信受院(しんじゅいん、宝永3年9月29日1706年11月4日) - 宝暦7年11月15日1757年12月25日))は、九条幸教の正室。尾張藩主・徳川吉通の長女。名は千姫(せんひめ)。

宝永3年(1706年)、江戸で生まれた。母は側室・さん。享保5年(1721年12月21日、叔父徳川継友の養女となり、幸教と縁組した。享保8年(1723年)9月23日に上京し、27日に婚礼を挙げた。享保10年(1725年)に長男・九条稙基を、享保12年(1727年)に次男・二条宗基を出産した。宝暦7年(1757年)、京都で死去。享年52。東福寺に葬られた。

血筋編集

補足編集

綱誠の血筋を現在にまで伝えているのは、信受院の血筋のみであり、第126代天皇徳仁[1]や多くの大名家や公家、旧皇族などにも繋がる。

脚注編集

  1. ^ 三千君-二条宗基治孝九条尚忠道孝節子大正天皇皇后)-昭和天皇上皇明仁天皇徳仁

参考文献編集

  • 徳川諸家系譜 第二