先生のつうしんぼ

先生のつうしんぼ』(せんせいのつうしんぼ)は、宮川ひろによる児童文学作品。日本の偕成社より1976年に刊行され、同年の青少年読書感想文コンクール(全国学校図書館協議会主催)の課題図書となった[1]。1977年には日活により、日活児童映画の1本として映画化された。

先生のつうしんぼ
著者 宮川ひろ
発行日 1976年
発行元 偕成社
ジャンル 児童文学
日本の旗 日本
言語 日本語
公式サイト www.kaiseisha.co.jp
コード 全国書誌番号:76000257
ISBN 978-4-03-550770-3文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 映画
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

物語編集

東京都八王子市にある小学校4年生のクラスで、少し風変わりな担任教員に対して一人の男子児童が「通信簿」を密かに付け始める。その児童が学校に持参したカイコをクラスで飼育し始めたことがきっかけとなり、学級ではカイコと生糸生産の歴史を調べる課外活動が始まる。

映画版編集

先生のつうしんぼ
監督 武田一成
脚本 加藤盟、吉原幸夫
原作 宮川ひろ
製作 結城良煕、西口武郎
音楽 八木正生
主題歌 作曲:八木正生 作詞:和田耕太郎
撮影 仁村秀信
編集 松本フサ子
製作会社 日活
配給 日活
公開 1977年8月25日
上映時間 90分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

16mmフィルムで撮影された。カラー作品、上映時間90分。日活児童映画の5作目として制作された。

スタッフ編集

出演編集

推薦等編集

選定
文部省
推薦
青少年映画審議会・中央児童福祉審議会日本PTA全国協議会・優秀映画鑑賞会・日本映画ペンクラブ・日本母親大会連絡会・親子映画東京連絡会
特選
東京都教職員組合

受賞編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集