メインメニューを開く

倉田 淳(くらた じゅん)は、日本の脚本家演出家である。東京都出身で、男優集団劇団Studio Lifeの唯一の女性として、脚本、演出を手掛ける。

人物編集

1976年に演劇集団「円」研究所の第一期生として入所。卒業後は研究所の講師として在籍し、又、芥川比呂志に師事し、80年まで演出助手を務めた。講師時代の教え子には演劇集団「円」出身の大物俳優もいた。[1]

東京生まれ。1985年に河内喜一朗とともに劇団Studio Lifeを結成し、ほとんどの作品の脚本と演出を手掛ける。英国の演劇事情にも通じており、1991年より、ロンドン、ニューヨークで日本人俳優のためのアクターズ・スタジオ正会員講師によるワークショップを企画・開催している。[2]

主な脚本演出作品編集

脚注編集

外部リンク編集