修道中学校・修道高等学校

広島県広島市にある中高一貫校
修道高等学校から転送)

修道中学校・修道高等学校(しゅうどうちゅうがっこう・しゅうどうこうとうがっこう)は、広島県広島市中区南千田西町に所在する私立男子中学校高等学校。2021年現在、中学募集276名に対し高校募集15名程度の準完全中高一貫校

修道中学校・修道高等学校
修道学園
過去の名称 講学所
講学館
学問所
修道館
浅野学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人修道学園
設立年月日 1725年
創立記念日 11月4日
創立者 浅野吉長
共学・別学 男子校
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 34501G
中学校コード 340236[1]
所在地 730-0055

北緯34度22分23秒 東経132度27分25.6秒 / 北緯34.37306度 東経132.457111度 / 34.37306; 132.457111座標: 北緯34度22分23秒 東経132度27分25.6秒 / 北緯34.37306度 東経132.457111度 / 34.37306; 132.457111
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

私学藩校広島藩「講学所」、1725年)を起源とする数少ない[注 1]学校で、学校としては国内屈指の歴史をもつ。

概要編集

1725年享保10年)に広島藩第5代藩主浅野吉長が設置した藩校「講学所」を起源としている。広島藩校は「講学所」「講学館」「学問所」と校名を変えながら続き、1870年(明治3年)、第12代藩主浅野長勲が城中八丁馬場へ移して「修道館」と称した。これが現校名の由来となっている。

広島藩校が起源の学問所が私立学校となったのは、廃藩置県1871年)により休業となったのち、1878年(明治11年)6月、浅野長勲が「修道館」を継承し泉邸内に設立した「私立浅野学校」による。

1881年(明治14年)11月「修道学校」、1905年(明治38年)4月「財団法人私立修道中学校」、1907年(明治40年)1月南竹屋町へ移転、1926年(大正15年)3月南千田町に移転(現校地)、1947年(昭和22年)4月新制「修道中学校」、1948年(昭和23年)5月新制「修道高等学校」となり、現在に至る。

「修道」の名は、四書の一つ『中庸』の「修道之謂教」(道ヲ修ムル之ヲ教ヘトイフ)の言葉に基づく[2]

建学の精神は「道を修めた有為な人材の育成」である。教学目標は「知徳併進」であり、その実践に向けた心得として「尊親敬師」「至誠勤勉」「質実剛健」を掲げている。

2000年に校舎の新築工事を開始し、2003年に終了した。正門から一番に見える渡り廊下(右写真)は、旧校舎時代のものをそのまま現校舎に残したものである。2010年に総合体育館が完成した。

多彩な分野にリーダーを輩出し[3]、特に政界、官界、財界、医療界で活躍する卒業生が多い[注 2][注 3][注 4]

60分授業であり、一般の学校でいう部活動は「班」活動と呼ばれる。

学校行事も多彩である。9月下旬に行われる体育祭、11月上旬の文化祭(文化祭は「〇〇〇年祭」と創立からの年数を表した名称となる(例えば2020年度は295年祭)。これは創立記念日が11月4日であるため)に加えて宿泊行事がある。数々の集団行事は重要な学びの場であり、「自治向上の精神」の育成に欠かせないとしている。

現在の校長は田原俊典(第20代)。10月中旬にはオープンスクールが催されている。

教育理念編集

「知徳併進」
1905年(明治38年)、私立修道中学校(旧制)が設立された時に定められた。
急激に文明開化が進んだがゆえに、知識偏重に陥った明治という時代に対して「学問の精神は物知りだけではいけない、人間器量の大成でなくてはならぬ(修道学園史より)」という強い主張が込められている[4]
創立時の広島藩「講学所」では、藩の将来を担うことのできる、教養と礼儀を身につけた、志の高い人を育てることを目指していた[5]

校風編集

生徒の行動を規定する校則を設けておらず、自由な校風である[6]

「自治向上の精神」は、「責任ある自由」とも言い換えている。行動の主体はあくまでも生徒とし、教員はスポーツでいう「コーチ」のような存在として、他者との関わり自らが考え行動することで真の主体性を備えた人間を目指している。

また、質実剛健な校風でも知られ[7]、快活でバンカラとも評される[8][9][10]

オーケストラや観劇などの芸術観賞など、多彩な全人教育が行われている。近年はグローバル教育やICT教育にも力を入れている[11]

制服編集

初級(1年・2年)、中級(3年・4年)、上級(5年・6年)ごとに制服形態が決められており、学年が上がるにつれて着こなしの幅が増え、緩くなる。中級ではネクタイと靴の着用が任意で、上級では私服の着用も可(ただし、式典等では制服着用が義務付けられている)[12]

