元 賛(げん さん、生没年不詳)は、中国西魏皇族。広平王。十二大将軍のひとり。

経歴編集

広平王元悌の子として生まれた。広平王の爵位を嗣いだ。532年永熙元年)12月、驃騎大将軍開府儀同三司の位を受けた。534年(永熙3年)、叔父の孝武帝に従って関中に入った。孝武帝が宇文泰に殺害されると、元賛を皇帝に擁立する動きがあったが、結局元宝炬(文帝)が擁立された。535年大統元年)1月、西魏が建てられると、元賛は司徒に上った。537年(大統3年)4月、太尉に転じた。543年(大統9年)7月、司空となった。553年廃帝2年)11月に尚書元烈が宇文泰に殺された事件について、皇帝元欽が不満を漏らしたため、元賛は淮安王元育とともに泣いて諫めたが聞き入れられず、翌年1月に元欽は廃位された。

伝記資料編集

  • 北史』巻5 魏本紀第5