メインメニューを開く

ゴキゲン中飛車

将棋 > 将棋の戦法一覧 > 中飛車 > ゴキゲン中飛車

ゴキゲン中飛車(ゴキゲンなかびしゃ)は、将棋戦法の一つ。序盤で飛車を横に動かす振り飛車戦法のうち、飛車を5筋に振る中飛車に分類される。英語名称はCheerful Central Rook。

目次

概要編集

ゴキゲン中飛車は、基本的には後手番の戦法である。▲7六歩△3四歩▲2六歩の出だしから、4手目で△4四歩と角道を止めずに△5四歩とし、さらに▲2五歩と飛車先の歩を伸ばす手に対して△5二飛と飛車を回る(第1図)。これが基本形である。

先手番で指すときは、端歩を突いてタイミングを遅らせるなどの方法があるが、近年では初手▲5六歩△3四歩の出だしから、▲5八飛と飛車を回る(第2図)。これが先手番の基本形である。

従来の中飛車は受けの要素が強い戦法であったが、ゴキゲン中飛車は攻めの戦法である。「ゴキゲン流」と呼ばれるキャラクターの近藤正和升田式石田流5筋位取り中飛車を元に開発し、奨励会時代から指している戦法で、2004年度には年度の終盤まで勝率が9割以上と勝ちまくった(最終的には0.822で将棋大賞勝率第一位賞を獲得)。勝率がよいため棋士間で流行した。なお「ゴキゲン中飛車」という戦法名の名づけ親は先崎学である[1]

この戦法の開発により、近藤は2001年度将棋大賞の升田幸三賞を受賞した。

従来、プロの公式戦では先手番を持った棋士が勝ちやすいとされ、年度末にまとめられるその年度の全公式戦の勝率は常に先手番の方が高かったが、2008年度は統計を取り始めて以来初めて後手番が勝ち越した(将棋界#将棋は先手が有利か を参照)。その要因として、ゴキゲン中飛車や後手番一手損角換わりなどの台頭によって後手番の作戦の幅が広くなったことが挙げられる。

第1図 ゴキゲン中飛車の基本形
(6手目△5二飛まで)
△持駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 なし
第2図 先手番での基本形
(3手目▲5八飛まで)
△持駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 なし

対ゴキゲン中飛車編集

丸山ワクチン編集

ゴキゲン中飛車への対抗策として編み出された戦法の一つとして「丸山ワクチン」がある。2002年頃から丸山忠久が積極的に用いたことから、丸山千里が開発した皮膚結核の治療薬丸山ワクチンとひっかけて呼ばれるようになった。

序盤、後手△5五歩と位を取られる前に、前記第1図の局面から居飛車側から▲2二角成△同銀と交換を行う(第3図)。これは、角を持ち合って持久戦にする狙いである。これに対して振り飛車側には、美濃囲いから向かい飛車へ振るなどの対抗策が生まれた。

新丸山ワクチン編集

かつて丸山ワクチンでは第3図から▲6八玉と囲っていた。しかし、その瞬間△3三角と打たれると、以下▲7七桂には△7四歩から桂頭を狙われ、▲8八角には△5五歩で角交換した意味が無くなる。この変化を避けるため、第3図から▲6八玉ではなく▲7八銀(第4図)とするのが新丸山ワクチンである。▲7八銀とする事によって、△3三角と打たれた時に▲7七銀を用意している。

佐藤新手▲9六歩編集

第4図から△6二玉▲4八銀△5五歩に▲6五角と打つと、以下△3二金▲8三角成△5六歩▲同馬△同飛▲同歩△8八角で後手優勢となる。これを防ぐため、第4図で▲9六歩(第5図)と突くのが、佐藤康光が編み出した新手である。次に▲9五歩があるので後手は△9四歩だが、先手は▲7八銀と新丸山ワクチンへ移行する。なおも△5五歩なら、以下▲6五角△3二金▲8三角成△5六歩▲同歩△8八角▲9七香で先手良し。なお、この手を初披露したのは2005年2月17日朝日オープン将棋選手権・対山崎隆之戦)である(結果的に負けたが内容は十分)。しかし、そのときは棋士達の間で見向きもされず、5か月後にタイトル戦で羽生善治を相手に同じ手を指して勝ったときから流行り出した[2]

