メインメニューを開く

元泊村(もとどまりむら)は、日本の領有下において樺太に存在した

元泊村
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 敷香支庁
元泊郡
総人口 7,757
1941年12月1日
隣接自治体 元泊郡知取町帆寄村
恵須取郡珍内町
元泊村役場
所在地 樺太庁元泊郡元泊村
元泊村役場
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示 ウィキプロジェクト

元泊という地名は、アイヌ語の「モツトマリ」あるいは「モ・トマリ」(静かな港)に由来[1]

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を参照のこと。現在はロシア連邦サハリン州ヴォストーチヌイとして実効支配している。

目次

概要編集

東はオホーツク海に面していた。村内樫保や東幌内保地区に炭鉱が存在した。また天然の良港として知られ、樺太庁により1920年に舟入澗が建設されている。

歴史編集

村内の地名編集

  • 元泊
  • 元泊沢(もとどまりざわ)
  • 樫保(かしほ)
  • 中樫保(なかかしほ)
  • 北樫保(きたかしほ)
  • 上樫保(かみかしほ)
  • 東幌内保(ひがしほろないぼ)
  • 鍬丸(くわまる)
  • 東宗谷(ひがしそうや)
  • 東宇類(ひがしうるい)
  • 赤浦(あかうら)
  • 婦礼(ふれい)
  • 帆矢向(ほやんげ)
  • 千鳥沢(ちどりざわ)
  • 山鳥ノ沢(やまどりのさわ)
  • 樫保滝ノ沢(かしほたきのさわ)

[2]

地域編集

教育編集

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[3]

  • 樺太公立樫保第一国民学校
    • 北樫保分教場
  • 樺太公立樫保第二国民学校
  • 樺太公立樫保第三国民学校
  • 樺太公立元泊国民学校

脚注編集

  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実 p.409
  2. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)より。
  3. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1680

関連項目編集