貞明皇后

日本の女性皇族

貞明皇后(ていめいこうごう、1884年明治17年〉6月25日 - 1951年昭和26年〉5月17日)は、日本の第123代天皇大正天皇皇后(在位:1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日 - 1926年〈大正15年/昭和元年〉12月25日)。節子(さだこ)。お印。旧名は、九条 節子(くじょう さだこ)。昭和天皇の母、第125代天皇・明仁の祖母、第126代天皇・徳仁の曾祖母にあたる。元華族公爵九条道孝令嬢。ハンセン病の予防など救らい事業や福祉事業、蚕糸業(糸)奨励などに尽力した。一夫一妻制での最初の皇后。令和元年の現在、藤原氏から立后する最後の例となっている。

貞明皇后
1912年(大正元年)撮影
第123代天皇后
在位期間
1912年7月30日 - 1926年12月25日
明治45年/大正元年7月30日午前0時43分 - 大正15年/昭和元年12月25日午前1時25分
皇后 1912年(大正元年)7月30日
皇太后 1926年(昭和元年)12月25日

誕生 1884年6月25日
日本の旗 日本東京府神田区神田錦町
(現:東京都千代田区神田錦町)
九条殿
崩御 (1951-05-17) 1951年5月17日(66歳没)
日本の旗 日本・東京都港区元赤坂 大宮御所
大喪儀 1951年(昭和26年)6月22日
陵所 日本の旗 日本・東京都南多摩郡横山村
(現:東京都八王子市長房町
多摩東陵
節子(さだこ)
旧名 九条節子
追号 貞明皇后
1951年(昭和26年)6月8日
追号勅定
氏族 九条家藤原氏
父親 九条道孝
母親 野間幾子
配偶者 大正天皇
結婚 1900年(明治33年)5月10日
子女 昭和天皇(迪宮裕仁親王)
秩父宮雍仁親王(淳宮雍仁親王)
高松宮宣仁親王(光宮宣仁親王)
三笠宮崇仁親王(澄宮崇仁親王)
身位 皇太子妃皇后皇太后
テンプレートを表示

生涯編集

生い立ち編集

1884年明治17年)6月25日公爵九条道孝の四女として、生母の野間幾子の実家である東京府神田錦町(現:東京都千代田区神田錦町)に誕生。道孝は明治4年(1871年)に正室和子を亡くしており、幾子は道孝の側室だった。

同年7月、東京府東多摩郡高円寺村(現:杉並区)近郊の豪農である大河原金蔵、てい夫妻に里子に出され、『九条の黒姫様』(くじょうのくろひめさま)と[1]呼ばれるほど逞しく育った。農家の風習の中で育ち、栗拾いやトンボ捕りをするなど裸足で遊んだ[2]

大河原家は高円寺地域の氏神である氷川神社の氏子であったが、大河原家の敷地内には稲荷神社の祠もあった[3]。また、養母のていは仏教への信仰心も篤く、早朝から観音経(法華経の一部)を読経しており、節子もていと共に仏壇に手を合わせていた[3]

1888年(明治21年)には、赤坂福吉町の九条家に戻る。

皇太子妃候補として編集

1890年(明治23年)9月1日、華族女学校(後の女子学習院)初等小学科に入学し、1893年(明治26年)には高等小学科に進学する。さらに1896年(明治28年)には初等中学科に進学する。華族女学校では下田歌子石井筆子津田梅子らに師事した。中でも、石井筆子との師弟関係の絆は強く、公私の交際は生涯に亘って続いた。

当初、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)の妃として伏見宮貞愛親王の長女である禎子女王が挙げられていた。1893年(明治26年)5月に皇太子妃に内定し、1896年(明治29年)には明治天皇皇后美子とも対面していた[4]。禎子女王は外見が色白で美しかったが、西欧列強と並び立つためにキリスト教文化圏の一夫一妻制を導入する必要性がある中、健康面を不安視され[注釈 1]1899年(明治32年)3月に、婚約は解消された。

