メインメニューを開く

元善光寺

長野県飯田市座光寺にある寺

元善光寺(もとぜんこうじ)は長野県飯田市座光寺にある。山号は定額山。元善光寺と名付けられる前は坐光寺(ざこうじ)と呼ばれており、現在も座光寺(読み同じ)として地名にその名を残す。本尊は善光寺如来

元善光寺
Motozenkouji 1.JPG
本堂
所在地 長野県飯田市座光寺2638
位置 北緯35度32分2.65秒
東経137度51分23.48秒
山号 定額山
宗派 天台宗
本尊 善光寺如来
創建年 伝・ 推古天皇10年(602年
開基 伝・本多(本田)善光
法人番号 9100005009712
テンプレートを表示
参道

目次

沿革編集

古くはこの地を麻績の里(おみのさと)と呼んだ。推古天皇10年(602年)にこの地の住人本多(本田)善光が、難波の堀江(現在の大阪市)で一光三尊(善光寺如来)の本尊を見つけて持ち帰り、麻績の里の自宅の臼の上に安置したところ、臼が燦然と光を放ったことからここを「坐光寺」としたとされる。

その後、皇極天皇元年(642年)、勅命により本尊は芋井の里(現在の長野県長野市)へ遷座され、この寺が善光の名をとって善光寺と名付けられたことから、坐光寺は元善光寺と呼ばれるようになった。遷座された本尊の代わりに勅命によって木彫りの本尊が残され、また「毎月半ば十五日間は必ずこの故里(飯田)に帰りきて衆生を化益せん」という仏勅(お告げ)が残されたことで、「善光寺と元善光寺と両方にお詣りしなければ片詣り」といわれている。

境内の施設編集

  • お戒壇巡り - 御本堂外陣から、履物を履いたまま、仏様の胎内巡りを模した暗闇の中手すりをたどって進み、ご本尊の真下に位置する極楽往生・開運の錠前に触れて、仏様とより深いご縁を結ぶというもの。
  • 宝物殿 - 霊宝座光の臼他、御涅槃像、藤原時代の愛染明王像など。
  • 平和の鐘
  • 平和殿

近在の名所編集

  • 舞台桜 - 半八重枝垂れ紅彼岸桜(ハンヤエシダレベニヒガンザクラ)。樹齢350年。長野県宝の旧座光寺麻績学校校舎そば。
  • 竹田扇之助記念国際糸操り人形館

アクセス編集

参考文献編集

外部リンク編集