第3図 丸山ワクチンの基本形
(8手目△2二同銀まで)
△持駒 角
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 角
第4図 新丸山ワクチン
(9手目▲7八銀まで)
△持駒 角
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 角
第5図 佐藤新手▲9六歩
(9手目▲9六歩まで)
△持駒 角
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 角

▲5八金右超急戦編集

この戦法は対策と言うよりは対抗して攻め合う戦法である。第1図の局面から▲5八金右(7手目)と上がり、後手が攻め合いを選ぶとこの戦型が生じる。第12期竜王戦七番勝負において、全局振り飛車宣言をしていた鈴木大介に対抗するために藤井猛により急遽考案された戦法であり、同棋戦にて初めて指された[3]

▲5八金右の後、△5五歩▲2四歩△同歩▲同飛(11手目)と進む。12手目は△5六歩と△3二金があり、△5六歩と進むと超急戦となる(第1号局では鈴木は決戦を避け、△3二金と穏やかな進行を選んだ)。12手目からは△5六歩▲同歩△8八角成▲同銀△3三角▲2一飛成△8八角成▲5五桂△6二玉(20手目)と進むのが定跡である。後手番の方が先に駒得をするが、19手目の▲5五桂が有力である。▲5五桂に後手が次の両取りを受けようと20手目に△5四銀とすると、▲3三角の王手が有力で、後手はどう受けても馬が素抜かれ、先手勝勢となる。そのため、必ず△6二玉とあがり、その間に▲1一竜と進む(第6図)。

かつては第6図以降、22手目には△9九馬が多く指されていた。△9九馬と香を取った手に対して、▲6六香や▲3三角などが有力とされていたが、研究が進み、後手良しと結論付けられていた。しかし、△9九馬に対する▲3三香と打つ手(第7図)が都成竜馬当時奨励会3段により発見された。△2二銀打には▲3一香成△1一銀▲4一成香で2枚替えの上、打った銀も働いていないため、先手良し。▲3一香成△同金には▲1二竜△1一香などがあるが、先手が指せるとされている。そのため、△9九馬ではなく、△5四銀や超急戦を受けない研究もされている。

いずれも超急戦は短手数で終局することが多く、研究量が物を言う勝負になりやすい。また、後手には▲5八金に対して△6二玉と囲いを優先するなど、決戦を回避する選択肢もある。そのため、タイトル戦では久保利明谷川浩司が指した例があるものの、数は少ない。

第6図 超急戦
(21手目▲1一竜まで)
△持駒 銀歩
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 角香歩二
第7図 都成新手
(23手目▲3三香まで)
△持駒 香歩
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 角歩二

超速▲3七銀編集

第8図 超速▲3七銀
(15手目▲4六銀まで)
△持駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 なし

2010年度、プロの間で、後手ゴキゲン中飛車に対する先手の対応策として「超速▲3七銀」と呼ばれる戦法が流行し始めた。命名者は勝又清和で、1号局は2009年12月の朝日杯将棋オープン戦の▲深浦康市王位-△佐藤和俊五段戦(肩書は当時)[4]。開発したのは、当時奨励会三段の星野良生であり、星野は第38回(2010年度)将棋大賞の升田幸三賞を受賞した。