袖口に白い線が入っている[13][14]のが特徴的で、修道生のシンボルとなっている。これは、戦時中、避難する際に他校の生徒と区別するために付けた白線が起源である[15]。2003年度より制服のデザインが変更され、濃紺金ボタンの学生服からブレザーになったが、伝統の袖口の白線は残された[16]。デザインは小野塚秋良[13][14]

入学年度によって異なる緑・黄・赤・白・金茶・青の6色の学年色があり、卒業まで同じ色が割り当てられる。バッジやシャツのロゴは学年色のものを付けて学校生活を送る。卒業後には『~期赤バッジ』などと表現される。

班活動編集

部活動は「班活動」と呼ばれる。「文化班」「運動班」のそれぞれに各班が所属する。

サッカー班は戦前に4回全国大会に出場し3位1回と準優勝1回[17]、戦後はインターハイに6回出場し2回優勝、国体には8回出場し4回優勝している[18]。ワンダーフォーゲル(登山)班はインターハイの常連で6回優勝している[19][20]。また、陸上班も国体優勝、世界ユース選手権3位などの実績がある。水泳班は戦前に競泳の全国大会で総合優勝3回、戦後になってからも競泳のインターハイで総合3位、リレー準優勝、個人優勝あり、さらに水球競技ではインターハイで優勝2回、準優勝1回、国体で優勝2回を経験している[21]。柔道班は国体で準優勝4回[22]。テニス班、ハンドボール班も全国大会の常連で、国体3位、インターハイ3位の経験がある[23][24]。国体の馬術競技で優勝した者もいる[25]。近年、少林寺拳法同好会が全国大会出場するなどの実績から班となり、班活動となった後も個人戦と団体戦とそれぞれ全国大会出場を果たしている。

文化班においては、吹奏楽部に当たるスクールバンド班が全国大会に多く出場し入賞経験もあり、毎年夏に広島文化学園ホールにてサマーコンサートを開催しており、毎年多くの観客が訪れる。囲碁班、将棋班も全国大会の常連であり、将棋班は団体優勝している[26]。書道班は全国優勝に該当する文部科学大臣賞を多数回受賞している[27][28][29][30][31]。放送班はNHK杯全国高校放送コンテストで準優勝している[31]

運動班は水泳班、ワンダーフォーゲル(登山)班、ハンドボール班、剣道班など18班あり、文化班は将棋班、囲碁班、天文班、スクールバンド班、鉄道研究班など、18班ある。他に同好会も存在する[32]

サッカー班、水泳班、陸上班からは山縣亮太ら6名のオリンピックメダリスト、8名のオリンピック日本代表選手を輩出している。将棋班はのちに史上初の東大生プロ棋士となった片上大輔を、放送班は福井謙二山中秀樹などのプロアナウンサーを輩出している。

入試編集

中学入試では、約280名の募集に対し、例年1000名前後が受験する。広島県内で最も多くの受験生を集める中学校である。以前は高校入試も100名以上の募集があったが近年は10名程度となり、完全中高一貫に近付いている。修道中学からの内部進学者は「修生」、他中学からの入学者は「新生」と呼ばれたが、現在はそのような風習は薄い。なお教育内容は変わらず同じクラスで学ぶ。

著名な出身者編集

教職員編集

同窓会編集

修道学園(中・高)同窓会は1911年(明治44年)に修道中学校同窓会として発足し、新制修道高等学校への移行を経て、現在まで100余年の歴史を持つ。会員数は32,000名を超えており、年1回同窓大会が行われる。地域支部として関東支部・近畿支部・九修会・東部修道会・江能修友会・修北会など、職域支部として広島市修道会・修道医会・修道歯科医会などがある[33]