九条節子は、正室の子でないことや、明治天皇が皇族からの東宮妃を強く望んでいたこと、更には政府上層部でも節子に否定的な意見が多かった。最終的には消去法にて、色黒すなわち容姿端麗ではないことよりも、先述の通り『黒姫』と呼ばれるほどに健康であることが重視され、1899年(明治32年)8月21日に婚約が内定した。「容姿端麗ではない」とされた節子以外の女性に皇太子が興味を持たぬよう、皇太子は節子を含めた女性との接触を制限された[5]。また、大河原家にあった幼少期の写真は没収された[6]

皇太子妃時代編集

   
結婚の儀に臨む皇太子嘉仁親王(当時)と節子
1900年撮影)

1900年(明治33年)2月11日、満15歳(数え年17歳)で、5歳年上の皇太子嘉仁親王と婚約。同年5月10日、宮中の賢所に於いて、賢所大前の儀を執り行った。これは、前4月に制定された皇室婚嫁令に基づく、史上初の神前挙式であった[7]。節子は、和装と洋装を計5回着替え、明治天皇皇后美子への拝礼を含む多くの行事をこなした。

婚儀は従来の公家様式に代わる、新たな様式であり[8]、婚礼の儀式や行事は、当時の最新マスメディアである新聞によって詳報され、一般市民の関心を集めた。そこで、翌1901年(明治34年)礼法講習会[注釈 2]日比谷大神宮で二人の婚礼を模して神前結婚式を創始し、以後、ホテル結婚式・披露宴とともに日本社会に広く普及していった[8]

結婚式の日の様子として、ドイツ帝国からの”お雇い外国人”であるエルヴィン・フォン・ベルツは「東宮はお元気な様子、妃は大変お美しい」と評した。一方、節子の恩師である下田歌子は、「これという取り柄が無いが、未来の国母としてわずかな欠点も無い方」という主旨の評価を新聞に寄せた[9]

同年5月23日から6月7日にかけて皇太子同妃は、伊勢の神宮神武天皇陵への奉告を含め、東海近畿地方を旅行した[注釈 3]

還御した嘉仁親王と皇太子妃節子は、それぞれ別に国学漢学フランス語等の教育を受けた[10]。成婚当時は教育係の老女官・万里小路幸子らに宮中における礼儀作法を厳しく躾けられ困惑したという。後年には万里小路の指導が自分の素養に大きく役立ったと感謝していた[11]。当時は、皇太子は後の時代よりはるかに自由に行動できており、嘉仁親王は単独で代々木の練兵場や葉山、大磯などへ赴いた[12]。特に大磯と日光には鍋島直大侯爵の別邸があり、イタリア生まれで雑誌グラビアでも頻繁に取り上げられた鍋島伊都子梨本宮守正王と婚約中)と頻繁に会い、親しく交友していた[13]

成婚後すぐに懐妊したため、宮中祭祀等には出られなかった[14]20世紀の最初の年である1901年(明治34年)4月29日、満16歳(数え年18歳)で、第一皇男子(第一子)の迪宮裕仁親王(のちの昭和天皇)を出産した。しかし、このとき皇太子は葉山に滞在しており、4日後の5月3日になって義母の皇后美子が内孫と対面するのに合わせて帰京した[15]。迪宮は生後70日の7月7日に、川村純義伯爵海軍中将)に預けられた。

嘉仁親王は地方行啓や、御用邸への滞在で不在がちであった。節子妃は孤独の中で第二子を懐妊し、精神的にも深く落ち込んだ[16]。この頃、下田歌子が神功皇后の故事にちなんで、節子妃を励ました[17]1902年(明治35年)6月25日、節子の満18歳(数え年19歳)の誕生日に、第二皇男子(第二子)淳宮雍仁親王(のちの秩父宮)を出産した。しかし、嘉仁親王は葉山に滞在して不在であり、7月22日に東宮仮御所に戻った[18]。節子妃と淳宮の母子は、葉山で過ごしたのち、淳宮は兄迪宮と同様に川村伯爵に預けられた。