第1図から▲4八銀△5五歩▲6八玉△3三角▲3六歩△6二玉▲3七銀△7二玉と進み、次に▲4六銀と出て速攻を狙うのが基本形(第8図)。

ここで後手の応手として、△3二銀、△4二銀、△3二金などがある。また△4四歩と突き、△4五歩から先手の右銀を引き込んで捌く菅井流も有力である。

先手ゴキゲン中飛車に対する後手の対抗形編集

先手番のゴキゲン中飛車に対する後手番の居飛車での作戦は難しいが、後手番でも「丸山ワクチン」などの作戦は可能である。それ以外の作戦も考えられる。第2図から△8四歩▲5五歩△8五歩▲7六歩と進めば、急戦含みの将棋になる(A図)。ここから△8六歩▲同歩△同飛と進めば、序盤から乱戦の将棋になる。急戦を嫌うなら第2図から△5四歩▲7六歩△6二銀と進めば、やや穏やかな将棋になる(B図)。ここから▲4八玉と進めば、「丸山ワクチン」に進むなら△8八角成▲同銀△3二銀(「佐藤新手」なら△1四歩)というふうに進めばよい。また、A図ら△4二玉、▲4八玉、△6二銀、▲7七角、△7四歩、▲3八玉、△7三銀と進めば、後手でも「超速△7三銀」を繰り出すことができるが、急戦策は1手の違いが大きくあまり指されない。よって一直線に居飛車穴熊に囲うことが有力である。

三間飛車に振ることも有力で、相振りになれば右側へ囲う中飛車に対して指しやすくなる。しかし、当時アマチュアだった今泉健司が編み出した「中飛車左穴熊(居飛車穴熊)」が登場したことで、相振り飛車が苦手にしている棋士にとってはうれしい戦形である。この戦形が登場したことで、三間飛車も有力とまでは言えなくなっている。しかし、D図の向かい飛車に対しては左穴熊は天敵であるため、その場合は左美濃に囲って指すのがよい(一例として、▲5六歩△3四歩▲5八飛△3三角▲5五歩△2二飛▲3六歩△2四歩▲4八銀△2五歩▲3七銀と進む)。

ここ最近、2016年現在後手番での新たな戦法として、初手▲5六歩から2手目△3四歩ではなく、△8四歩と飛車先の歩を突き、その後▲7六歩△5四歩▲5八飛△6二銀▲4八玉△4二玉▲3八玉△3二玉▲2八玉△4二銀と駒組までは角道を開けずに、あとから角道を開ける戦法が新たな対策として研究されている(村山慈明は「居合抜き戦法」と名付けた)。△3四歩を保留しているため、先手番と同じ超速戦法も有効になり、相手の左銀が逸れれば角道を開け、香取りが受けづらくなる狙いもある。

A図 ▲7六歩
△持駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 なし
B図 △6二銀
△持駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 なし
C図 △4二銀
△持駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 なし

|

D図 ▲3七銀
△持駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 なし

ゴキゲン中飛車のその後編集

ゴキゲン中飛車は一時期大流行を見せたが、飯塚祐紀によれば、2014年現在はあまり指されておらず、研究を続けている棋士も少ない。またこの戦法を指す人間が少なくなったため狙い撃ちにされている印象があると言う。だが、後手ゴキゲン中飛車が不利と結論が出ているわけでもなく、飯塚によれば「一つの研究が互角以上であればいい」とのことである[5]

出典編集

  1. ^ 『先崎学のすぐわかる現代将棋』 日本放送出版協会、2010年7月。ISBN 978-41401618458頁。
  2. ^ 将棋世界」2006年7月号
  3. ^ 佐藤康光九段、藤井猛九段、菅井竜也王位座談会「創造の原動力」(3)|将棋情報局” (日本語). book.mynavi.jp. 2018年5月24日閲覧。
  4. ^ 2014年6月26日 第4期リコー杯女流王座戦二次予選 清水市代女流六段 対 真田彩子女流二段(16手目の棋譜コメント) - リコー杯女流王座戦棋譜中継、2014年6月26日
  5. ^ 鈴木宏彦 (2014年12月15日). “第四十期棋王戦 本戦3回戦第5局 第三譜”. 京都新聞 (朝刊): p. 13 

関連項目編集