将棋 > 将棋の戦法 > 振り飛車 > 中飛車 > 先手中飛車

先手中飛車(せんてなかびしゃ)は、将棋の戦法・振り飛車戦法のうちの中飛車のひとつ。 主に先手で指す、先手特有の手順で組める陣形の中飛車を表す。

原始中飛車編集

△持ち駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持ち駒 なし
第1-1図 ▲5八飛まで
△持ち駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持ち駒 なし
第1-2図 ▲6六銀まで
△持ち駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持ち駒 なし
第1-3図 △5三銀まで

第1-1図のような先手の原始中飛車の構えは先手中飛車の代表例で、先手なら第1-2図のように矢倉模様の手順から▲6六銀と上がり、以下△8五歩に▲7七角で飛車先不交換型の原始中飛車に無理なく組むことができる。この構えは後手番では2手目に△4二銀と嬉野流のような手順から第1-3図のように持ち込む必要がある。第1-3図で▲2五歩でもここからは△3四歩で▲2二角成には△同飛があり、▲2四歩△同歩▲同飛には△7七角成▲同銀△3三角がある。

5筋交換型中飛車編集

△持ち駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持ち駒 なし
第2図 ▲5五歩まで

初手▲7六歩に△8四歩なら▲5六歩とし、△5四歩なら▲5八飛(すぐ▲5五歩△同歩▲同角もある)△6二銀(△3三角と角道を開けるのは▲2二角成~▲5三角で馬をつくる順もある)▲5五歩から5筋交換型中飛車に構える事が可能である。以下△同歩▲同角に△4二玉または△5二金右。△8五歩や△3四歩などであると6二に銀がいるので▲3三角成の両王手で詰みとなる。

他に▲5五歩△同歩▲同飛もあり、このため手順中、後手は▲5六歩に△6二銀や△3四歩で▲5五歩と位を取らせて指す指し方が登場した。

一方で初手▲7六歩に△3四歩とされると、▲5六歩には△8八角成があり、▲同銀▲同飛どちらでも△5七角打ちから馬をつくる順がある。

この他、△3四歩に▲5八飛としてから指す順もある。これも中飛車では△8八角成▲同銀△4五角などの筋がある。これには▲5六角などのあわせで先手も▲2三角成を狙う指し方で応戦する順などや、▲5六歩△2七角成▲5五歩で△同歩なら▲同飛△4二玉▲2五飛から▲2三飛成を狙うなど、敢えて馬を作らせて指す指し方もある。したがって後手も△8四歩とし、先手も▲5六歩として一局の展開となる。以下△5四歩に▲2二角成△同銀に▲5三角であると以下△4四角▲8六角成△9九角成▲7七桂または▲7八銀△4四馬の乱戦も予想される。△5四歩に代えて△6二銀なら▲5五歩など。

戻って△5四歩に先手が▲4八玉とし、そこで△4二玉なら先手から▲2二角成△同銀▲7五角がある。したがって▲4八玉に△6二銀とし、▲3八玉に△8五歩であると▲2二角成△同銀▲5五歩△同歩▲同飛もしくは△6二銀に▲5五歩△同歩▲同角△同角(△8六歩はもちろん▲3三角成で詰み)▲同飛△4二玉▲5八飛~▲5五歩などで一局。先手は5筋歩交換前に▲3八玉もしくは▲7八金を入れておかないと、序盤は常に△4五角の筋が生じている。

なお、手順中の△8八角成▲同飛は大野流の向かい飛車という別の戦術として知られ、以下△5七角と打たせて▲6八銀から▲5七銀と左銀を活用するのと、角を早くに手放させて居飛車側の攻めを緩和している。

タランチュラ編集

▲7六歩に△3四歩▲5六歩には、大野流の向かい飛車の他に第2-1図のような中飛車もあり、タランチュラと呼ばれている。以下先手は▲2八銀~▲6八角~▲1七銀~▲2六銀として(第2-2図)相手の馬を目標に局面をリードする戦術。

△持ち駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持ち駒 なし
第2-1図 ▲7七角まで
△持ち駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持ち駒 なし
第2-2図 ▲2六銀まで

ゴキゲン中飛車編集

△持ち駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持ち駒 なし
第3-1図 ▲6八銀まで
△持ち駒 角
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持ち駒 角
第3-2図 △6四銀まで

初手▲7六歩に△3四歩については、後手番の有力戦法として知られるゴキゲン中飛車のケースをみてみると、▲7六歩△3四歩▲2六歩に△5四歩と突くことができる。ここで▲2二角成△同銀▲5三角には今度は2六が突いてあるので△4二角で馬を造る順が防がれている。これを応用して、▲7六歩△3四歩には▲9六歩や▲1六歩などもあり、そこで△8四歩ならば▲5六歩がある。但し後手も△8四歩のところ△6二銀や端歩突きなどで様子をみる順もある。

こうして、現在では初手▲5六歩も指されている。これは平目戦法でもともと指されていた手であるが、これなら2手目△3四歩ときても、▲5二飛△5四歩▲7六歩のとき、角交換から△5七角も△4五角も防がれている。また▲7六歩に変えて▲6八銀とし、△8四歩▲5七銀△8五歩▲7六歩の順は第1-3図で解説した後手中飛車と似た展開が予想される。

第3-1図は、初手から▲5六歩△8四歩▲7六歩△5四歩(△3四歩なら▲5五歩)▲5八飛△8五歩▲7七角 △6二銀以下、数手進み△3四歩と角道を開けてきたところに▲6八銀とした局面。先手のこの後の狙いは角交換をさせての左銀の進出。このとき中飛車から交換するのは7七にいったん角が上がっているから手損になる。

第3-2図が数手進んだところ。中飛車側は▲6六銀-▲7七桂型に組みたいが、後手居飛車側の右銀が6四にまで進出しているのでこの場合は▲6六歩として歩越銀に歩で対抗の構えの方が、先手はタイミングをみて▲6五歩~▲5五歩△同歩▲同飛を狙うことができる。

関連項目編集