関連書籍編集

最寄駅編集

校内の史跡・美術品編集

  • 修道学問所之蔵 - 江戸時代に修道の前身である藩校学問所(広島城内)が所有していた土蔵を2014年(平成26年)に移築。広島市重要文化財[34]被爆建物
  • 陶板画「希望の光 安芸の小富士」 - この学校の出身者である日本画家平山郁夫が校歌の一節をモチーフに創作。幅4.5メートル、高さ3メートル。2003年(平成15年)新校舎完成を記念して学校に寄贈された。本館1階ロビーに展示。
  • 浅野長勲頌徳碑 - 広島藩12代藩主浅野長勲が現在の校地を修道に無償貸与したことを記念して1932年(昭和7年)建立。
  • 十竹山田先生之碑 - 学園の開祖である山田十竹の門人らにより1914年(大正3年)建立。撰文佐藤正、篆額加藤友三郎
  • 山田十竹先生像 - 1938年(昭和13年)、学校創立200周年を記念して建立。
  • 修道中学校職員生徒慰霊碑 - 原子爆弾の犠牲となった職員生徒約200名を慰霊するため、1946年(昭和21年)建立。戦後最も早く建てられた原爆慰霊碑[35]
  • 歴史に生きる碑 - 原子爆弾投下時に修道中学生が学徒勤労していた旧陸軍兵器支厰倉庫(被爆建物)の一部を保存するため、当時の学生有志らにより1993年(平成5年)建立。篆額平山郁夫
  • 孔子神位 - 広島藩7代藩主浅野重晟の直筆により「至聖先師孔子神位」と記された木主(孔子の位牌)。広島藩校学問所の時代より伝わる。記念品室に展示。

関連項目編集

系列校編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 藩校を起源とする私立学校として他に茨城中学校・高等学校がある。
  2. ^ 広島県医師会の全会員6500名に対しこの学校の職域同窓会「修道医会」の県内会員が870名であり、県内医師の7~8人に1人 (13.4%) が修道高校卒業生という計算になる。ただし修道卒業の医師のうち修道医会に登録しているのは一部であり、実際の比率はさらに高いと推測される。修道中学校・高等学校「修道トリビアカード2018」28頁
  3. ^ 読売ウィークリー2005年1月23日号「社長の出身高校640人調査」によると有名企業の社長出身高校では西日本1位、全国4位であった。
  4. ^ 週刊ダイヤモンド2016年1月19日号『特集:最強の高校』62-64頁において、「広島政官財界に圧倒的な人材を送り込む学校」「広島の至る所に修道出身の社長がいる。彼らの人脈はとても濃い。卒業生は就職で相当有利。」などと記載がある

出典編集

  1. ^ 広島県所属中学コード表 - 教育開発ONLINE (PDF)”. 2020年10月10日閲覧。
  2. ^ 修道公式サイト「沿革」
  3. ^ エコノミスト94巻27号(2016年6月28日号)「名門高校の校風と人脈/修道高校」
  4. ^ カッコいい男になれ!-知徳併進|修道中学校・修道高等学校
  5. ^ 来たれ修道!2022 p.2
  6. ^ 修道公式サイト「責任ある自由」
  7. ^ 日本経済新聞朝刊(全国版)平成29年8月8日 越智光夫Xモーリー・ロバートソン対談
  8. ^ 修道公式サイト「OB座談会」
  9. ^ 現代ビジネス2012年04月15日
  10. ^ 修道学園同窓会関東支部「修道の「いま」を見る」
  11. ^ 修道公式サイト「グローバル教育・ICT教育」
  12. ^ 修道公式サイト「制服」 上級(5・6年)
  13. ^ a b 制服-初級(1年・2年)|修道中学校・修道高等学校
  14. ^ a b 制服-中級(3年・4年)|修道中学校・修道高等学校
  15. ^ 2013年 修道中・高 学校案内
  16. ^ 中国新聞2003年4月3日朝刊3頁
  17. ^ 修道学園『修道学園史』昭和53年 214頁
  18. ^ 修道サッカーOB会
  19. ^ 修道学園同窓会「インターハイ登山競技の部結果報告」
  20. ^ 修道公式facebook
  21. ^ 修道学園『修道学園史』昭和53年 217-219, 321-325頁
  22. ^ 修道学園『修道学園史』昭和53年 326頁
  23. ^ 全国高等学校ハンドボール選手権歴代出場校
  24. ^ 修道学園『修道学園史』昭和53年 325-326頁
  25. ^ 修道公式サイト「文武両道」
  26. ^ 全国高等学校将棋選手権大会歴代優勝者一覧
  27. ^ 修道公式サイト「第31回全国公募千字文大会授賞式」
  28. ^ 広島県教育委員会「平成27年度メイプル賞(第2回)受賞者一覧」
  29. ^ 広島県教育委員会「平成28年度メイプル賞(第2回)受賞者一覧」
  30. ^ 広島市「平成27年度広島フェニックス賞表彰式」
  31. ^ a b 修道学園『修道学園史』昭和53年 316頁
  32. ^ 修道公式サイト「班活動」
  33. ^ 修道公式サイト「同窓会概要」
  34. ^ 中国新聞2018年12月24日朝刊19頁
  35. ^ 修道中学校職員生徒慰霊碑 | 被爆建造物・慰霊碑 | 観光 | 広島の観光スポット | 広島の観光情報ならひろたび

外部リンク編集