天守物語』(てんしゅものがたり)は、1917年泉鏡花によって書かれた戯曲文芸誌新小説』に発表された。鏡花は「この戯曲を上演してもらえたら、こちらが費用を負担してもよい」という主旨の発言をしているが、生前には舞台化されなかった。第二次大戦後(1951年)に、新派花柳章太郎(富姫)、水谷八重子 (初代)(亀姫)らによって初演された(演出は千田是也)。[1][2]

天守物語
作者 泉鏡花
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 戯曲
幕数 1幕
初出情報
初出新小説1917年9月号
刊本情報
収録 『友染集』 春陽堂 1919年1月
初演情報
公演名 新派公演
場所 新橋演舞場
初演公開日 1951年10月
演出 千田是也
主演 花柳章太郎
水谷八重子 (初代)
Portal.svg ポータル 文学 Portal.svg ポータル 舞台芸術
テンプレートを表示

澁澤龍彦が『夜叉ヶ池 天守物語』(岩波文庫)解説を執筆しており、前者より「天守物語」を高く評価している。

坂東玉三郎監督・主演、宮沢りえ共演で1995年に映画化されている。2006年フジテレビ系列のTVアニメ怪 〜ayakashi〜』において『四谷怪談』『化猫』と並ぶ3つの怪談の一つとしてアニメーション化された。製作は東映アニメーション

知名度の高い作家の戯曲ゆえに現在までに舞台作品の公演は多数行われているが、本記事では追いきれていない。歌舞伎化、オペラ化と多様である。

あらすじ編集

姫路城天守から、妖しい夫人が地上を高みの見物のように見下ろしている。地方(猪苗代)から亀姫が遊びに来訪したりする。夫人が、地上での鷹狩の最中に不思議な力で鷹を武士らから奪い取ると、若い美男の鷹匠、図書之助が鷹を追って天守に上ってくる。恋に落ちる夫人と図書之助。そして事態は思わぬ方向へ……。

派生作品編集

映画版編集

1995年平成7年)製作、9月9日公開。松竹創業百年の記念作品。[5][6][7]

舞台(1977年)編集

坂東玉三郎の主演で日生劇場で公演。音楽:冨田勲(シンセサイザー演奏の録音)

舞台(1996年)編集

宮城聰演出で利賀芸術公園野外劇場で初演が公演。以後、日本を含め世界各地で再演されている[8][9]

舞台(1997年)編集

『泉鏡花の天守物語』の題で、加納幸和の構成・演出により男優のみで構成されている花組芝居が4都市にて上演。2000年・2018年に再演。2018年版は「泉鏡花の」は題に付いていない。2012年にはリーディング公演もあった。

舞台(1999年)編集

1999年2月13日18:30と2月14日15:00に新国立劇場オペラ劇場て全2回公演。[10]

キャスト編集

スタッフ編集

舞台(2011年)編集

キャスト編集

スタッフ編集

  • 演出:白井晃
  • 音楽:三宅純
  • 演奏:山田貴之
  • 美術:小竹信節
  • 照明:斎藤茂男
  • 音響:井上正弘
  • 衣装:太田雅公
  • 振付:康本雅子
  • 殺陣:渥美博
  • ヘアメイク:川端富生
  • 演出助手:河合範子
  • 舞台監督:藤崎遊
  • 芸術監督:宮田慶子
  • 主催:文化庁芸術祭執行委員会、新国立劇場
  • 共催:TBS
  • 後援:TBSラジオ

舞台(2012年)編集

男優のみで構成されているスタジオライフにより、2012年6月9日から24日まで紀伊國屋ホール、2012年6月30日から7月1日まで梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて公演。[18][19][20][21]

キャスト編集

スタッフ編集

舞台(2014年)編集

能楽師の梅若六郎玄祥が総合監修を担当。題名は、『新版 天守物語』。

フェスティバルホールBunkamura オーチャードホールにて2014年4月に上演。[22][23][24][25]

キャスト編集

スタッフ編集

オペラ編集

1979年初演[26]。(1977年にテレビオペラとしてNHKの委嘱により作曲・放送され、そののち舞台作品として改訂・上演された。)[27][28]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 天守物語(てんしゅものがたり)とは - コトバンク
  2. ^ 須永朝彦バックナンバー03泉鏡花
  3. ^ 天守物語 Tenshu Monogatari - KINOBOOKS(キノブックス)
  4. ^ 天守物語-泉鏡花 宇野亜喜良 山本タカト - 河出書房新社
  5. ^ 天守物語 : 作品情報 - 映画.com
  6. ^ 天守物語|一般社団法人日本映画製作者連盟
  7. ^ 天守物語 | 映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ
  8. ^ シアター・オリンピックス『天守物語』 spac、2021年1月27日閲覧
  9. ^ 第9回シアター・オリンピックスにて『天守物語』を上演! spac、(2019年6月30日)2021年1月27日閲覧
  10. ^ [ID:147] 天守物語 : 資料情報 | 所蔵品検索 | 新国立劇場 情報センター
  11. ^ 少年社中第24回公演【天守物語】公式サイト 2021年1月27日閲覧
  12. ^ 妖怪は人間より美しい!? 『天守物語』稽古場レポート チケットぴあ(2011/11/2 18:20)
  13. ^ 平岡祐太の“熱演”に篠井英介が大絶賛「劇世界を背負って立つ大ヒーロー」 ORICON NEWS(2011-11-03 18:05)
  14. ^ 篠井英介が平岡祐太の演技を大絶賛!!「平岡祐太は見かけによらずすごい!」ザテレビジョン(2011/11/04 14:18)
  15. ^ 篠井英介、平岡祐太が語る泉鏡花の世界『天守物語』 演劇情報サイト・ステージウェブ(2011年11月 7日)
  16. ^ 演劇公演「天守物語」中継放送のお知らせ 新国立劇場(2012年1月13日)
  17. ^ 演劇「天守物語」(2011年11月公演)アンコール放送のお知らせ 新国立劇場(2017年1月13日)
  18. ^ スタジオライフ×ロック×鏡花!? omoshii(2012/4/26)
  19. ^ 宇野亞喜良&BUCK-TICK今井寿も登場 Studio Life『天守物語』公演記念イベントが開催 演劇ポータルサイト/シアターガイド(2012/4/27)
  20. ^ SPECIAL! BUCK-TICK今井寿×宇野亞喜良×スタジオライフ 奇跡のコラボ! omoshii(2012/6/17)
  21. ^ お祭り気分で愉快に スタジオライフ「天守物語」 朝日新聞デジタル(2012年7月6日)
  22. ^ 大空祐飛、三上博史ら出演 梅若六郎玄祥総合監修『新版 天守物語』製作発表会(シアターガイド、2014/2/4)
  23. ^ 「私なりの花を」大空祐飛が泉鏡花の舞台に挑む チケットぴあ(2014/2/4 17:13)
  24. ^ 大空、三上…さまざまなジャンルのコラボでみせる スターファイル - 朝日新聞社(2014年2月17日)
  25. ^ 恋をした女の愛らしさ、大空が熱演 スターファイル - 朝日新聞社(2014年5月14日)
  26. ^ 昭和音楽大学オペラ研究所 オペラ情報センター
  27. ^ 2016年 日本オペラ協会「天守物語」上演パンフレット
  28. ^ 白鷺城の天守にうごめく魔性のものたち———泉鏡花の幽玄な世界《天守物語》公演レポート オペラ・エクスプレス
  29. ^ 中央公論社版 日本の文学4『尾崎紅葉・泉鏡花』への三島由紀夫による解説

外部リンク編集

関連ポータルのリンク