成婚当初、皇太子と同妃節子が揃って過ごす機会は少なかった。1903年(明治36年)5月26日から6月10日にかけ、第五回内国勧業博覧会への台覧のため、皇太子同妃は大阪へ行啓した[19]。明治天皇と皇后が別々に行動したのに比し、皇太子同妃はそろって博覧会を台覧し、また嘉仁親王が馬車の上下車の際に同妃節子の手を取ってエスコートする等、西洋式近代社会において一夫一妻の良きモデル像となりつつあった[19]

 
自身が出産した3人の息子たち。
左から、長男の迪宮裕仁親王(昭和天皇)、三男の光宮宣仁親王(高松宮)、次男の淳宮雍仁親王(秩父宮)
1906年頃撮影)
欧米の上流階級では、幼少期の男子にも女子の服装を着させて養育させる習慣があった事から、皇室でもそれを取り入れることになった。
 
完成当初の東宮御所(現在の赤坂迎賓館
1909年3月撮影)

帰京後の8月10日に第三子を懐妊するが、同月25日に流産した[20]。翌年に再び懐妊し、1905年(明治38年)1月3日に第三皇男子(第三子)光宮宣仁親王(のちの高松宮)を出産した。前年に川村伯爵が死去しており、迪宮と淳宮は沼津御用邸に移っていた。3月22日、皇太子妃節子は光宮とともに沼津に行啓し、3人の子供たちとの時間を持つことができた。光宮はそのまま沼津に、迪宮と淳宮は青山の東宮仮御所に隣接する皇孫仮御所に移った。皇太子妃節子は、別離の悲しみを和歌に残している。

ベルツは、帰国前の1905年(明治38年)の様子として、親子が同居していると誤解しているものの、皇太子妃節子が成婚以前の快活な様子を取り戻したことや、家庭を持った皇太子にも良い影響があったと記している。週に数日とは言え、家族の時間を持てるようになったことは夫妻にとって喜ばしい一方、やがて皇太子妃節子は第一皇子の迪宮よりも、第二皇子の淳宮に対する愛情を深めていった。

1907年(明治40年)10月、皇太子妃節子が長年師事した下田歌子(学習院教授兼女学部長)が、同年1月より学習院院長となっていた乃木希典と対立して退職した[21]。翌1908年(明治41年)4月からは迪宮が、翌年からは淳宮が学習院に入学した。

1909年(明治42年)5月29日、皇太子同妃は横須賀に行啓し、戦艦敷島に乗艦して海軍の演習を台覧した[22]。軍事演習を台覧するのは皇太子妃節子にとって初めての経験であり、関連する和歌を33首も残すほど強い印象を受けた[23]。同年には、御成婚祝の新居として建設された東宮御所(赤坂離宮)が完成するが、皇太子同妃の二人には広大すぎることや、子供たちとの距離が遠くなることから、皇太子同妃が暮らすことは無かった[24]

1910年(明治43年)頃になると、再び皇太子妃節子は精神的に落ち込んだことを示唆する和歌を遺すようになる[25]。体重が減少した皇太子妃節子を心配した皇后が浜離宮葉山へ誘った[26]。翌1911年(明治44年)1月27日には、姉の大谷籌子西本願寺法主大谷光瑞夫人)が早世し、深い悲しみを受ける。籌子の葬儀から5日後の2月7日から葉山御用邸に滞在し、3月27日に発熱、3月31日腸チフスの診断を受けた[27]4月4日以降、回復傾向と伝えられ、7月1日に全快した[28]。長期の静養の間、皇太子や迪宮が葉山を直接見舞うことは無く[29]、また皇后は自ら賢所で祈願した(賢所御供米)を贈った[28]

