ大使ウジェーヌ=リシャール・ガサナがロシア大統領ウラジーミル・プーチンに信任状を捧呈するところ。陪席しているのはロシア外務大臣セルゲイ・ラブロフ

大使は接受国に到着すると、接受国の外務大臣と会談して元首との面会の手配を行う[4]。大使は封緘された信任状の原本と、封緘されない信任状の写しを携行しており、写しは到着時に接受国の外務大臣に手交する。封緘された信任状の原本は正式な外交儀礼に従って接受国元首に直接捧呈される[5]:550。大使は信任状が認証されるまで業務を開始してはならず、認証された日によって外交団における序列が定まる[6]。ただし、大使の外交特権は、入国した際に直ちに付与される[7]:32[8]:261

大使は、接受国が提供する公用車 (日本の他、欧州の君主国では儀装馬車も用いられる) に乗り、衛兵の護衛を受けて、信任状捧呈式に赴く。立憲君主制国家議会制民主主義国家では、国家元首または総督政府助言(拘束力のある指示)に従うという原則に基づき、信任状が政府の助言に基づいて受け入れられているという事実を象徴するために、捧呈式では外務大臣が国家元首に陪席する[9]。大使は接受国元首に対し、信任状を両手でもって捧呈する[10]

臨時代理大使の場合編集

2国間の外交関係が臨時代理大使の交換に留まる場合、信任状は派遣国の外務大臣が作成し、接受国の外務大臣に宛てられる。臨時代理大使は、信任状を接受国の外務大臣に手交する[11]。国家元首は、大使の交換より低い外交関係については、信任状の交付および受領に関与しない。また、臨時代理大使については軍の護衛や公用車は提供されない。

英連邦編集

英連邦諸国における高等弁務官は信任状を持たない。これは英連邦王国の国家元首は英国君主である、すなわち派遣国と接受国の国家元首が同一人物であるためである。このため、派遣国の首相 (または総督) が接受国の首相 (総督) に非公式な紹介状を送達するのみとなっている[12]。ただし、英連邦に属する共和制国家においては、派遣国の国家元首が委任状を交付し、接受国の国家元首が受領する[13][14]。いずれの書状もインドの独立を受けて1950年から1951年にかけて標準化されたものである。これ以前は、ある国の高等弁務官は首相からの書状、またある国では外務大臣からの書状、別のある国ではそもそも書状を持たされていないなど、不統一で混乱した状態であった[15]

参考文献編集

  1. ^ 10th Anniversary of Poland’s Accession to the EU”. Ministry of Foreign Affairs, Republic of Poland (2014年5月8日). 2016年3月20日閲覧。 “Letters of Credence (translated from French) of Jan Kułakowski, 26 February 1990 (AMFA).”
  2. ^ Ahren, Raphael (2012年10月17日). “New Egyptian ambassador brings Israel ‘message of peace’”. The Times of Israel. http://www.timesofisrael.com/new-egyptian-ambassador-brings-israel-a-message-of-peace/ 
  3. ^ Diplomatic Credential Presented by the Great Qing Empire”. National Palace Museum. 2016年3月21日閲覧。
  4. ^ 2 FAM 330 Ceremonies and Protocol Upon Assignment as Chief of Mission”. U.S. Department of State (2012年2月28日). 2016年3月20日閲覧。 “The new chief of mission requests, through the officer who has been acting as chargé d'affaires ad interim, an informal conference with the minister of foreign affairs or such other appropriate officer of the government in order to arrange to be received by the chief of state.”
  5. ^ Oppenheim, Lassa (1905). International Law: A Treatise. I. 
  6. ^ Diplomatic List: Order of Precedence and Date of Presentation of Credentials”. Office of the Chief of Protocol, U.S. Department of State. 2016年3月23日閲覧。
  7. ^ Dopagne, Frédéric; Hay, Emily; Theeuwes, Bertold F.. Theeuwes, Bertold F.. ed. Diplomatic Law in Belgium. ISBN 9789046606865. 
  8. ^ Satow, Ernest Mason (2017). Satow's Diplomatic Practice (7th ed.). Oxford University Press. ISBN 9780198739104. 
  9. ^ Presentation of Credentials”. Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Cyprus. 2013年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月20日閲覧。 “The President of the Republic invites the Ambassador in his Office, for an audience. The Minister of Foreign Affairs and the Director of the Office of the President, also attend.”
  10. ^ Procedure for Presenting the Letters of Credence by the Head of Diplomatic Mission in Montenegro”. Ministry of Foreign Affairs and European Integration (Montenegro). 2016年3月20日閲覧。 “Then he/she approaches the President of Montenegro and formally (with both hands) presents to him the Letter of Credence and the Letter of Recall of his/her predecessor. The President of Montenegro formally accepts the letters and shakes hands with the Head of Diplomatic Mission.”
  11. ^ U.S. Department of State (1897). Instructions to the Diplomatic Officers of the United States. Washington, DC. pp. 1–5. 
  12. ^ Alison Quentin-Baxter and Janet McLean, This Realm of New Zealand: The Sovereign, the Governor-General, the Crown, 2017
  13. ^ Berridge, G. R.; Lloyd, Lorna (2012). “Letter of introduction”. The Palgrave Macmillan Dictionary of Diplomacy (3rd ed.). Palgrave Macmillan. p. 229. ISBN 9780230302990. 
  14. ^ Berridge, G. R.; Lloyd, Lorna (2012). “Letters of commission”. The Palgrave Macmillan Dictionary of Diplomacy (3rd ed.). Palgrave Macmillan. p. 230. ISBN 9780230302990. 
  15. ^ Lloyd, Lorna (2007). Diplomacy with a Difference: the Commonwealth Office of High Commissioner, 1880-2006. Martinus Nijhoff. pp. 138-140. ISBN 9789047420590.