元藤 燁子(もとふじ あきこ、1928年9月22日 - 2003年10月19日)は、舞踏家。(本名:元藤明子)、土方巽記念資料館館長、アスベスト館館長。

略歴編集

東京生れ、1936年、礼儀見習い奉公のため奉公していた隣家の斎藤実内大臣(前海軍大将)の私邸(四ツ谷仲町3丁目44)で、2.26事件に遭遇している。 実践女子大学卒、日本大学芸術科卒、石井みどり小牧正英[1]。津田近代舞踊学校(津田・元藤近代舞踊研究所)の主宰者(津田信敏1910-1984)との結婚を経て、1968年「暗黒舞踏」創始者である舞踏家・土方巽(1928-1986)と再婚した。

1952 年、元藤は津田信敏近代舞踊学校(津田・元藤近代舞踊研究所)を目黒区下目黒(現・中町)[2]に設立した(後のアスベスト館)。同地はかつて好善社が経営していた「慰廃園」と呼ばれるハンセン病療養所の跡地だった。

1955年、ウィーン国際舞踊コンクールに出演、第4位に入賞。1959年、土方巽が津田近代舞踊学校を訪れ、元藤燁子と出会った。同年7月には、三島由紀夫が来訪し、土方巽らの稽古を見学している。

1960年7月、土方巽の初リサイタル、《土方巽DANCE EXPERIENCEの会》(第一生命ホール)。10月、《元藤燁子DANCE RECITAL》(草月会館ホール)、土方巽が「EMILYの薔薇」を演出した。1961年、細江英公による三島由紀夫の写真集『薔薇刑』の撮影がアスベスト館で行われた。

1962 年6月 《レダの会発足第1回公演》(アスベスト・ホール)、土方巽作・演出。主演・元藤燁子、台本・矢川澄子、美術・野中ユリ。音楽・刀根康尚小杉武久。アスベスト館での初めての舞踊公演。10月、ジョン・ケージデヴィッド・チュードアがアスベスト館に来館、歓迎のイベントを催す。この年「アスベスト館」の名称とともに、同スタジオが土方巽の稽古場となる。

1963年 11月 〈あんま——愛慾を支える劇場の話〉(草月会館ホール)公演。土方巽作・演出・振付・出演。共演・大野一雄大野慶人ほか。美術・風倉匠赤瀬川原平。音楽・小杉武久。 1965年 11月 〈バラ色ダンス——A LA MAISON DE M. CIVECAWA(澁澤さんの家の方へ)〉(千日谷会堂)、土方巽演出・振付・出演。共演・大野一雄ほか。美術・中西夏之、加納光於、赤瀬川原平。ポスター・横尾忠則。音楽・小杉武久刀根康尚。この年、麿赤児、つづいて唐十郎李礼仙がアスベスト館に。

1968 年8月 《芦川羊子第1回リサイタル》(草月会館ホール)、土方巽演出・振付。美術、ポスター・中村宏。10月、〈土方巽と日本人—肉体の叛乱〉(日本青年館)、土方巽演出・振付・出演。美術・中西夏之。衣裳、小道具・土井典。ポスター・横尾忠則。 この年、土方巽と結婚。

1972 年10月 〈四季のための二十七晩〉(アートシアター新宿文化)、土方巽作・演出・振付・出演。音楽・木田林松栄佐藤康和

1973年 9月 〈静かな家前篇・後篇〉(西武劇場)、土方巽作・演出・振付・出演。美術・中西夏之、中村宏。ポスター・田中一光。音楽・佐藤康和。

1974年 10月 シアター・アスベスト館落成記念・白桃房舞踏公演〈暗黒舞踏ゑびす屋お蝶〉、土方巽作・演出・振付。出演・芦川羊子ほか。

1976年 12月 アスベスト館封印記念公演〈鯨線上の奥方〉、土方巽作・演出・振付。この公演でアスベスト館を封印し連続公演を停止する。 1984年、前夫、津田信敏が死去している。

1985 年5月 アスベスト館開封記念公演〈親しみへの奥の手〉、土方巽作・演出・振付。

1986年 1月21日 土方巽死去。 翌、1987年 1月にアスベスト館に「土方巽記念資料館」を設立、元藤燁子が館長に就いた。

1989 年10月 「土方巽とその周辺展——舞踏と美術の表現世界を探る」(横浜市民ギャラリー)を開催。

1990 年9月、アスベスト館が改築され、開館記念イベントとして〈アイコンとしての身体〉を開催。

1994年 元藤燁子が〈アバカノヴィッチへの手紙〉を構成、演出、振付。

1997年 12月 「美術と舞踏の土方巽展」(池田二十世紀美術館)開催。

1998年 4月 土方巽記念アスベスト館が資料を寄託して、慶應義塾大学アート・センターに「土方巽アーカイヴ」設立される。[3]


2000年 元藤燁子が<FUGUE(フーガ・死者への七つの語らい)>を構成・振付・出演。以後、毎年新作をアスベスト館で発表。

2003年 6月 アスベスト館廃館。10月、「肉体のシュルレアリスム 舞踏家土方巽抄」展(川崎市岡本太郎美術館)開催。10月19日、死去。[4]

著書・編集編集

  • 『土方巽とともに』筑摩書房、1990年。ISBN 4-480-87158-6
  • 「アスベスト館通信」創刊1986年。1989年10号まで発行。

出典編集

  • 『新撰 芸能人物事典―明治~平成』2010/11(日外アソシエーツ)
  • 『アートイニシアティブ リレーする構造』(bankart1929)森下隆「アスベスト館― 失われた貴重な文化遺産」
  • 「アスベスト館通信」

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『土方巽とともに』
  2. ^ 『アートイニシアティブ リレーする構造』(bankart1929)森下隆「アスベスト館― 失われた貴重な文化遺産」
  3. ^ 慶応大学アートセンター土方巽アーカイブ
  4. ^ 慶応大学アートセンター土方巽アーカイブ

関連項目編集

外部リンク編集