皇后時代編集

 
1912年、即位の礼にて
 
関東大震災の被災者を慰問
1923年(大正12年)9月15日
 
1922年(大正11年)、イギリスエドワード王太子(後の国王エドワード8世)の訪日時、摂政裕仁親王(後の昭和天皇)とともに

1912年(明治45年・大正元年)7月30日明治天皇崩御に伴う、夫・嘉仁親王皇位継承践祚)により皇后となる。3年後の1915年(大正4年)11月10日に京都御所にて御大典が行なわれたが、皇后は第4子(澄宮、のち三笠宮)を懐妊中のため欠席した。

1915年(大正4年)12月2日、第四皇男子(第四子/末子)澄宮崇仁親王(のちの三笠宮)を出産。

昭憲皇太后の後継者として、蚕糸・絹業を奨励し、自身も養蚕皇后御親蚕)に取り組んだ。救癩事業(ハンセン病)に尽くし、灯台守を支援したことでも知られる。皇室や神道祭祀のしきたりや伝統を大切にした一方で、野口幽香後閑菊野など近代女子教育の研究家を相談相手に宮中に招いた。

日本赤十字社により、1920年(大正9年)7月に第1次ポーランド孤児救済が、1922年(大正11年)8月に第2次ポーランド孤児救済がそれぞれ行われた。この活動によって約800名のポーランド孤児が祖国への帰還を果たした。皇后は4回、見舞金を下賜している。また実際に、単独公務として日本国内の施設に収容されたポーランド孤児たちを慰問するなどもした。

華族女学校時代の恩師石井筆子と、その夫石井亮一が経営する滝乃川学園(日本最初の知的障害者施設)を物心両面から支援し、それは生涯にわたって続いた。1921年(大正10年)に、滝乃川学園が園児の失火から火災を起こし、施設が焼失し、園児にも死者が出たことから、事業の継続を一時断念した石井夫妻に、内旨と下賜金を贈り、再起を促したのも皇后の尽力であった。そのため、学園では、創立者の石井亮一・筆子夫妻、理事長の渋沢栄一に加え、貞明皇后を「学園中興の母」として語り継ぎ、今なお崇敬している。

大正天皇が病に陥り、執務不全後は夫の天皇に代わり皇室を取り仕切り、宮内大臣の牧野伸顕や元老など重臣たちと渉り合った[30]

1923年(大正12年)9月15日関東大震災の被災者を慰問、日本の皇后が(単独公務で)被災民慰問をする初のケースであった。

1926年(大正15年・昭和元年)12月25日午前1時25分、皇后の手厚い看護も空しく、療養中の大正天皇が葉山御用邸崩御摂政を務めていた皇太子裕仁親王(昭和天皇)の皇位継承および皇太子妃良子(香淳皇后)の立后に伴い皇太后となる。大正天皇の臨終の際には、妻の貞明皇后の意向で、生母の柳原愛子を傍に居させた。

皇太后時代編集

大正天皇の崩御後、皇太后は日課の如く、朝食を終えると大正天皇の遺影を安置した御霊殿に向かい、その日の出来事や新聞のニュースなどを「生ける人に仕えるよう」に語られ、退出する時間はいつも午前11時半を回っていたという。また、皇太子明仁親王を含む九人の孫(昭和天皇の皇子女7人と三笠宮崇仁親王の子女2人)の成長を楽しみとし、孫からは「おばばさま」と慕われた。特に、甯子内親王寬仁親王はたびたび御所に訪問したことから、一緒に羽根つきままごと遊びを付き合った[31]

1931年(昭和6年)、皇太后からの下賜金をもとに「癩予防協会」が設立された。彼女の誕生日の前後が「癩予防デー」となった。なお現在は「ハンセン病を正しく理解する週間」と改称されている。皇太后の経済支援により生活が救済された患者もいる一方、「予防」のためとして強制隔離が正当化された面も否めない。また一連の活動が皇太后の真意に関わらず「皇恩」「仁慈」として、その後も政治利用された側面もある[32]

