元 湛(げん たん、510年 - 544年)は、北魏東魏皇族。広陽文献王。は士深。

経歴編集

広陽王元淵と王氏のあいだの子として生まれた。侍書として召され、羽林監に任じられた。孝荘帝の初年、広陽王の封を嗣いだ。左将軍膠州刺史に任じられた。東魏の初年、冀州刺史に任じられたが、任地で収奪をおこなって統治を確立できなかった。入朝して侍中となり、行洛州事として出向した。537年天平4年)10月、西魏独孤信が洛州に迫ると、元湛は洛州の州城を捨てて逃亡した。後に司州牧を代行した。542年興和4年)、太尉公となった。544年武定2年)5月14日、死去した。享年は35。仮黄鉞・大司馬尚書令の位を追贈された。は文献といった。

妻子編集

編集

  • 王令媛(523年 - 542年、王翊(王粛の兄の王琛の子)の娘)

編集

  • 元法輪

伝記資料編集

  • 魏書』巻18 列伝第6
  • 北史』巻16 列伝第4
  • 魏故仮黄鉞広陽文献王之銘(元湛墓誌)
  • 魏故仮黄鉞広陽王妃銘(王令媛墓誌)