終戦前、沼津の御用邸で過ごしていた貞明皇后と接触の深かった山本玄峰老師は田中清玄らに、「皇太后様は、戦争でこれ以上国民に苦しみを与えたくないと、いかい(=大変)心を痛めてござるわ」ともらしていた。

1951年(昭和26年)5月17日狭心症により大宮御所崩御享年66。皇太子妃時代に腸チフスに罹った以外は特に大病に罹らず健康であり、この日も恒例の勤労奉仕団への会釈(挨拶)を行う予定だったが、その準備をしている時に狭心症の発作が起き、そのまま崩御した。なお当日、昭和天皇は学者たちより進講を受けており、あまりにも突然の母宮の訃報を聞きしばらく言葉が無かった。

大喪の儀編集

 
1951年(昭和26年)6月の貞明皇后大喪

1951年(昭和26年)6月7日に「貞明皇后(ていめいこうごう)」と追号され(昭和天皇勅定)、宮内庁長官より同年6月9日に官報告示が執り行われた[33]。「貞明」の出典は、『易経』の一文「日月之道、貞明者也」(日月の道はただしくして明らかなり)から採られた。

大喪の儀」は6月22日に行われ、長男の昭和天皇は以下の誄辞(るいじ、追悼の言葉)を述べている。

「裕仁」敬みて、皇妣(母)の霊前に白す、皇考(父・先帝)の喪を服してより二十有五年、慈恩を仰き奉養に勉め楽を尽すの一日も長からむことを願へるに俄に大故に遭ふ、驚愕悲痛追慕止むなし、親(櫬)殿に殯宮に親祭すること三十余日、茲に礼を具へ儀を挙け将に多摩皇考山陵の次に斂葬せむとす、霊車停め難く幽明永へに違ふ嗚呼哀しいかな

— 昭和26年6月22日「大喪の儀」にて

御陵は多摩東陵(たまのひがしのみささぎ)。歴代皇后の中で、初めて関東の地に御陵が造営された。

日本国憲法と現行の皇室典範に基づき葬られた最初の皇后である。戦後の新皇室典範では皇族の葬儀の規定が設けられていないこと、また当時は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)による占領下であることから国葬とすることが憚られる状況にあった[34]。このため、国葬の有無を明確にしないまま「事実上の国葬」として扱われ、一連の大喪儀の儀式が行われた[35]

年譜編集

栄典編集

家系編集

 
1949年(昭和24年)、明仁親王(当時16歳)とともに

父親は九条道孝孝明天皇女御である英照皇太后は伯母(父の姉)にあたる。

母の野間幾子(1849-1946、二条家家臣野間頼興娘、京都生まれ)は15歳で九条家に仕え、道孝の側室として、九条道実菊麿王妃範子大谷籌子、節子(貞明皇后)をもうけた[37][38]。のちに中川局と呼ばれ、晩年は仏号を浄操院とした[39]

姉・範子山階宮菊麿王の妃。同母姉・籌子西本願寺門主・大谷光瑞の妻。異母弟・九条良致の妻は歌人として著名な九条武子である。

明治天皇とは義理の従兄妹でもある。

なお、貞明皇后を通して現在の皇室織田氏浅井氏豊臣氏徳川氏石田三成の血を受け継いでいる(崇源院#系譜石田三成#子女参照)。

皇子編集

夫の大正天皇との間に、4人の皇男子を儲けた。皇女子はなかった。

1947年(昭和22年)に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の指令によって伏見宮系の皇族と宮家皇籍離脱した際、昭和天皇と弟宮の三男子及び各妃とその子女が皇室に留まった。大正天皇・貞明皇后夫妻は、2021年令和3年)4月時点における皇室構成員の中で生まれながらの皇族であるもの者(徳仁明仁及び全ての親王内親王女王最近共通祖先となっている。

先述の通り、次男の淳宮雍仁親王出産後の1903年(明治36年)夏に流産している[20]

御称号及び身位 読み 生年月日 没年月日 続柄 備考
  迪宮裕仁親王 みちのみや ひろひと 1901年〈明治34年〉
4月29日
1989年〈昭和64年〉
1月7日(満87歳没)
第一皇男子
(第1子)
良子女王久邇宮家)と結婚(→香淳皇后)。
摂政1921年(大正10年)11月25日
1926年(大正15年)12月25日
昭和天皇(第124代天皇)
子女:2男5女(7人)
  淳宮雍仁親王 あつのみや やすひと 1902年〈明治35年〉
6月25日
1953年〈昭和28年〉
1月4日(満50歳没)
第二皇男子
(第2子)
松平節子と結婚(→雍仁親王妃勢津子)。
秩父宮雍仁親王(宮号:秩父宮家)
子女:無し。
  光宮宣仁親王 てるのみや のぶひと 1905年〈明治38年〉
1月3日
1987年〈昭和62年〉
2月3日(満82歳没)
第三皇男子
(第3子)
徳川喜久子と結婚(→宣仁親王妃喜久子)。
高松宮宣仁親王(宮号:高松宮家)
断絶した有栖川宮家の祭祀を継承。
子女:無し。
  澄宮崇仁親王 すみのみや たかひと 1915年〈大正4年〉
12月2日
2016年〈平成28年〉
10月27日(満100歳没)
第四皇男子
(第4子)
高木百合子と結婚(→崇仁親王妃百合子)。
三笠宮崇仁親王(宮号:三笠宮家)
子女:3男2女(5人)
 
1921年(大正10年)撮影、4人の皇子。
左から皇太子裕仁親王(長男)、崇仁親王(四男)、宣仁親王(三男)、雍仁親王(次男)。

皇子及びその妃たちとの関係編集

「姑として、嫁の香淳皇后には何かにつけて厳しかった」という。皇族出身(久邇宮家の嫡出の女子で、身位は女王)であった香淳皇后に対する家柄への妬み(貞明皇后は名門公家藤原氏五摂家九条家の出身ではあるものの、嫡出ではなく庶子である)と、周囲の人間から考えられていた。

香淳皇后自身は、かなりおっとりした性格で、学齢まで高円寺近くの農家里子として逞しく養育された貞明皇后とは、根本的に価値観の不一致があった。貞明皇后から香淳皇后に注意は女官長を通じて行なわれていたが、貞明皇后に仕える竹屋津根子皇太后宮女官長、香淳皇后に仕える竹屋志計子女官長は姉妹であり、「互いに言伝しにくかった」と回想している。

宮中で仕える女官長や女官が実際にその衝突を目撃したのは、大正天皇崩御の数ヶ月前、すでに摂政となっていた皇太子裕仁親王(昭和天皇)と同妃良子(香淳皇后)夫妻が療養先である葉山御用邸に見舞いに訪れた際である。皇太子妃良子がである皇后節子の前で緊張のあまり、熱冷ましの手ぬぐいを素手ではなく、手袋(今も昔も女性皇族は外出の際は手袋を着用する)を付けたまま絞って手袋を濡らしてしまい、「(お前は何をやらせても)相も変わらず、不細工なことだね」と言われ、何も言い返せずただ黙っているしかなかった。頭脳明敏で気丈な性格の貞明皇后ではあったが、目下の者にも決して直接叱責することはなく、この一件を目の前にした女官たちに、「二人は嫁姑として全くうまくいっていない」と知らしめる結果になってしまった。

一方で3人の弟宮の嫁達、秩父宮、高松宮、三笠宮の各親王妃雍仁親王妃勢津子宣仁親王妃喜久子崇仁親王妃百合子)とは御所での食事や茶会を度々招いて、可愛がったそうである。特に次男秩父宮の妃であった勢津子はお気に入りであったらしく、お互い親交が深く、毎年3月3日桃の節句雛祭り)の折には勢津子妃が実家からお輿入れした際持ち込んだ雛人形を宮邸に飾って、貞明皇后に見てもらうのが恒例行事であったそうである。勢津子妃は、晩年の回想記『銀のボンボニエール』[40]において、そのことを「お子様4人全員が親王様(男子)であったので、毎年お楽しみにされているのでしょう」と語っている。

女官制度の廃止など宮廷改革を進めた長男の昭和天皇に反発し、自身の大宮御所では旧態依然とした宮廷制度を維持した。とはいえ決して昭和天皇との母子関係は悪くなく、「皇居内で見かけた鳥の名前について子供染みた我の張り合いをした」というエピソードもある。また第二次世界大戦時においては、戦況の悪化の中でも疎開を拒む母皇太后を気遣ったことが、昭和天皇が最後まで東京を離れなかった一因ともされる。

しかし「貞明皇后の愛情は、次男の秩父宮に傾きがちであった」と囁かれる。貞明皇后と秩父宮の誕生日は同一日(6月25日)であり、そのことから「皇后は強い縁を感じていた」とも言われる。上記の雍仁親王の婚姻に関しても、「妃に幕末維新で朝敵とされた松平容保である勢津子(せつこ、旧名:節子、読み同じ)を強く推薦したのは貞明皇后で、勢津子との婚姻が成立したのも皇后の意向が大きく働いた結果であった」と言われる[注釈 4]

逸話編集

生涯にわたって数多くの和歌[41][42] を著し、また夫・大正天皇の影響もあり、漢詩にも取り組んだ[43]。 

ハンナ・リデルのハンセン病病院回春病院を援助していたが、後にハンセン病全体に関心を持ち、らい予防協会ができ、皇后の没後寄贈された基金をもとに「藤楓協会」というハンセン病援護団体の設立となった[44]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 明治天皇の后昭憲皇太后(一条美子)には子が無く、明治天皇もその他の側室との間に、男子が皇太子嘉仁親王以外いない状況であった。その嘉仁親王も、幼少期から健康状態が不安定だった。なお、禎子女王は山内豊景侯爵に降嫁したが、子は無い。
  2. ^ 華族女学校校長の細川潤次郎、同校教師の下田歌子が関与する、日比谷大神宮の内部機関[8]
  3. ^ 実質的な新婚旅行として皇室ゆかりの地を訪問する習慣は、昭和天皇、上皇(明仁)、今上天皇(徳仁)をはじめ、天皇及び皇族に定着した
  4. ^ 皇室ジャーナリスト河原敏明の複数の著書より

出典編集

  1. ^ 『歴代皇后125代総覧』412頁10行目
  2. ^ 『歴代皇后125代総覧』413頁2行目。(新人物往来社)
  3. ^ a b 原 2017 p.146
  4. ^ 原 2017 p.136
  5. ^ 原 2017 p.141-143
  6. ^ 原 2017 p.145
  7. ^ 原 2017 p.132-133
  8. ^ a b c 住友 2014 p.68
  9. ^ 原 2017 p.135
  10. ^ 原 2017 p.150
  11. ^ 『歴代皇后125代総覧』の413頁
  12. ^ 原 2017 p.150-151
  13. ^ 原 2017 p.151-158
  14. ^ 原 2017 p.161-162
  15. ^ 原 2017 p.163
  16. ^ 原 2017 p.164
  17. ^ 原 2017 p.164-168
  18. ^ 原 2017 p.168
  19. ^ a b 原 2017 p.170
  20. ^ a b 原 2017 p.174
  21. ^ 原 2017 p.189
  22. ^ 原 2017 p.184
  23. ^ 原 2017 p.185
  24. ^ 原 2017 p.193
  25. ^ 原 2017 p.193-194
  26. ^ 原 2017 p.194
  27. ^ 原 2017 p.198-199
  28. ^ a b 原 2017 p.199
  29. ^ 原 2017 p.200-201
  30. ^ 大正は「女性天皇」の時代だった 愛子天皇を予感させる神功皇后・貞明皇后の活躍”. 2020年12月6日閲覧。
  31. ^ 「在りし日の御日常 不幸な人々に慈しみ 御霊まいりに明け暮れ」『朝日新聞』昭和26年(1951)5月18日1面
  32. ^ 片野真佐子『皇后の近代』、163 - 171頁。(講談社選書メチエ2003年
  33. ^ "官報" (HTML). 国立国会図書館. 9 June 1951. p. 18. 2019年12月11日閲覧
  34. ^ 「葬儀の方法 宮内庁で協議」『朝日新聞』昭和26年5月18日1面
  35. ^ ご大喪・ご即位・ご結婚などの行事”. 宮内庁ホームページ. 2020年3月25日閲覧。
  36. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  37. ^ 『貞明皇后』主婦の友社, 1971、p35
  38. ^ 産経新聞連載 川瀬弘至「朝けの空に−貞明皇后の66年」第2回
  39. ^ 『歴代皇后人物系譜総覧』新人物往来社, 2002、p280
  40. ^ 秩父宮妃勢津子『銀のボンボニエール 親王の妃として』(主婦の友社、1991年、講談社+α文庫、1994年)
  41. ^ 宮内庁書陵部編『貞明皇后御歌集・御詩集』(和装本3冊組、1960年(昭和35年)、改訂版『貞明皇后御集』 2001年(平成13年))。
  42. ^ 『貞明皇后御歌集』(全国敬神婦人連合会編、主婦の友社、1988年(昭和63年)、解説筧素彦)
  43. ^ 西川泰彦『貞明皇后その御歌と御詩の世界 貞明皇后御集拝読』を参照。
  44. ^ 出雲井晶『天の声 小説・貞明皇后と光田健輔』を参照

参考文献編集

関連文献編集

  • 福田清人・木俣修ほか編著 『貞明皇后』 主婦の友社、1971年 - 序文入江相政
  • 筧素彦 『今上陛下(昭和天皇)と母宮貞明皇后』 日本教文社、1987年 - 序文徳川義寛
  • 西川泰彦 『貞明皇后 その御歌と御詩の世界 「貞明皇后御集」拝読』 錦正社、2007年
  • 工藤美代子編著 『母宮貞明皇后とその時代 三笠宮両殿下が語る思い出』
    三笠宮崇仁・三笠宮百合子述、中央公論新社、2007年/中公文庫、2010年  
  • 工藤美代子 『国母の気品 貞明皇后の生涯』 清流出版、2008年
  • 榊原喜佐子 『大宮様と妃殿下のお手紙 古きよき貞明皇后の時代』 草思社、2010年
  • 小田部雄次 『昭憲皇太后・貞明皇后』 ミネルヴァ書房[日本評伝選]、2010年
  • 川瀬弘至 『孤高の国母 貞明皇后-知られざる「昭和天皇の母」』 産経新聞出版、2018年/産経NF文庫、2020年 - 長編評伝
  • 出雲井晶 『天の声 小説・貞明皇后と光田健輔』(展転社、1992年) - 小説
  • 植松三十里 『大正の后』(PHP研究所、2014年9月/PHP文芸文庫、2018年9月)- 小説

関連項目編集

昭和天皇の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16.120代天皇
仁孝天皇
 
 
 
 
 
 
 
8.121代天皇
孝明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17.正親町雅子
 
 
 
 
 
 
 
4.122代天皇
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18.中山忠能
 
 
 
 
 
 
 
9.中山慶子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19.中山愛子
 
 
 
 
 
 
 
2.123代天皇
大正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20.柳原隆光
 
 
 
 
 
 
 
10.柳原光愛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21.正親町三条則子
 
 
 
 
 
 
 
5.柳原愛子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
22.長谷川雪顕
 
 
 
 
 
 
 
11.長谷川歌野
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1.124代天皇
昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24.二条治孝
 
 
 
 
 
 
 
12.九条尚忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
25.樋口信子
 
 
 
 
 
 
 
6.九条道孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26.南大路長尹
 
 
 
 
 
 
 
13.菅山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3.九条節子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14.野間頼興
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7.野間幾子